熊本市ホームページトップへ

令和2年度 熊本市有害鳥獣駆除隊の公募について(募集)

最終更新日:2020年2月10日
農水局 農政部 農業支援課 鳥獣対策室TEL:096-328-2369096-328-2369 FAX:096-351-2030 メール choujutaisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

令和2年度 熊本市有害鳥獣駆除隊の公募について(募集)

 

   令和2年度 熊本市有害鳥獣駆除隊の公募について(募集)

   ≪ はじめに ≫                                                                                                 イノシシの親子

    全国的に有害鳥獣による農作物被害及び生活環境被害が増大しており、本市においても、イノシシ・ニホンジカ・アナグマ・カラス等

   による深刻な影響が出ています。また、これら鳥獣の一部は、市街地への出没も増加しており、本市では予察計画に基づく年間を通した

   駆除を実施するとともに緊急的な対応(駆除や追い払い)も行っています。

    今回、次に掲げる3地区について、駆除や緊急的な対応を行う熊本市有害鳥獣駆除隊(以下「市駆除隊」という。)を各地区1隊ず

   つ公募します。

    応募される団体は、熊本市有害鳥獣駆除隊の公募及び事業の実施に関する要綱(以下「要綱」という。)及び令和2年度熊本市有害

   鳥獣駆除隊の公募要領(以下「公募要領」という。)をご確認のうえ、必要な書類を公募期間内に提出してください。

 

                               記

 

   1. 公募地区  次に掲げる3地区について、各1隊の市駆除隊を公募します。

    (1) 熊本市地区(富合・城南地区及び植木地区を除く)

    (2) 富合・城南地区

    (3) 植木地区

    ※ 原則として熊本市有害鳥獣地域駆除隊の活動集落を除き捕獲活動を行ってください。

 

   2. 対象鳥獣

     捕獲する対象鳥獣は、イノシシ・ニホンジカ・タヌキ・アナグマ・カラス・ヒヨドリ・ドバト・その他、農作物被害や生活環境

    被害を及ぼす鳥獣が対象です。

 

   3. 公募期間  令和2年2月10日(月)~ 令和2年2月26日(水)17時まで

 

   4. 活動内容  市駆除隊の主な活動内容は次のとおりです。

    (1) 本市が策定した熊本市有害鳥獣捕獲計画(予察計画)に基づく有害鳥獣捕獲。

    (2) 緊急に農作物や生活環境被害を及ぼした有害鳥獣の捕獲や追払い。

    (3) 熊本市農畜産物有害鳥獣対策協議会の構成員として会議等に参加。

    (4) その他、鳥獣被害防止対策に関すること。

 

   5. 活動期間  令和2年4月1日 ~ 令和3年3月31日の1年間です。

 

   6. 応募の要件  市駆除隊に応募できる団体は、次に掲げる要件を全て満たしていなければなりません。

    (1) 次のいずれにも該当する10名以上の者により編成された団体であること。

     ア 熊本市及び近隣の市町村に住所を有し、有害鳥獣の捕獲等に用いようとする猟法に係る狩猟免状を所持していること。

     イ 有害鳥獣の捕獲等に伴う事故等により生じた損害について賠償できるよう、狩猟災害共済又は損害保険(保険金額3千万円以上)

      などに加入していること。

     ウ 銃器使用及びわな捕獲の狩猟者登録(熊本県への狩猟者登録)については、次のとおりです。

      (ア) 銃器により捕獲等を行う者は、従事する年度の初日から起算して過去5年以内に3年以上の狩猟者登録を受けていること。

      (イ) ただし、銃器による鳥類駆除及び止めさしを行う者は、狩猟者登録を受けて過去3年以内に1年以上経過している者。

      (ウ) くくりわなにより捕獲等を行う者は、最初に狩猟者登録を行った日から1年以上経過している者。

      (エ) 箱わなによる捕獲等を行う者は、狩猟者登録は必須としないが、本市が開催する安全講習会を受講すること。

     エ 有害鳥獣の捕獲等の趣旨を理解している者で、随時捕獲等に従事できる者であること。

     オ 市駆除隊が活動するそれぞれの地区において、地区内のいずれの地域においても、本市や市民からの農作物被害及び生活環境被害

      への要請に十分に対応できること。

     カ 有害鳥獣捕獲等を行うに当たっては、要綱第5条第2号に定める全ての事項を遵守できる団体であること。

 

   7. 使用猟具

    (1) 市駆除隊が使用する猟具は、安全性の確保の観点から年間と通し「箱わな」「くくりわな」を主体とし捕獲を行います。

    (2) ただし、安全性や緊急性を十分配慮したうえで銃器による捕獲等も行うことができます。

    (3) カラスやヒヨドリなど鳥類の銃器による駆除については、安全性に十分配慮したうえで年間を通し行うことができます。

 

   8. 活動支援  市駆除隊の捕獲活動に係る支援については、以下のとおりです。

    (1) 鳥獣被害防止総合対策交付金の鳥獣捕獲報償金  大型獣類7,000円/頭以内・小型獣類1,000円/頭以内・鳥類200円/羽以内

    (2) 有害鳥獣捕獲作業に伴う報償金交付内規及び熊本市有害鳥獣捕獲作業に係る報償金交付要領に基づく各種報償金

 

   9. 応募書類  市駆除隊に応募する団体は、次に掲げる書類をご提出ください。

    (1) 令和2年度 熊本市有害鳥獣駆除隊応募申請書(様式第1号)

    (2) 令和2年度 有害鳥獣駆除活動計画書(様式第2号)

    (3) 隊員名簿(様式第3号)

    (4) 狩猟免許等確認書(様式第4号)

    (5) 団体の規約

    (6) 狩猟免状・狩猟者登録証・銃砲所持許可証・共済保険及び損害保険(ハンター保険等)の写し。

    (7) その他、添付書類については公募要領第7条をご確認ください。

 

   10. 応募書類の提出先等

    (1) 応募書類は、熊本市役所 農業支援課「鳥獣対策室」に代表者が持参しご提出ください。

      熊本市中央区手取本町1-1 市役所12階   連絡先 096-328-2369

    (2) 提出時間は土曜・日曜・祝日を除く月曜から金曜の午前8時30分~午後5時まで

    (3) 郵送・ファクシミリ及び電子メールでの提出は受付けません。

    (4) 提出された応募書類については、秘密保持には十分配慮することとしますが、銃砲の所持許可や狩猟者登録の状況等は関係

     機関に照会する場合もありますので、予めご了承ください。

    (5) 提出期限は、令和2年2月26日(水)17時まで

    (6) 提出に当たっての留意事項は次のとおりです。

     ア 提出部数は1部です。

     イ 応募書類については、提出期限を過ぎてからの資料の追加や差し替えは不可とし、また返却しませんのでご了承ください。

     ウ 応募の要件を満たさない場合や応募書類に虚偽の記載があった場合は、審査の対象としません。

 

   11. 審査及び審査結果  審査の内容や審査結果については公募要領第9条及び第10条をご確認ください。

 

   ※ 公募要綱・公募要領・有害鳥獣駆除隊選定評価基準は下記の方よりダウンロードして下さい。

    PDF 熊本市有害鳥獣駆除隊の公募及び事業の実施に関する要綱 新しいウィンドウで(PDF:215キロバイト)

    PDF 別表 有害鳥獣駆除隊選定評価基準 新しいウィンドウで(PDF:123.4キロバイト)

  •                       猟友会の人イノシシが箱わなに捕まる    また、ご質問等がございましたら下記の方までご連絡下さい。
このページに関する
お問い合わせは
農水局 農政部 農業支援課 鳥獣対策室
電話:096-328-2369096-328-2369
ファックス:096-351-2030
メール choujutaisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:23220)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved