熊本市ホームページトップへ

DV(ドメスティック・バイオレンス)

最終更新日:2019年4月26日
市民局 市民生活部 男女共同参画課TEL:096-328-2262096-328-2262 FAX:096-351-2030 メール danjokyoudou@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

DVについて

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力です。
あらゆる暴力を用いて相手を支配しようとする行為です。DVは、犯罪となる行為を含む重大な人権侵害です。 
いかなる理由があろうとも、決して許されるものではありません。
また、子どものいる家庭でのDVは子どもの心身の成長に影響があるといわれています。
 

あなたは配偶者や交際相手からこんなことされた経験ありませんか?

 身体的暴力は殴る・ける・たたく・物を投げつける・首を絞めるなど身体に危害が及ぶ暴力です。精神的暴力は「出て行け」「口答えするな」などと怒鳴る・説教する・侮辱する・「別れると殺す」「死ぬ」などと精神に危害が及ぶ暴力です。

DV

 社会的暴力は付き合いや外出を制限する・携帯や行動をチェックしたり脅すなど社会性を攻撃する暴力です。経済的暴力は生活費を渡さない・外で働くことを禁じる・借金をさせるなどその人の経済を圧迫する暴力です。子どもを利用した暴力は子どもの前で暴力をふるう・子どもを傷つけると言って脅すなど子どもに関係する暴力です。子どもがDVを目撃する環境は心身の成長に影響があると言われています。

すべて暴力です。暴力をふるってもいい理由など存在しません。

  

デートDVに注意!

恋人との間におこる暴力をデートDVといいます。

「いつも好きな人と一緒にいたい」「好きな人のことは、なんでも知っていたい」そんな気持ちや行動が知らないうちに相手を傷つけている事があります。

 

 ひとつでも当てはまる場合はご相談ください。あなたの彼・彼女をチェック こんな風に感じたことはありませんか?

   ひとりで悩まないでご相談ください 言う事を聞かないと怒る。
   ひとりで悩まないでご相談ください いつも一緒にいることを要求する。
   ひとりで悩まないでご相談ください 異性の友人と交流することを許さない。
   ひとりで悩まないでご相談ください ひんぱんに電話やメールがきて、すぐに返事しないと怒る。
   ひとりで悩まないでご相談ください どこで、何をしているか、行動の全てを知りたがる。
   ひとりで悩まないでご相談ください デートの内容はぜんぶ相手が決める。
   ひとりで悩まないでご相談ください 服やヘアスタイルなど自分の好みをおしつける。
   ひとりで悩まないでご相談ください あなたが意見を述べたり主張したりすることを嫌う。
   ひとりで悩まないでご相談ください あなたを自分の持ち物のように扱う。
   ひとりで悩まないでご相談ください 目の前で物をたたいたり、大声を出したりする。

 

ひとりで悩まずに 下記の相談機関へご相談ください。

 

DV被害者支援について

「家族の問題だから」「自分にも悪いところがあるから」と思って我慢していませんか?
ひとりで悩まずに相談機関へご相談ください。

  

誰もが暴力を受けずに安全に暮らす権利があります

・自分の家で安心して自由に過ごす
・暴力から自由になるために必要な情報を手に入れ、支援を受ける
・自分がどうするかを決め、その選択を尊重される
・保護命令制度を利用する

 

 

もしも身近な人からDV相談をうけたら…

被害者の多くは暴力を受けたことにより混乱していたり、心身不安定な状況におかれている事があります。

まず被害者の話を最後までゆっくり聞いてください。

 

・「あなたにも問題がある」「がまんが足りない」「愛情でやっているのだから」などと被害者を責めるような言い方はしないでください。

・加害者への同情的な対応をすることがないように配慮してください。

・被害者が加害者から逃げている状況もあります。居場所を加害者に知らせるなどは絶対に避けてください。

・家族や友人にDVで困っている人がいたら専門の相談機関への相談を勧めてください。

・緊急時は最寄りの警察署か110番へ通報してください。

 

熊本市配偶者暴力相談支援センター事業

男女共同参画課、男女共同参画課相談室、子ども政策課、各区福祉課・保健子ども課と連携して、配偶者暴力相談支援センターとしての機能を果たします。
 
    1人で悩まないでご相談ください支援内容
        ・配偶者からの暴力に関する相談
        ・問題解決に向けた情報や制度の紹介
        ・緊急時の安全を確保するための相談
        ・保護命令制度に関する相談
        ・被害者の自立に向けた相談、支援
 

保護命令制度

保護命令制度とは、地方裁判所(裁判官)が更なるDV被害を防ぐために被害者の申立により配偶者(加害者)に発する命令です。身体的な暴力や生命などに対する脅迫がその対象となる暴力です。

 

    1人で悩まないでご相談ください保護命令の内容  

     ・退去命令(期間は2カ月)

      住居(生活の本拠)から加害者を退去させる命令です。 

    ・接近禁止命令(期間は6カ月)

      被害者本人、子ども、親族などの住居や職場などでつきまといや付近のはいかいを禁止する命令です。

     ・電話等禁止命令(期間は6ヵ月)

      被害者本人への緊急時などをのぞく電話や電子メール禁止する命令です。

DVに関する相談機関

相談された方の秘密は守ります。安心してご相談ください。 
 

熊本市DV相談専用電話  

  DV相談専用電話 096-328-3322
 
    月~金曜日 午前8時30分 ~ 午後5時15分
 (※土・日・祝日は受け付けていません)

 

区役所福祉課

 中央区福祉課 福祉相談支援センター 096-328-2301
 東区福祉課  福祉相談班 096-367-9127
 西区福祉課  福祉相談班 096-329-5403
 南区福祉課  福祉相談班 096-357-4129
 北区福祉課  福祉相談班 096-272-1118
 ※お住まいの区に関わらずご相談いただけます。
 ※来所相談できます。まずはお電話ください。
 

熊本県警察本部警察安全相談室     24 時間受付

 警察安全相談室 096-383-9110 ♯9110(プッシュ回線)

 

緊急時には最寄りの警察署か110番へ

 ご覧になったホームページは、履歴として一時期保存されます。
どのようなホームページを閲覧したのか同じパソコンを共有している人にわかってしまう事があります。
プライバシー保持のためにも、閲覧後に履歴を消去する事をおすすめします

このページに関する
お問い合わせは
市民局 市民生活部 男女共同参画課
電話:096-328-2262096-328-2262
ファックス:096-351-2030
メール danjokyoudou@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:4996)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved