総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  市民・消費生活  >  市民・消費生活のお知らせ  >  計量検査所
ホーム  >  分類から探す  >  しごと・産業・事業者向け  >  届出・証明・法令・規制  >  商工業  >  計量検査所
ホーム  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  施設・窓口から探す  >  くらし・しごとの施設  >  暮らしの相談所  >  計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  中央区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  中央区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  東区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  東区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  西区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  西区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  南区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  南区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  北区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  北区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所

計量検査所

最終更新日:2017年7月10日
経済観光局 産業部 経済政策課 計量検査所 TEL:096-369-0610 FAX:096-369-1096 メール keiryoukensa@city.kumamoto.lg.jp

特定計量器定期検査

  • 集合・所在場所検査
  • 検査対象の「はかり」
  • 特定計量器定期検査手数料

集合・所在場所検査

特定計量器定期検査


 計量は、日常生活のあらゆる分野において重要な役割を果たしています。

 計量法(平成4年法律第51号)では、商店・工場・病院・薬局・学校等で取引・証明用として使用されている計量器は定期的に検査を受けることが定められています。

 計量器は、長期間使用することにより精度の劣化が予想され、それを防止するためには正しく使用することは勿論のこと、法律で定められた定期検査を受検することが大切です。

 定期検査は、使用中である計量器の性能・精度が一定水準に維持されているかどうかを2年に1回検査するものです。
 (計量法第19条第1項及び第21条第1項・計量法施行令第10条第1項及び第11条)

 

集合検査


 実施する校区・場所・期日は1ヶ月前に告示します。

 学校、公民館等指定の場所で検査を行います。

 併せて家庭用計量器(ヘルスメーター・キッチンスケール等)の精度の確認も行います。

 検査日・検査場所は、告示の他「市政だより」にも掲載して、お知らせしています。

定期検査風景1  定期検査風景2  定期検査風景3

 所在場所検査


 次のような場合は、その「はかり」の所在の場所で検査を行います。
 (検定検査規則第39条第1項)

  1.  ・質量又は体積が大きいため、運搬が困難なとき。
  2.  ・土地又は建物その他の工作物に取り付けられているため取り外しが困難であるとき。
  3.  ・計量器の数が多い場合であって、その所在の場所で定期検査を行っても定期検査の事務に支障がないとき。

 ※ 所在場所検査をする場合は、申請書の提出が必要です。

 

所在場所検査の様子

(病院1)

 

所在場所検査の様子

(病院2)

 

所在場所検査の様子

(トラックスケール1)

 

所在場所検査の様子

(トラックスケール2)

 ※ 目盛りの数が6,000を超える高精度の「はかり」又は電気式「はかり」をご使用の方は、計量検査所へご連絡ください。

ワード検査申請書(トラックスケール)新しいウインドウで(ワード:28.5キロバイト)

ワード検査申請書(所在一般)新しいウインドウで(ワード:27.0キロバイト)

検査対象の「はかり」

 定期検査の対象となる特定計量器(非自動はかり(質量計))は、次のとおりです。

 計量法施行令第10条

  ・非自動はかり

  ・分銅及びおもり
 計量法施行令第2条第2項

  1.   ・目量が10ミリグラム以上であって、目盛標識の数が100以上のもの
  2.   ・手動天びん及び等比皿手動はかりのうち、表記された感量が10ミリグラム以上のもの
  3.   ・表す質量が10ミリグラム以上の分銅
  4.   ・定量おもり及び定量増しおもり

 家庭用計量器や検定証印・基準適合証印のない特定計量器は、取引・証明に使用できません。

 必ず検定証印及び基準適合証印のある「はかり」を購入してください。

           

 

検定証印

基準適合証印

家庭用特定計量器

 

 左から検定証印・基準適合証印・家庭用計量器のマーク(家庭用計量器は、取引・証明には使用できません。)

証印の表示 

 商店や病院等で取引・証明に使用されている「はかり」で、定期検査に合格した「はかり」には「定期検査済証(合格ステッカー)」が貼付されています。

 定期検査に合格していない「はかり」は、取引・証明に使用することができません。
 (定期検査は、都道府県、特定市の他に国家資格を持った計量士も行います。)

定期検査済証(合格シール) 定期検査免除ステッカー
 

 左から定期検査済証(合格ステッカー)・定期検査免除ステッカー(熊本市では、定期検査免除の「はかり」を定期検査にもってこられた「はかり」は精度確認を行っています。)

 

定期検査の免除

 使用中の「はかり」であってもその「はかり」に付された検定証印・基準適合証印に表示された検定年月の翌月の1日から定期検査の実施までの期間が2年を経過していないものは定期検査が免除になります。

特定計量器定期検査手数料

 特定計量器定期検査手数料は、熊本市手数料条例で定めてあり次のような区分になっています。

 計量法(平成4年法律第51号)第19条及び第127条第3項に規定する検査
 ア 非自動はかり(最小の目量(隣接する目盛標識のそれぞれが表す物象の状態の量の差をいう。)又は表記された感量(質量計が反応することができる質量の最小の変化をいう。)が、ひょう量の1万分の1未満のものにあっては、(ア)、(イ)及び(ウ) に掲げる金額のそれぞれ2倍の額とする。)
  (ア) 検出部が電気式のもの又は光電式のものであって、ひょう量が1トン以下のもの
ひょう量 金額 (1件につき)
100キログラム以下のもの 1,400円
100キログラムを超え250キログラム以下のもの 1,800円
250キログラムを超え500キログラム以下のもの 2,200円
500キログラムを超えるもの 3,100円

  (イ) 棒はかり又は光電式以外のばね式指示はかりのうち直線目盛りのみがあるもの
1件につき250円

  (ウ)(ア)及び(イ)に掲げるもの以外のもの
ひょう量 金額 (1件につき)
100キログラム以下のもの 500円
100キログラムを超え250キログラム以下のもの 900円
250キログラムを超え500キログラム以下のもの 1,500円
500キログラムを超えるもの 2,100円
1トンを超え2トン以下のもの 3,700円
2トンを超え5トン以下のもの 6,900円
5トンを超え10トン以下のもの 10,700円
10トンを超え20トン以下のもの 15,000円
20トンを超え30トン以下のもの 19,100円
30トンを超え40トン以下のもの 21,600円
40トンを超え50トン以下のもの 29,800円
50トンを超えるもの 51,200円

 イ  分銅又は定量おもり若しくは定量増しおもり
1件につき10円
 ウ  適正計量管理事業所指定検査手数料
1件につき7,400円

 ※ ひょう量   「はかり」が量ることのできる最大の質量

計量教室

平成29年度の計量教室は、次のとおり開催します。

 

期    日   822日(火)

場    所   大江公民館  (中央区大江6丁目1-85)

時    間   午前10時~午前12

対象者   小学3年生~小学6年生

 

計量器依頼検査

 使用者からの依頼に基づき、家庭用計量器等の検査を行うものです。
 検査は、計量検査所の他、特定計量器定期検査会場でも行います。
 計量検査所では、随時、実施しています。定期検査会場は「市政だより」の特定計量器定期検査会場をご覧下さい。

 1 一般家庭で使用される計量器(無料)
  ア ヘルスメーター
  イ キッチンスケール
  ウ ポスタルスケール

家庭用精度確認シール

 2 営業所、事務所、倉庫、事業所、工場及びその他の業務を行うにおいて取引及び証明以外に社内管理等を目的に使用される計量器(無料)

取引・証明以外用シール

計量記念日行事

試買量目審査会

 11月1日の計量記念日行事の一環として、毎年実施しています。
 消費者自身が量目商品を購入し商品の内容量を検査することで、計量について現状を認識してもらい、計量についての普及・啓発を図ることを目的としています。

 期日:毎年10月下旬

 時間:午前11時から午後4時(うち約2時間)

 人員:3会場 (1会場20名)

 場所:実施地区内の公共施設

試買量目審査会_説明風景1  試買量目審査会_説明風景2  試買量目審査会_作業風景1  試買量目審査会_作業風景2  試買量目審査会_作業風景3  

 

計量パトロール

 試買量目審査会を実施した3会場のうち2会場(1会場3名)で、正量取引の普及・啓発を目的として近隣の商店街、及びスーパーに計量標語の貼付及び指導を行っています。

計量パトロール1  計量パトロール2  計量パトロール3

  • 特定計量器立入検査
  • 商品量目立入検査

特定計量器立入検査

 私たちは日々生活の中で、ガス・水道・電気等を使用し、メーターが計量する値を基に料金を支払っています。
 取引や証明に使用されるメーターは有効期間が定めてあり、その期間を超えたものは取引や証明に使用できません。
 検定を受けた新しい計量器に交換するか、修理後、検定を受けて使用することが必要です。

特定計量器の種類 有効期間
燃料油メーター ガソリンスタンドに設置して用いるもの 7年
自動車に固定又は搭載して用いるもの(ローリー) 5年
ガスメーター 7年又は10年
タクシーメーター 1年
水道メーター 8年
電気メーター 5年・7年又は10年

計量検査所では、定期的に事業所等に立ち入り、有効期限・封印・器差検査を実施しています。

生活の中の特定計量器1 生活の中の特定計量器2 特定計量器の有効期間 

商品量目立入検査

 熊本市では、消費者にとって生活に欠かせない食料品などの身近な商品について百貨店やスーパー等に立ち入り、商品に表記されている内容量が正確に計量されているかどうかを中元期、歳末期に検査を行っています。

 

  1. 検査の方法
  2.  皆掛量(総量)
      トレイがビニールパックされた状態で重さを量る。
     風袋量
      商品と同じトレイをラップで空巻きされた状態で重さを量る。
      (商品のドリップを吸うための敷物、たれ、わさび、バラン等、商品本体でないものは風袋とします。)
     内容量
      皆掛量から風袋量を引いたものが、その商品の内容量になります。
    商品量目1 
    商品量目2 
       量目検査方法               風袋の例 

  • 基準器検査体系図
  • 熊本市質量標準供給体系図
  • 今月の業務紹介
  • 定期検査会場紹介

基準器検査体系図

基準器について


 質量標準

  質量の単位「キログラム」は、初め「一辺が10センチの立方体の体積の最大密度における蒸留水の質量」と定義されていたが、1889年に直径、高さとも39ミリメートルの円柱形で、白金90パーセント、イリジウム10パーセントの合金でできている「国際キログラム原器の質量」に置き換えられました。
  わが国の質量標準は、国際キログラム原器と同時に、同形状・同材質で作られた「日本国キログラム原器」であり、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)に保管されています。

 

 キログラム原器

  日本国キログラム原器は、約30年ごとに国際度量衡局(パリ郊外)が保管する国際キログラム原器と比較され、その質量が確保されています。

キログラム原器

 原器用天びん

  産業技術総合研究所で独自に開発した10億分の1の精密さを誇る世界最高の「原器用天びん」

原器用天びん
 原器用天びんの特徴
  1.   ・刃と刃受けの接触状態をたもったまま分銅の交換ができます。
  2.   ・操作者から放射熱の影響を受けない遠隔操作型です。
  3.   ・真空容器に収納され、空気密度や分子吸着量が測定できます。

 実用基準分銅(検査に使用する分銅)の検査・校正に使用する基準器の検査は下記のような供給体系図になります。

 基準器検査体系図


基準器供給体系図

熊本市質量標準供給体系図

 熊本市の実用基準分銅(検査用分銅)は、熊本市質量標準管理マニュアル(平成27年6月経済産業省承認)に基づき校正を行っています。

 

 熊本市質量標準供給体系図


熊本市質量標準供給体系図 

今月の業務紹介

 計量検査所の今月の予定業務内容は別表のとおりです。

月 / 日

業     務    内     容

備    考

7月  3日(月)

 全国一斉商品量目立入検査

 7月10日まで

7月  4日(火)

 特定計量器定期検査 集合検査

 桜木中学校

7月  5日(水)

 特定計量器定期検査 集合検査

 東野中学校

7月  6日(木)

 特定計量器定期検査 集合検査 計量検査所

7月13日(木)

 指定都市計量行政協議会会議 熊本市

7月20日(木)

 特定計量器定期検査 所在場所検査 

7月21日(金)

 特定計量器定期検査 所在場所検査 

7月25日(火)

 特定計量器追加検査 集合検査 東野中学校
 7月26日(水) 特定計量器追加検査 集合検査 計量検査所
 7月27日(木) 特定計量器定期検査 所在場所検査 
 7月28日(金) 全国特定市計量行政協議会南部地区会議 呉市
 7月31日(月) 特定計量器定期検査 所在場所検査  

 

定期検査会場紹介


 今月の検査会場


月 / 日

検  査  会  場

受 付 時 間

7月 4日(火)

 桜木中学校

午後1時から午後3時

    7月 5日(水) 東野中学校         午後1時から午後3時

7月 6日(木)

 計量検査所

午前9時から正午

午後1時から午後4時

 

 検査会場一覧表


東部地区検査会場(奇数年)

 検査会場名 検査区域校区 備考
 田底地域コミュニティセンター

 吉松小学校区・田底小学校区

 
 桜井小学校 桜井小学校区・田原小学校区・菱形小学校区 

 北区役所

 山東小学校区・山本小学校区・植木小学校区 
 出水中学校 出水小学校区・出水南小学校区・画図小学校区・砂取小学校区 
 JA熊本市南部支店 出水南小学校区・田迎小学校区・田迎西小学校区・御幸小学校区 
 東区役所託麻総合出張所 託麻東小学校区 
 JA熊本市東部支店 託麻北小学校区 
 JA熊本市小山戸島支店 託麻西小学校区・託麻南小学校区・長嶺小学校区 
 月出小学校 月出小学校区・山ノ内小学校区 
 桜木中学校 秋津小学校区・桜木小学校区・桜木東小学校区 
 東野中学校 秋津小学校区・若葉小学校区 
 熊本市計量検査所 健軍小学校区・健軍東小学校区・泉ヶ丘小学校区・東町小学校区 
 南部万年青会館 川尻小学校区 
 日吉小学校 日吉小学校区・日吉東小学校区・力合小学校区・城南小学校区・力合西小学校区 
 白川小学校 大江小学校区・白川小学校区 
 白山小学校 白山小学校区 
 江南中学校 向山小学校区・本荘小学校区 
 江原中学校 春竹小学校区 
 託麻原小学校 託麻原小学校区 
 西原小学校 西原小学校区 
 帯山西小学校 帯山小学校区・帯山西小学校区 

 

西部地区検査会場(偶数年)

 検査会場名 検査区域校区 備考
 西山中学校 一新小学校区・城西小学校区 
 慶徳小学校 慶徳小学校区・五福小学校区 
 城南福祉センター 杉上小学校区・豊田小学校区・隈庄小学校区 
 富合小学校 富合小学校区 
 春日小学校 春日小学校区 
 白坪小学校 白坪小学校区・古町小学校区 
 花園児童館 花園小学校区 
 京陵中学校 池田小学校区・高平台小学校区 
 藤園中学校 城東小学校区 
 天明運動施設体育館 銭塘小学校区・奥古閑小学校区・川口小学校区・中緑小学校区 
 飽田中学校 飽田東小学校区・飽田西小学校区・飽田南小学校区 
 JA熊本市北部支店 西里小学校区・川上小学校区・北部東小学校区 
 清水小学校 清水小学校区 
 麻生田地域コミュニティセンター 麻生田小学校区・城北小学校区・楡木小学校区 
 武蔵中学校 武蔵小学校区・楠小学校区 
 龍田中学校 龍田小学校区・弓削小学校区・龍田西小学校区 
 黒髪小学校 黒髪小学校区 
 碩台小学校 碩台小学校区 
 松尾東公民館 松尾東小学校区 
 近津公民館 松尾西小学校区 
 松尾北地域コミュニティセンター 松尾北小学校区 
 芳野地域コミュニティセンター 芳野小学校区 
 西区役所河内総合出張所 河内小学校区・河内小学校白浜分校区 
 中島小学校 中島小学校区・小島小学校区 
 小島小学校 中島小学校区・小島小学校区 
 城山地域コミュニティセンター 城山小学校区・高橋小学校区・池上小学校区 

 

アクセス

郵便番号
:862-0907
住所
:熊本市東区水源2丁目1-4
電話
:096-369-0610
FAX
:096-369-1096

計量検査所案内図


案内図  

このページに関する
お問い合わせは
経済観光局 産業部 経済政策課 計量検査所
電話:096-369-0610
ファックス:096-369-1096
メール keiryoukensa@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:1403)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
ホーム  >  分類から探す  >  しごと・産業・事業者向け  >  届出・証明・法令・規制  >  商工業  >  計量検査所
ホーム  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  施設・窓口から探す  >  くらし・しごとの施設  >  暮らしの相談所  >  計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  中央区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  中央区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  東区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  東区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  西区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  西区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  南区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  南区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
ホーム  >  北区ホームページTOP  >  組織から探す  >  経済観光局  >  産業部  >  経済政策課 計量検査所  >  計量検査所
ホーム  >  北区ホームページTOP  >  ピックアップ  >  検査・検診  >  計量検査所
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved