総合トップへ
ホーム   >  分類から探す   >  学び・観光・スポーツ   >  人権・平和啓発   >  人権   >  第53回ヒューマンライツシアター 映画「それでも夜は明ける」上映会
ホーム   >  組織から探す   >  市民局   >  人権推進総室   >  第53回ヒューマンライツシアター 映画「それでも夜は明ける」上映会

第53回ヒューマンライツシアター 映画「それでも夜は明ける」上映会

最終更新日:2018年12月28日
市民局 人権推進総室TEL:096-328-2333096-328-2333 FAX:096-324-2105 メール jinken@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

映画上映会へのお誘い

 映画鑑賞を通して人権を身近に感じ、心豊かな暮らしに繋がることを目的として開催しています。

 今回は、奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマを上映します。

 主人公が体験した壮絶な奴隷生活の行方、そして絶望に打ち勝つ希望を描いた作品です。

上映作品内容

上映作品「それでも夜は明ける」(上映時間134分 )※日本語字幕付き

 <あらすじ>

 1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、ある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に売られてしまう。狂信的な選民主義者エップス(マイケル・ファスベンダー)ら白人たちの非道な仕打ちに虐げられながらも、彼は自身の尊厳を守り続ける。やがて12年の歳月が流れ、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バス(ブラッド・ピット)と出会い……。

 

日時・場所

平成312月8日(金)

午後1時30分開場  午後2時00分上映

くまもと森都心プラザ(5階プラザホール)熊本市西区春日1丁目14番1号

対象及び定員

どなたでも(先着480名)

申込方法

1/7(月)午前8時から、熊本市コールセンター「ひごまるコール」にて電話、FAX、又はインターネットでの申込み受付を開始します。

申し込む際は、以下の必要事項をお伝えください。

(1)名前

(2)電話番号(諸般の事情により中止する場合などに使用します)

(3)申込人数(1回の申込みは5人まで)

 

※熊本市コールセンターひごまるコール 年中無休(土日・祝日を含む)80020:00

 TEL096-334-1500    FAX096-370-2002  インターネットhttp://higomaru-call.jp/

 

その他

お寄せいただいた個人情報は、映画会申込みのために利用し、コールセンター及び担当部局のみ使用いたします。また、熊本市個人情報保護条例等に基づき厳重に保護管理します。
このページに関する
お問い合わせは
市民局 人権推進総室
電話:096-328-2333096-328-2333
ファックス:096-324-2105
メール jinken@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:22624)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
ホーム   >  組織から探す   >  市民局   >  人権推進総室   >  第53回ヒューマンライツシアター 映画「それでも夜は明ける」上映会
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved