熊本市ホームページトップへ

トーク&ライブ「音楽で彩る熊本のまち~(仮称)熊本城ホールってどう使えるの?~」を開催しました!

最終更新日:2016年2月2日
経済観光局 観光交流部 新ホールマネジメント課TEL:096-328-2077096-328-2077 FAX:096-353-2731 メール shinhall@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

トーク&ライブ「音楽で彩る熊本のまち~(仮称)熊本城ホールってどう使えるの?~」を開催しました!

 平成28117()、熊本市男女共同参画センターはあもにいにて、トーク&ライブ「音楽で彩る熊本のまち~(仮称)熊本城ホールってどう使えるの?~」を開催しました。市長やゲストと一緒に熊本の音楽シーンの未来について語り合うことを目的に、市民の皆様に参加を呼びかけたところ、当日は約200人の参加者で会場は熱気に包まれました。

 まず第1部では、国内外の公演やイベントを手がけられるプロモーターであり、熊本市MICEアンバサダー(※)にもご就任いただいている前田三郎さんと、同じくMICEアンバサダーで、KUWATA BANDでリーダーを務められ、音楽プロデューサーとしても数多くの音楽を手がけられている今野多久郎さんをお招きし、大西市長と来場者を交えて(仮称)熊本城ホールの可能性をテーマに座談会を開催し、活発に意見を交わしました。

※熊本市MICEアンバサダーについてはこちら新しいウインドウで

 

●前田氏、今野氏、大西市長からの主な意見

「熊本からエンターテインメントが逃げている状況を変えるため、(仮称)熊本城ホール熊本城ホールをコンベンションとともにエンターテインメントの拠点施設にしたいと考えた」

「熊本にちょうどよい規模のホールがないため、エンターテインメントが熊本を通過していた。エンターテインメントには観た人を元気にする力がある」

「コンベンションの開催により県外、海外から人を呼び込むのも重要だが、一方で地元の方にも愛される施設にしたい」、

「エンターテインメントを直に見て感じて触れる機会を作ることで、地域に文化が育ちそれが次世代に伝わる」

●会場の皆様からの主な意見

「ビッグネームのアーティストを呼んで、全国から集客してもらいたい」

「クラシックにも対応した施設にしてもらいたい」

「子育て中の世代にもやさしい施設にしてもらいたい」

第1部

今野氏 前田氏

 今野 多久郎さん            前田 三郎さん

 

 

また第2部では、2015年3月 ミニアルバム『á la carte』でメジャーデビューした福岡出身の期待のシンガーソングライター、藤原さくらさんによる弾き語りライブが披露され、会場はその歌声に酔いしれました。ライブの最後には、今野多久郎さんや熊本在住のジャズピアニストの園田智子さん、大西市長とのセッションによる「Hey Jude」が演奏され、会場は大いに盛り上がりました。

 

第2部

このページに関する
お問い合わせは
経済観光局 観光交流部 新ホールマネジメント課
電話:096-328-2077096-328-2077
ファックス:096-353-2731
メール shinhall@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:11589)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved