総合トップへ
ホーム   >  熊本市の環境TOP   >  分類から探す(熊本市の環境)   >  くまもとウォーターライフ   >  地下水保全   >  調査・研究・その他   >  計画等   >  第3次熊本市硝酸性窒素削減計画
ホーム   >  熊本市の環境TOP   >  組織から探す   >  環境局   >  環境推進部   >  水保全課   >  第3次熊本市硝酸性窒素削減計画

第3次熊本市硝酸性窒素削減計画

最終更新日:2016年1月19日
環境局 環境推進部 水保全課TEL:096-328-2436096-328-2436 FAX:096-359-9945 メール mizuhozen@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

第3次熊本市硝酸性窒素削減計画を策定しました 

 熊本市は、水道水源のすべてを地下水で賄う日本一の地下水都市です。地下水は、豊かな自然環境を育み、市民生活はもとより、農業、工業など地域経済を支えるかけがえのない財産であります。また、江津湖湧水群や金峰山湧水群などの湧水は潤いある水辺環境を形成し、市民の憩いの場となっているほか、本市の貴重な水文化も育んでいます。
 しかし、熊本地域の地下水は、硝酸性窒素濃度の上昇や長期的な水位の低下など、質・量ともに予断を許さない状況にあります。特に硝酸性窒素による地下水汚染は、本市の主要な水道水源である健軍水源地を始めとして、ほとんどの水道水源においてその濃度が長期的に上昇傾向を示すなど、その対策は喫緊の課題となっています。
 このような中、熊本市では、市内全域の地下水質を継続的に監視するとともに、平成19年8月に硝酸性窒素汚染の原因となる施肥や家畜排せつ物の発生源対策とその目標値を定めた「第1次熊本市硝酸性窒素削減計画」、平成22年3月に「第2次熊本市硝酸性窒素削減計画」を策定し、対策に取組んできました。

 この度、第2次計画期間が終了することから、その課題を検証し、更に硝酸性窒素削減対策を推進していくため「第3次熊本市硝酸性窒素削減計画」を策定しました。
 熊本市は、熊本県及び熊本地域の市町村並びに関係者との連携を図りながら、本計画に定められた対策を着実に実行し、地下水の硝酸性窒素濃度を低減させ、地下水の水質を将来に亘って良好な状態で保全することに努めてまいります。

 

第3次熊本市硝酸性窒素削減計画(平成27年度~平成31年度)


  • (参考)
    第1次熊本市硝酸性窒素削減計画(平成19年8月~平成21年度)
  • PDF第1次熊本市硝酸性窒素削減計画(全文)新しいウインドウで(PDF:662.6キロバイト)

    第2次熊本市硝酸性窒素削減計画(平成22年度~平成26年度)

    PDF第2次熊本市硝酸性窒素削減計画(全文)新しいウインドウで(PDF:560.2キロバイト)

     

    地下水に関する情報はこちらから↓

    くまもとウォーターライフ新しいウインドウで

     

    このページに関する
    お問い合わせは
    環境局 環境推進部 水保全課
    電話:096-328-2436096-328-2436
    ファックス:096-359-9945
    メール mizuhozen@city.kumamoto.lg.jp 
    (ID:1546)
    新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
    アドビリーダーダウンロードボタン
    新しいウィンドウで表示
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
    ホーム   >  熊本市の環境TOP   >  組織から探す   >  環境局   >  環境推進部   >  水保全課   >  第3次熊本市硝酸性窒素削減計画
    熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
    [開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
    肥後椿
    copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved