熊本市ホームページトップへ

結核に係る定期健康診断の報告について

最終更新日:2019年2月1日

結核定期健康診断について

四つ葉 毎年度末(3月31日)までに「結核定期健康診断報告書」を提出してください
・感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第53条の2及び第53条の7に基づき、
 下記の実施義務者は、毎年結核健康診断を実施し報告をお願いいたします。
・毎年1回、年度末(3月31日)までに、定期の健康診断を実施された結果を結核定期健康診断報告書に記載の上、提出してください。
 

 

 対象施設

 実施者

 対象者

 健康診断の回数

(1)医療機関

    介護老人保健施設

 院長・所長

 施設長、理事長など

 職員 毎年度に1回
(2)刑事施設 施設長、理事長など 被収容者 20歳に達する年度以降に毎年度1回
(3)社会福祉施設 施設長、理事長など

 職員

65歳以上の入所者

 毎年度に1回
(4)学校

 学校長、理事長など

 職員 毎年度に1回
  学校長、理事長など 学生、生徒 入学した年度1回
 

(1)医療機関   

  <病院(歯科医院を含む)、診療所(歯科医院を含む)、助産所、介護老人保健施設>

   職員:施設等の管理者及び従事者(施設等で働くすべての人)が対象

      また、労働安全衛生法に基づく健康診断(職場健診)の対象者でない非正規雇用労働者

      (労働職員、派遣職員、パート、アルバイト等を含む)も対象

(2)刑事施設

   被収容者:刑事施設の被収容者のうち、20歳に達する年度以降毎年度1回

(3)社会福祉施設  

  <社会福祉法第2条第2項第1号及び第6号までに規定する施設>

    ・生活保護法に規定されている施設

     救護施設、更生施設

     その他生計困難者を無料または低額な料金で入所させ、生活の扶助を目的とする施設

    ・老人福祉法に規定されている施設

     養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、経費老人ホーム

    ・障害者総合支援法に規定されている施設

     障害者支援施設

    ・売春防止法に規定されている施設

     婦人保護施設

   職員:施設等の管理者及び従事者(施設等で働くすべての人)が対象

      また、労働安全衛生法に基づく健康診断の対象者でない非正規雇用労働者

      (労働職員、派遣職員、パート、アルバイト等を含む)も対象

   65歳以上の入所者:社会福祉施設を通所のみで利用する方は65歳以上でも対象外

(4)学校

  <大学、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、各種学校等(修業年限が1年未満の各種学校及び幼稚園は除く)>

   職員:施設等の管理者及び従事者(施設等で働くすべての人)が対象

      また、労働安全衛生法に基づく健康診断(職場健診)の対象者でない非正規雇用労働者

      (労働職員、派遣職員、パート、アルバイト等を含む)も対象

   学生・生徒:1年生のみ対象(中高一貫の高校1年生も対象)

  

結核定期健康診断月報様式

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 保健衛生部 感染症対策課(熊本市保健所)
電話:096-364-3189096-364-3189
ファックス:096-371-5172
メール kansenshoutaisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:3304)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved