熊本市ホームページトップへ

『全国都市緑化フェアの開催誘致に向けたシンポジウム』を開催しました!

最終更新日:2019年4月2日
都市建設局 土木部 公園課 全国都市緑化フェア推進室TEL:096-328-2525096-328-2525 FAX:096-352-8186 メール ryokkafair@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

全国都市緑化フェアの開催誘致に向けたシンポジウム ~地域を中心とした多様な主体による参画と協働~

 2021年度に開催します「全国都市緑化くまもとフェア」の周知とともに、森の都の再生に向けた多様な主体の参画と協働による緑のまちづくりについて、市民と語り合うことでフェア開催に向けた機運醸成を図ることを目的に、シンポジウムを開催しました。今後もシンポジウム等を実施し、フェアに向けた機運醸成や市民協働の取組みなどを展開いたします。

 なお、今回のシンポジウム開催に先立ち、フェア開催に向けた市民による緑化の取組みの広がりを目的として、午前中には「ハンギングバスケット教室」を開催しました。

 

【午前の部】 ハンギングバスケット教室

 「ハンギングバスケット」とは、”空間に飾る” 花の寄せ植えのことで、壁やフェンスに吊るしたり掛けたりして楽しめます。

 今回は20名がハンギングバスケット教室に参加され、(一社)日本ハンギングバスケット協会の松原本部講師のご指導のもと、オリジナルハンギングバスケットを作製されました。

 

     日 時 : 平成31年 1月26日(土) 10:00~12:00

     場 所 : 熊本市役所別館 自転車駐車場 8階会議室

     参加者 : 20名

     講 師 : (一社)日本ハンギングバスケット協会

           本部講師  松原 紀子 氏

 

 

ハンギング-1ハンギング-2ハンギング-3

 

【午後の部】 シンポジウム

 「全国都市緑化フェアの開催誘致に向けたシンポジウム ~地域を中心とした多様な主体による参画と協働~」をテーマにシンポジウムを開催し、135名の参加がありました。

 大西市長の挨拶にはじまり、熊本の水と緑に関する講演と3名のパネリストによるパネルディスカッション、シンポジウム参加者からの質問によるディスカッションが行われました。

 

     日 時 : 平成31年 1月26日(土) 14:00~16:30

     場 所 : 熊本市役所別館 自転車駐車場 8階会議室

     参加者 : 135名 

 

     PDF シンポジウムチラシ 新しいウィンドウで(PDF:1.23メガバイト)

 

第1部 基調講演

 熊本が誇る”水”と”緑”について、個の活動とのつながりや地域らしさ・伝統の継承、多様な主体の参加などの視点から、緑化フェアの開催に向けた講演をいただきました。また、新しい公園のあり方や緑化フェアを一過性のものとしないための”NEO GREEN PROJECT”についての提案もいただき、今後の”みどり”のあり方を考えさせられる講演でした。

 

     演 題 : 熊本は水と緑 ~2019からの市民協働~

     講演者 : 蓑茂 壽太郎 氏(東京農業大学 名誉教授、熊本市都市政策研究所 所長)

 

第1部-1第1部-2第1部-3

 

第2部 パネルディスカッション

 まず、福岡市の上原課長から、福岡市で取組まれている花で共創のまちづくり「一人一花運動について」を、帯山西小学校の馬場校長から、子どもたちが主体的に取組む「学校緑化活動の取組」について、話題提供をいただきました。

 その後、星野准教授のコーディネートにより、大西市長も含めて、シンポジウムのテーマに沿ったパネルディスカッションを行いました。

 

     コーディネーター

         : 星野 裕司 氏(熊本大学 くまもと水循環・減災研究教育センター 准教授)

     パネリスト

         : 上原 真之 氏(福岡市 住宅都市局 みどりのまち推進部 みどり推進課 課長)

         : 馬場 敬子 氏(熊本市立帯山西小学校 校長)

         : 大西 一史 市長

 

第2部-1第2部-2第2部-3

  

第3部 参加者からの質問によるディスカッション

 今回のシンポジウムを通じた参加者からの質問に対して、登壇者によるディスカッションを行いました。登壇者への多様な質問に対して、熱いディスカッションが繰り広げられました。

 

 【主な質問】

  ・広く市民の方に活動を知ってもらうために行った方法やイベント等があれば教えてほしい。

   → 当初は都心部での花壇づくりやイベント等に取組むとともに、市政だよりやSNS等による情報発信、グッズ配布等による啓発・PRを実施。

     イベントとしては、警固公園を中心に「一人一花スプリングフェス」や秋の「一人一花サミット」を行い機運醸成を図った。(上原課長)

   → 地域のまちづくりと行政のコラボによる緑化の広がりが大事。また、SNSを活用した情報交換も効果的。(大西市長)

 

  ・若い人が積極的に興味をもって取組んでいくようにするには、どういったことが必要か。

   → 若い人の特権は行動力があること。今回のシンポジウムなどで学び考え、さらに行動することが大事。(蓑茂名誉教授)

 

  ・帯山西小学校の取組みが他校にも広がっていくには、どのようなことが必要か。

   → 緑化活動での体験を通じて人や心を育てている。教師と生徒が同じ目標をもって活動し体験を積むことが喜びにつながる。(馬場校長)

 

このページに関する
お問い合わせは
都市建設局 土木部 公園課 全国都市緑化フェア推進室
電話:096-328-2525096-328-2525
ファックス:096-352-8186
メール ryokkafair@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:23745)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved