熊本市ホームページトップへ

生物多様性の日イベント

最終更新日:2019年7月9日
環境局 環境推進部 環境共生課TEL:096-328-2352096-328-2352 FAX:096-359-9945 メール kankyoukyousei@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

 毎年522日は、国連が定めた『国際生物多様性の日』です。

 この日にちなみ、楽しみながら身近な生物多様性を感じることのできるイベントを平成29年から開催しています。

 
 

いきものフェアくまもと2019~来て見て実感!身近な生物多様性~(2019年5月11・12日開催)

2019 イベントポスターとプログラム
 2019年5月11日(土)・12日(日)の2日間、熊本市動植物園において、生物多様性の日イベント「いきものフェアくまもと2019~来て見て実感!身近な生物多様性~」を開催しました。
 
 
 
 
 「いきもの観察会」では、園内に生息する生きものの観察や紹介・解説を行いました。実際に昆虫を捕まえて観察したり、園内の小川にいる水生生物を川の中に入って捕まえ、ルーペで観察したりしました。
いきもの観察会水生生物採取水生生物観察

虫を見つけたよ!

川の中にいるいきものを

捕まえているよ!

どんないきものがいるかな?

 

 「カブトムシ・クワガタから生物多様性を学ぼう!」では、カブトムシや猫のお話から、外来生物やペットに関する問題などを学びました。最後にカブトムシとクワガタを間近で観察しました。
ネコのお話カブトムシ観察クワガタ観察

ある島で起こったネコ問題についてのお話

カブトムシの種類によって

大きさがちがうよ!

おもしろい特徴をもった

クワガタがいたよ!

 
 
いきものつながりガイドツアー

 

 「いきものつながりガイドツアー」では、テーマに沿ったお話をしました。1日目は、”里山の生態系”で、タヌキ・キツネ・アナグマやイヌワシなどの日本に元々いる動物たちのつながりについてのお話、2日目は”植物と動物のつながり”で、植物、草食動物(シマウマ、クロサイ、カバ)と肉食動物(ライオン)のつながりについてのお話でした。 

 キーワードラリー「いきもんクエスト」では、園内をまわってキーワードを集め、ひみつのことばを作ってもらいました。また、動物資料館では、生物多様性についてわかりやすく解説してあるパネルや、いきもんネット(※)に登録している団体や学校生物部の活動発表のポスターを展示したり、生物多様性を学べる絵本コーナーを設置したりしました。
展示絵本コーナーいきもんネットロゴ

パネル展示♪

絵本がたくさん♡

いきもんネット新しいウインドウで


 当日は天気も良く、多くのみなさまにご参加いただきました。
 動植物園に遊びに来たついでに、なんとなく参加したイベントで、身近ないきものや自分たちのくらし、「生物多様性」について新しい発見があったのではないでしょうか。
 来年も開催を予定しています。その際はぜひご参加ください。お待ちしています!
 
 

いきものフェアくまもと2018~来て見て実感!身近な生物多様性~(平成30年5月12・13日開催)

  昨年度に引き続き、平成30年5月12日・13日の2日間、熊本市動植物園において、生物多様性の日イベントとして「いきものフェアくまもと2018~来て見て実感!身近な生物多様性~」を開催しました。
イベントポスターとプログラム

イベントのポスターとプログラム紹介

 2回目の開催となる今回は、開催期間を2日間と昨年より拡大し、多くの皆様にご来場いただきました。身近ないきものをとおして、楽しみながら生物多様性を学べるプログラムとして、生物多様性や身近な外来種に関するパネル・実物展示のほか、園内に生息・生育する動植物や水生生物の観察会、外来魚やモグラのワークショップ、カブトムシ・クワガタムシ講座、クイズラリーや動物ガイド、生物多様性に関する絵本コーナーを行いました。
いきもの観察会カブトムシ・クワガタ講座モグラワークショップ

いきもの観察会

カブトムシ・クワガタ講座

ワークショップ「みんなで作ろう!もぐらのおうち」
外来魚ワークショップ水生生物ウォッチング身近な外来種の展示

ワークショップ「大解剖!くらべてみよう外来魚」

水生生物の観察会「水生生物ウォッチング」

身近な外来種展

 1日目は快晴で絶好の行楽日和。当日来園してイベントの開催を知ったというお客様も、動植物園スタッフによる動物ガイドや生物多様性クイズラリーにご参加いただきました。2日目はあいにく朝から雨でしたが、カブトムシ・クワガタ講座やモグラのワークショップを楽しみにされていたという多くのご家族にご来場いただき、会場がにぎわいました。 
 

探検!いきものワンダーランド☆~あいことばは生物多様性~(平成29年5月20日開催)

  国連が定めた「国際生物多様性の日」の5月22日に合わせ、平成29年5月20日に熊本市動植物園にて、「探検!いきものワンダーランド☆~あいことばは生物多様性~」を開催しました。
イベントポスター

イベントのポスターとプログラム紹介

 

 今回のイベントは熊本市の熊本博物館、動植物園、環境総合センター、環境共生課が連携して開催したもので、生物多様性についてのパネルや実物展示のほか、動植物園の動物から生物多様性を知る「生物多様性動物ガイド」、「江津湖のいきもの観察会」、「昆虫ミニ講座」やキーワードラリー「いきもんクエスト」、「ヒツジの毛つむぎ教室」といった、生物多様性について楽しく学べる企画を行いました。

パネル展示生物多様性ガイド
昆虫ミニ講座

生物多様性についての展示

生物多様性ガイド(ゾウ)

昆虫ミニ講座

 

いきもの観察会いきもの観察会毛つむぎ教室

江津湖のいきもの観察会

観察会で見つかった

コオニヤンマのヤゴ

羊毛から毛糸をつくる

「ヒツジの毛つむぎ教室」


 また、植樹をとおして生物多様性について考える「グリーンウェイブ(※)」として、クヌギの木を熊本市緑の少年団のみなさん16名と植樹しました。クヌギは古くから染料や木材、シイタケ栽培などに利用されるほか、幹から出る樹液に多くの虫たちが集まるなど、生物多様性の象徴という意味合いを込めて選びました。

 ※グリーンウェイブについてはこちら(国際生物多様性の10年日本委員会ホームページ)

  →http://greenwave.undb.jp/新しいウインドウで(外部リンク)

植樹風景緑の少年団

植樹風景

植樹に参加してくれた緑の少年団のみなさん

 

 会場内のチェックポイントを回ってキーワードを集めるキーワードラリー「いきもんクエスト」でできる“ひみつのこたえ”は『生物多様性』でした。ゴールの際、「生物多様性!」と答えていただいた参加者には、オリジナルのいきもの缶バッジ(マグネット)を参加賞としてプレゼントしました。

 

キーワードラリーオリジナル缶バッジ

キーワードラリーのポイント

クリア記念のオリジナル缶バッジ

 

 当日はお天気に恵まれ、多くのお客様にご来場いただきました。

 動植物園で楽しく過ごした一日の思い出とともに、身近ないきものや「生物多様性」について、関心をもっていただくきっかけになればと思います。

このページに関する
お問い合わせは
環境局 環境推進部 環境共生課
電話:096-328-2352096-328-2352
ファックス:096-359-9945
メール kankyoukyousei@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:21217)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved