熊本市ホームページトップへ

消費者センター

最終更新日:2019年11月19日

ご相談は専用ダイヤルまでお願いします

商品及びサービスの契約などに関するご相談は相談専用ダイヤルまで!

電話:096-353-2500 

来所:熊本市役所別館(駐輪場)5階  

利用時間:月~金曜日 9時~17時
        (祝日・年末年始を除く)

対象:熊本市にお住まいの方

このホームページやファックス・手紙・電子メールでの相談受付は行っておりません。

ご相談は、上記相談専用電話をご利用ください。
  

区役所で消費生活相談(出張相談)を実施しています!

消費生活相談員が身近な区役所へ出向いて相談をお受けします。

 会   場

 曜  日

  北区役所 1階相談室   毎週 月曜日 午後1時~4時
  西区役所 2階相談室   毎週 火曜日 午後1時~4時
  南区役所 3階エレベーター横   毎週 水曜日 午後1時~4時
  東区役所 3階相談室   毎週 木曜日 午後1時~4時

 ※都合により、相談室が変更になる場合があります。

 【お知らせ】2018年4月から予約制になりました!

  出張相談を希望される方は、事前に予約電話までご連絡ください。

  相談員が内容を聞き取り、来所いただく時間をお伝えします。

   予約電話 096-353-2500(平日 午前9時~午後5時)

   予約は実施曜日の前日(土・日・祝日を除く平日)午後5時まで

              

 ・費用:無料

 

マスコットキャラクターの紹介

ショータ

ショータ

平成17年11月生まれです。
消費者センターからのお知らせはボクがみんなに伝えるね。よろしく!!

ボクの生みの親は崇城大学のデザイン学科のみんななんだ。 生んでくれてありがとう。
 


 

消費生活相談

消費生活相談

商品・サービスについての相談や苦情を受け付け、あなたと共に考え、解決するためのお手伝いをします。

消費生活出前講座

消費生活出前講座

10人以上の人数が集まれば、あなたの地区や公民館に講師を派遣する出前講座を行います。
 
もくじの「出前講座のご案内」をご覧下さい。申込用紙が中にあります。

消費者セミナー

消費者セミナー

くらしの中の身近な問題(衣、食、住、契約、環境、金銭教育など)をテーマに「消費者セミナー」を開いています。

実施月の市政だよりに掲載・募集します。

情報収集・提供

情報収集・提供

パネルや商品の展示、生活情報誌の閲覧、消費生活に関する情報を提供しています。
 また、DVD・ビデオ・パネルの貸し出しも行っていますのでお気軽にご利用ください。

消費者団体の活動の支援

消費者団体の育成

消費者グループは、消費者問題について、それぞれ勉強会や活動を行っています。
参加ご希望の方、その他の問い合わせはセンターで取り次ぎます。

消費生活相談のまとめ

平成30年度中の消費生活相談の状況をまとめましたので、お知らせします。

※過去の消費生活相談状況

PDF 平成28年度熊本市の消費者行政(P1~P16 ) 新しいウィンドウで(PDF:8.46メガバイト)

PDF 平成28年度熊本市の消費者行政(P 17~P35) 新しいウィンドウで(PDF:7.74メガバイト)

 

 

クーリング・オフとは

 クーリング・オフとは、訪問販売や電話勧誘販売などの不意打ち的に行われた販売行為に対し、契約者が冷静に考える期間を設け、無条件に契約の解除ができる制度です。解除できる期間は契約書を受け取ってから、8日間(マルチ商法、内職商法、モニター商法は20日間)です。この期間を経過してしまうと原則として無条件に解約できなくなります。
 

クーリング・オフできない契約

・3,000円未満の現金取引
・使用した健康食品や化粧品などの消耗品
・自動車の購入、自動車のリース
・葬儀サービス
店舗販売、通信販売
電話・インターネット接続サービス
事業としての取引   ・・・など
 
 

クリーリング・オフの効果と方法

 クーリング・オフは、通知書を発信したときに効力を発生し、契約解除となります。支払いが済んでいれば、既払い金は全額返金となります。もし、商品を受け取っていれば、事業者負担で返品し、工事の場合は、事業者負担で元の状態に戻すことになります。 
 通知は、特定記録郵便又は簡易書留で郵送します。その際、控えとして、はがきの両面コピーを取り、受領書とともに5年間保管しましょう。また、クレジット契約の場合には、信販会社への通知も出しましょう。
 

ワード はがき(裏) 新しいウィンドウで(ワード:12.6キロバイト)

  •  クーリング・オフの通知は、本人署名で出しましょう!
  •  

    クーリング・オフの期間が過ぎてしまった場合

     
  •  8日間・20日間の期間が過ぎた場合でも、次のような場合にはクーリング・オフができます。
  • ・受け取った書類に法律で規定されているとおりにクーリング・オフの記載がないなど、不備がある場合
  • ・事業者がウソを言ったり脅したりして、クーリング・オフを妨害した場合

 

 クーリング・オフできるかどうか分からない場合は、消費者センター(096-353-2500)へご相談ください。




     

    地域住民や学校に対する情報提供、消費者学習として、無料で講師を派遣します。

    最新のトラブル事例などをあげて、その対処法を分かりやすくお話しいたします。
    地域住民の勉強会等にぜひご活用ください。

    日時

    土曜・日曜・祝日もOK!!

    午前9時から午後8時までの間で、1時間を目安に、都合の良い日時をお知らせください。

    場所

    各団体でご準備ください。

     

    対象

    熊本市内にお住まいの方、市内の学校など、10名以上の受講生が集まりましたらお申込O.K.です。

     

    講師料

    無料(交通費も無料)

     

    テーマ

    悪質商法の被害に遭わないために

    • 衣、食、住 暮らしの情報あれこれ
    • 学校における消費者教育・金銭教育
    など、消費生活に関することであればご相談に応じます。

     

    講師

    消費生活相談員等

     

    申込

    申込用紙に記載の上、希望日の21日前までに当センター宛郵送またはファックスしてください。

    • 講師を選定後、実施通知を送付します。
    • 申込用紙上部に当センターのファックス番号は記載しております。
    • なるべく、第2希望日時までお書きください。

    • ショータ
    •  ショウタ

     

    多重債務相談

     毎月の支払いが苦しい、これ以上支払えない、支払っているにもかかわらず元金が減らない・・・など、
    悩んでいる方は、消費者センターへご相談ください。
     債務を見直し、生活再建へ向けて一歩踏み出しましょう。解決の第一歩は相談から始まります。
     
    一人で悩まず、まず相談しましょう!!
     
    相談日  第3金曜日:午後1時~4時
                        (1件45分)
                   
    受 付  消費者センター
          353-2500へお電話ください。
          ※月曜日~金曜日 午前9時~午後5時(祝日・年末・年始を除く)
            相談内容を聞取り、来所いただく相談日時をお伝えします。
     
    相 談  司法書士が面談により対応します。
          消費生活相談員も同席します。相談後のフォローやアドバイスを行い、
          生活再建を一緒に考えます。
     
    費 用  無料
     
    場 所  消費者センター(市役所別館(駐輪場)5階)
     

    法律相談

      弁護士が面談により消費生活に関する相談をお受けします。消費相談員も同席し、課題を整理し、相談後のフォローやアドバイスを行い、問題解決に向けて一緒に考えます。
     
     ・相談日 第2金曜日・第4金曜日 午後2時から4時
                     (1件30分)

     ・受 付 消費者センター

          353-2500へお電話ください。

          ※月曜日~金曜日 午前9時~午後5時(祝日・年末・年始を除く)

           相談内容を聞取り、来所いただく相談日時をお伝えします。

     ・費 用 無料

     ・場 所 消費者センター(市役所別館(駐輪場)5階)

    事故情報・リコール情報・商品回収情報

    各関係機関で公表されている製品事故・リコール・商品回収情報をお知らせします。

    ●消費者庁リコール情報サイト

    最新のリコール情報をお届けします。
    消費者庁リコール情報サイト

    ●事故情報データバンクシステム

    事故情報データバンクシステムは、関係機関より「事故情報」「危険情報」を広く収集し、事故防止に役立てるためのデータ収集・提供システムです。
    このシステムは、消費者庁と独立行政法人国民生活センターが連携して、関係 機関の協力を得て実施している事業です。
    事故情報データバンクシステム

    ●経済産業省製品安全ガイド

    製品のリコール情報・製品事故の検索、製品安全に関わる政策などについて掲載しています。
    経済産業省製品安全ガイド

    ●独立行政法人製品評価技術基盤機構(nite)

    製品の安全や事故情報について事業者等が行った広告やリコール情報を掲載しています。
    独立行政法人製品評価技術基盤機構(nite)新しいウインドウで(外部リンク)

    ●独立行政法人国民生活センター

    メーカーや販売業者が、食品、家電製品等の商品について回収、もしくは修理、交換する目的で自主的に新聞に掲載した情報を掲載しています。
    商品回収・無償修理等の情報

    ●国土交通省

    自動車のリコール・不具合情報について掲載しています。
    自動車のリコール・不具合情報

    ●農林水産省

    農林水産関係の製品事故情報を掲載しています。
    農林水産関係の製品事故情報

    ●厚生労働省

    医薬品等の回収(リコール)関連情報を掲載しています。
    医薬品等回収関連情報

    ●財団法人食品産業センター食品事故情報告知ネット

    直近2週間程度の食品事故情報等を掲載しています。
    財団法人食品産業センター食品事故情報告知ネット

    消費者教育ポータルサイト

     「消費者教育ポータルサイト」とは、消費者教育の基盤整備として消費者庁ホームページ上に設置した、消費者教育に関する様々な情報を提供するサイトです。

     自ら消費者としての知識を習得したいと考えている方、学校や社会の様々な場面で消費者教育を実施したいと考えている方、消費者教育に関心のあるあらゆる方々にご利用いただけます。

    ★消費者教育ポータルサイト

    熊本市消費生活条例

     熊本市消費生活条例は、消費者の利益の擁護と増進に関し、市が実施する施策について必要な事項を定め、市民の消費生活の安定と向上を図ることを目的として、平成24年6月1日に施行しました。

    ワード熊本市消費生活条例新しいウインドウで(ワード:54.0キロバイト)

    PDF条例パンフレット新しいウインドウで(PDF:3.0メガバイト)

    発表情報・報道発表資料

     国民生活センター・消費者庁が報道発表した情報や広く公表した資料をご覧いただけます。最近の消費者トラブルに関する注意情報や消費生活相談の分析 調査、商品テスト結果などを掲載しています。

    ★国民生活センター

    ★消費者安全(消費者庁)新しいウインドウで(外部リンク)

     

     食の安全に関する情報(食中毒や食品の自主回収等)は、こちらをご覧ください。

    ★食品安全に関する取組(消費者庁)新しいウインドウで(外部リンク)

    ★熊本市安全安心のひろば(熊本市保健所食品保健課)新しいウインドウで(外部リンク)

    このページに関する
    お問い合わせは
    市民局 市民生活部 生活安全課 消費者センター
    電話:096-353-5757096-353-5757
    ファックス:096-353-2501
    メール shouhisha@city.kumamoto.lg.jp 
    (ID:17)
    新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
    熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
    [開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
    肥後椿
    copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved