熊本市ホームページトップへ

市内農業用ため池の定期点検を実施しました

最終更新日:2019年6月10日
農水局 農政部 農地整備課TEL:096-328-2953096-328-2953 FAX:096-351-2030 メール nouchiseibi@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
本市には、農業用ため池が105箇所あり、毎年、梅雨期・台風期前の5月末までに定期点検を市独自に実施しており、今回定期点検結果をお知らせします。

1 点検の目的

 毎年、梅雨期・台風期に備えて定期点検を実施し、施設の安全性を確認することで、被災リスクの低減を図ることを目的として実施するものです。

 なお、定期点検は平成25年度(2013年度)から実施しています。

2 点検対象ため池

 市内にある農業用ため池全箇所が対象(105か所が対象)。

3 点検内容・体制

(1) 点検内容

点検は、以下の項目について、現地において目視確認しました。

・「堤体」:堤体法面の陥没や亀裂、湧水や浸食などの変状の有無

・「洪水吐及び取水施設」:施設の損傷や周辺地盤などの変状の有無

・「ため池内・堤体周辺の斜面と法面」:流木の堆積や斜面崩壊などの有無

(2)  点検体制

本市の職員が点検を実施しました。

 

4 点検結果

(1) 平成31年(2019年)425日から令和元年(2019年)515日までに、105か所を定期点検しました。

(2) 点検において、「今後の豪雨や台風等に備えて経過観察等が必要と判断されたため池」が1か所確認されました。(資料1

   なお、この1か所は昨年度より引き続き経過観察を行っているため池で、今後、改修工事を行うこととしています。

 【点検結果(熊本市)】

 【点検結果(熊本市)】

5 具体的な対応状況

経過観察等が必要と判断した農業用ため池1か所については、その状況に応じて、以下の対応を行っています。

 (1) 昨年度(2018年度)時点での対応状況

    平成29年(2017年)に取水施設周囲から漏水が確認されたことと、堤体の法面崩壊等が生じたため、以下の応急対策を行いました。

 (1) ブルーシートによる被災箇所(法面崩壊箇所)の保護

 (2)堤体等の安全性を確保するための水位低下と低水位管理

 (3)土のう設置による漏水箇所の応急措置と拡大防止

 

 (2)現在の対応状況

被災箇所の巡視(毎月1回、経過観察を実施)

 

 (3) その他

   老朽化の進行により漏水等の事態に至っていることから、今後、改修工事を行うこととしています。

 

このページに関する
お問い合わせは
農水局 農政部 農地整備課
電話:096-328-2953096-328-2953
ファックス:096-351-2030
メール nouchiseibi@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:24430)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved