熊本市ホームページトップへ

PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会について(古い工場やビルをお持ちの皆様へ)

最終更新日:2019年10月17日
環境局 資源循環部 ごみ減量推進課 事業ごみ対策室TEL:096-328-2365096-328-2365 FAX:096-359-9945 メール jigyougomitaisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会について

PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の確認・処分方法、処理体制の効率化に向けた取組み、具体的な掘り起こし・発見事例等、最新の情報を広くご紹介する説明会が開催されます。
 処分にお悩みの方を対象とした個別相談会も実施され、関係事業者の皆様にとって、期限内処理に向けた取り組みの参考となりますので奮って御参加ください。

PCBについて

PCBは、燃えにくく電気絶縁性に優れていたため、変圧器やコンデンサー、安定器等の電気機器の絶縁油として広く使用されていました。しかし、有害であることが判明したため、現在では製造や新たな使用は禁止され、処分するためには定められた期間内に特別な手続きが必要です。
 特に高濃度PCB廃棄物は、地域ごとに定められた処分期間内に必ず処分しなければならず、使用中の変圧器・コンデンサー及び安定器等についても処分期間内に使用を終え、処分する必要があります。なお、熊本市では高濃度PCBの変圧器・コンデンサーはすでに処分期間は終了しており、それ以外の高濃度PCB廃棄物(安定器等・汚染物)は令和3年(2021年)3月31日までとなっております。また、処分に当たっては、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)に処分委託を行わなければなりません。
 また低濃度PCB廃棄物についても令和9年(2027年)3月末までに、環境大臣が認定する無害化処理認定施設等へ処分委託を行わなければなりません。

 

 変圧器 コンデンサー 安定器
          <変圧器>             <コンデンサー>              <安定器>

開催内容

主催:環境省、経済産業省

PCB廃棄物の処理(PCB特別措置法)について :環境省 廃棄物規制課

PCB含有電気工作物(電気事業法)について  :経済産業省 電力安全課 高松・広島・福岡会場は除く

・安定器の適正処理について         :公益財団法人 産業廃棄物処理事業振興財団

・高濃度PCB廃棄物の処理手続きについて   :中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)

 高松・広島・福岡会場においては高濃度PCB含有の変圧器・コンデンサーに関する講演はいたしません(処分期間終了のため)

開催地、お申込み

開催地: 大阪、東京、札幌、仙台、名古屋、高松、広島、福岡

下記のホームページで一週間前までにお申し込みください。(先着順)
 

 新しいウインドウで特設ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

 本説明会に関するお問い合わせは以下へお願いします。

  

 【お問合せ先】
  令和元年度 PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会 運営事務局(環境省の受託業者)
  〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34-1 新宿御苑前アネックスビル8階
   株式会社オーエムシー 担当:五十嵐、秋山
   TEL:03-5362-0113 FAX:03-5362-0123 E-mail:pcbhaiki2019@omc.co.jp
   受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)

 

このページに関する
お問い合わせは
環境局 資源循環部 ごみ減量推進課 事業ごみ対策室
電話:096-328-2365096-328-2365
ファックス:096-359-9945
メール jigyougomitaisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:13784)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved