熊本市ホームページトップへ

熊本暮らしのご紹介

最終更新日:2018年9月18日
経済観光局 産業部 経済政策課TEL:096-328-2375096-328-2375 FAX:096-324-7004 メール keizaiseisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

熊本市はこんなところ

 

スローライフも街中暮らしもできる、住みやすいまち

 

繁華街
 
 熊本市の中心部には、百貨店や西日本最大級とも言われるアーケードを備える繁華街があり、ビジネス利用はもちろん買い物や食事など若者からお年寄りまでたくさんの人々で賑わっています。
 
江津湖

そのような都会性を持った政令市でありながら、古くから「水の都」「森の都」と言われるほど、豊かな自然もあふれています。

例えば、中心部近くには周囲6km程ある「江津湖」があり、湧き出る清らかな地下水や野鳥等を日常の中で見ることができます。

周りには公園やサイクリングロードが広がっており、小さいお子様やペット連れの方がお散歩をしていたり、子どもたちが水遊びしていたりと、市民の憩いの場所となっています。

 

夕日
 その他にも、夕日の絶景ポイントとして名高い有明海と水田が広がる風景や、夏目漱石の「草枕」に登場する「峠の茶屋」を見学できる金峰山などがあり、スローライフも都会暮らしも体験できます。
 
 

子育て環境も生活環境も、住みやすいまち

子育て

  熊本市の人口あたりの病院数は政令指定都市中1位、人口あたりの医師数は政令指定都市中2位など、全国的に見て医療体制が充実しています。(平成28年医療施設調査、医師・歯科医師・薬剤師調査)

  さらに、病児・病後児保育に力を入れるなど子育てしながら働きやすい環境づくりを推進しています。労働環境においても、熊本県の女性の「就業率」及び「管理職の比率」は全国トップクラスの水準を誇っています。

 

水
 また、熊本市はトマトやすいかなど、豊かな自然と温暖な気候で育まれた新鮮な農産物も多彩にあります。
 全て地下水で賄われている熊本市の水道水は、なんと市販ボトル水に比べミネラル成分がたくさん含まれており、蛇口をひねれば身体にも優しい天然のミネラルウォーターを飲むことができます。

 子育てにも働くにも生活するにも、住みやすいまちです。

 

 

 

お問い合わせはこちらまで

 熊本市への移住に興味をお持ちの方は以下までお気軽にご相談ください。

  ⇒ 熊本市役所 経済政策課 TEL:096-328-2375 (平日 8:30~17:15)

 

 

 

 

 

 

 

 

地理的環境

 

九州ど真ん中! 主要都市へ抜群のアクセス

 九州には、博多-鹿児島中央間に新幹線が走っており、その真ん中にあるのが熊本駅。

 博多駅まで最速32分、鹿児島中央駅まで最速43分と、どちらにも短時間でアクセス可能です。その他にも高速道路や都市間バスも発達しており、九州内どの都市へ行くにも便利な立地です。

  また、主要都市へのアクセスも良好で、新大阪駅へは新幹線で乗り換えなく最速2時間57分。東京であれば飛行機が1日18往復(熊本-羽田空港、2018年9月現在)就航しています。

地図

 
 
 
 
 
 
 
 
 

移住者の声 Part1

西村さま


 

 

西村 朱美さん 

 

パート(事務)勤務

 

◆東京都から

 2016年に移住

 

パート勤務をしながら、1歳半のお子様を育てられている西村さんに、熊本市での子育て・好きなところをお伺いしました。

 

 

Q.移住のきっかけを教えてください

 東京での仕事を通じて出会った、熊本市生まれ・熊本市育ち・熊本市在住の夫との結婚がきっかけです。

 

 

Q.お仕事や休日の過ごし方について教えてください

 引越しを機に熊本市での仕事を探していた時に、UIJターンサポートデスクの相談員の方に出会いました。

 現在は1歳半になる子どもを保育園に預け、週3日程度、家のすぐ近くにあるNPO事務局の事務パートの仕事に就いています。

 一番の変化は通勤手段と時間です。保育園を経由しても職場まで30分程度で着きます。自転車で風を感じながら通勤しています。

 休日は子どもを連れて、公園や道の駅、ショッピングモールなどへ出かけることが多いですね。

 

 

Q.熊本市の好きなところを教えてください

 デパートや多くの路面店がある「街」と山・海・川の自然どちらもあるところ、水・果物・野菜がおいしいところ、実家のある福岡市内まで新幹線で30という短時間で移動できるところが気に入っています。

 

 

Q.熊本市のお気に入りの場所を教えてください

   熊本城

  ・・・被災後も変わらない存在感、復興していく姿(携わる現場の人の姿)に励まされます。

   八景水谷公園、坪井川緑地公園、水前寺江津湖公園

  ・・・こんなに広くて水と緑豊かな公園があることに幸せを感じます。

   金峰山

  ・・・頂上からのぞむ有明海は絶景です!

 

Q.これから移住を考えている方へメッセージをお願いします

 私のように仕事や子どもの教育などに選択肢をできるだけ多く持ちながら、「自然を身近に感じたい」「温度のあるご近所付き合いをしたい」という欲張りがかなうのが熊本市だと思います。

 おいしい水や野菜・果物を、子どもがあたりまえに口にできることも、そばで見ていて幸せですよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移住者の声 Part2

山口さま


 

 

山口 幸治さん 

 

職業:VFXコンポジター

 

東京都から

 20142月に移住

 

 数多くの国内外の映画や、有名な車メーカーや携帯電話通信事業者のCM制作に携わってこられた、VFXコンポジターとして活躍されている山口さんに、熊本での暮らし・働き方について聞きました。

  
 

Q.移住のきっかけを教えてください

 結婚を機に移住を決めました。

 家族を東京に呼ぶという話もあったのですが、東日本大震災のこともあり、東京を離れて熊本に移りました。

 

Q.お仕事について教えてください

 東京では、会社に出向してフリーランスの形で仕事をしていました。

 移住直後は仕事のやり方も変わり悩む時期もあったのですが、東京からの仕事の依頼が徐々に増えるようになりまして、妻と一緒に事務所を借りました。現在の主な仕事は東京からの依頼によるものですが、一部は熊本の会社や海外からの依頼もいただいています。

 そういうお仕事も全て、基本的には熊本で仕事をしています。

 最初の頃は数ヶ月間、単身赴任で東京に行くこともありましたが、家族との時間を大切にしたいため、最近は何か月も行ったきりということはなくなりました。

 プロジェクト内のミーティングもSkypeミーティングでやります。初顔合わせの場合には東京に行って会ったりもしますが、メールだけでプロジェクトのやり取りが完了することもあります。

 東京でも熊本でも、仕事に支障はありません

 

Q.休日の過ごし方は?

 子どもが小さい頃には、近くのキャンプ場に家族を連れて遊びに行ったりしましたね。

 いつも行っているキャンプ場がWi-Fi環境が整っているため、バーベキューした後にリラックスした気持ちでそのまま仕事をすることもありましたね(笑)

 

Q.熊本のよいところを教えてください

 食べ物がおいしいですね!

 奥さんが、毎朝、熊本県産の材料だけを使ってお弁当を作ってくれるんです。それが本当においしい。

 食材は、近くの道の駅や物産館などで買ってきます。

 海も山も近くにあるので、食材はほぼ熊本産がそろえられます。近くのもので賄えるってなかなか他ではないですね。

 奥さんが食べ物にこだわって作ってくれるので、本当においしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移住者の声 Part3

宮古様


 

 

宮古 睦さん 

 

◆熊本市役所職員

 

北海道から

 2018年4月に移住

 

2016年、熊本地震の被災地支援のため、釧路市役所から熊本市役所へ派遣された宮古さん。周りの方との交流をきっかけに「熊本の復興を最後まで支え続けたい」という思いを胸に、熊本市への移住を決められました。熊本市の魅力、生活についてお伺いしました。

 
 

Q.移住のきっかけを教えてください

 釧路市役所職員として熊本地震の際に2ヶ月間災害派遣で熊本市に来たことが直接のきっかけです。

 以前派遣された東日本大震災においても2か月間という期間で復興を最後まで見届けられない悔しさを感じていました。熊本地震においては、被災された市民の方や業者の方、熊本市職員の方々と交流していく中で、この人たちと一緒に仕事をして、復旧・復興を最後まで支え続けたいという気持ちが強くなりました。

 家族の応援もあり、前職を退職し熊本市内の民間設計事務所へ就職が内定していましたが、その後、熊本市役所が不足する技術職員を募集することを知り採用試験を受けて、現在、公共施設の復旧に関わる仕事を行っています。

 

 

Q.熊本市の好きなところを教えてください

 熊本市の町並みを大変気に入っています。

  古い建物、新しい建物が混在していて、おもちゃ箱のような街だと感じています。また、街の中に川が流れていたり橋があったり、他にも、小高い山や史跡、海などいろいろなものが凝縮していて、とてもおもしろいですね。

  また、今住んでいる新町・古町界隈には古い町並みが残っていて、路地の奥に大きなお寺があったり、この前は明八橋という石橋の上で近所の方が集まって楽しそうにご飯を食べられている会を見つけたり、そういう発見が毎日あります。

 

 

Q.これから移住を考えている方へメッセージをお願いします

  熊本の人たちは「火の国だから暑いよ」とか、「熊本の人はとっつきにくい」とか自分たちでハードルを上げてきますが(笑)、全然そんなことはありません。

 暑いのは暑いけど、全国どこに行っても暑いですし、しかも暑い分みなさんテンションが高いですね。暑さも楽しんでいるというのがわかります。面倒見がいいし、言葉が怖そうに聞こえるけど、実はとってもあたたかい人たちばかり。優しい人柄で、厳しいことも含め声を出して言ってくれるのも、人が好きだからなんだろうなぁと思います。

 ぜひ、一度来てみて住んでみると熊本の良さがわかってもらえるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
経済観光局 産業部 経済政策課
電話:096-328-2375096-328-2375
ファックス:096-324-7004
メール keizaiseisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:21619)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved