熊本市ホームページトップへ

ペットと快適に暮らすために(室内飼いで気をつけたいこと)

最終更新日:2017年1月10日
健康福祉局 保健衛生部 動物愛護センターTEL:096-380-2153096-380-2153 FAX:096-380-2185 メール doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp
 

 犬や猫の健康と安全の確保、ご近所の方に迷惑をかけない飼い方という観点から室内飼いは有効な飼い方です。室内飼いの際には次のことに注意しましょう。また、犬や猫は家族の一員ですが、犬や猫は人とは異なる生き物です。犬は犬、猫は猫としてある程度距離をもって穏やかな気持ちで接するよう心がけましょう。

 

室内の温度、湿度管理

 犬や猫は高温が苦手です。西日が強く当たるような環境や夏場に留守にする場合は、エアコンをかけるなど適度な室温、湿度を保つ必要があります。  

 またいつでも自由に新鮮な水が飲めるようにしましょう。

 

 

床材の配慮

  フローリングなどで滑って関節を痛めることがあるので、歩きにくそうな場合はカーペットなどを敷くとよいでしょう。
 

事故の防止

 犬や猫は、いろいろなものを口にしたり、観葉植物や電気製品をかじったり思わぬ行動による事故を起こす可能性があります。普段からのしつけと同時に事故が起きないような室内環境に整えるようにしましょう。

 

タバコや化学物質の影響

 タバコの副流煙は、人だけでなく一緒に暮らす犬や猫の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。受動喫煙の害に気をつけましょう。

 犬や猫の近くでの消臭剤、殺虫剤などの化学薬品の使用は控えましょう。また、スプレーなどは下にたまるので換気を良くするようにしましょう。

 嗅覚の鋭い犬や猫にとって、いわゆるシックハウス症候群の原因物質となるような化学物質も、想像以上のストレスとなる可能性があります。

 

衛生害虫の発生防止

  こまめに掃除をして、ノミ、ダニ、ハエなど衛生害虫の発生を防止しましょう。

 

 
 環境省「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」より


 

 



このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 保健衛生部 動物愛護センター
電話:096-380-2153096-380-2153
ファックス:096-380-2185
メール doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:14660)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved