熊本市ホームページトップへ

ガソリンの容器への詰め替え販売について

最終更新日:2019年8月9日
消防局 予防部 指導課TEL:096-363-2249096-363-2249 FAX:096-363-9622 メール shouboushidou@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

 令和元年7月18日、京都府京都市伏見区で尊い命が犠牲となる火災が発生しました。詳細については現在調査が進められていますが、ガソリンをまいて火をつけたとの情報があるところです。このことから、ガソリンスタンドなどにおいて、ガソリンを容器へ詰め替え販売する場合の消防法令遵守の徹底と、購入される方への身分証の確認や使用目的の問いかけなど、同様の事案の未然防止へのご協力をお願いします。

1.ガソリンを取り扱うときの注意事項

 ガソリンは、灯油よりも揮発性が高く、火災や爆発事故が発生する恐れが高いため、灯油用ポリ容器に入れることは非常に危険です。ガソリンを詰め替える際は、必ずガソリン用携行缶を使用し、容器に貼られている注意事項に従って取り扱ってください。

 また、ガソリンの容器への詰め替えは、セルフスタンドであっても、従業員以外の方が行うことはできません。

 

 ◎ガソリン用携行缶の注意事項の例

  ・周囲の安全を確認して取り扱うこと

  ・フタを開ける前にエンジンを停止し、エア抜きをすること

  ・高温の場所禁止 

2.ガソリンを購入される方へ

 ガソリンの適正な使用の徹底のために、ガソリンスタンドなどの販売店に対して、ガソリンを携行缶で購入される方の、

  (1) 身分証の確認

  (2) 使用目的の問いかけ

を行うよう呼び掛けています。皆様のご理解とご協力をお願いします。  

  

3.ガソリンスタンドなどの事業者の皆様へ

 ガソリンの容器への詰め替え販売を行う場合は、消防法令に適合した容器かどうかを確認していただき、購入される方に対して、

  (1) 身分証の確認

  (2) 使用目的の問いかけ

  (3) 販売記録の作成

を行うようご協力お願いします。

 また、同様の火災を未然に防止するため、不審者発見時の警察機関への通報等についてもお願いします。

4.その他

PDF ガソリンスタンド事業者の皆様へ 新しいウィンドウで(PDF:316.9キロバイト)


 

このページに関する
お問い合わせは
消防局 予防部 指導課
電話:096-363-2249096-363-2249
ファックス:096-363-9622
メール shouboushidou@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:25055)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved