熊本市ホームページトップへ

障がい者サポーター研修会「視覚障がいアスリートからみた東京2020パラリンピック」を開催します。

最終更新日:2019年11月8日
健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課TEL:096-328-2519096-328-2519 FAX:096-325-2358 メール shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
 12月3日から12月9日は障害者週間です。

概要

 
ポスター

 

 障がい者サポーター研修会「視覚障がいアスリートからみた 東京パラインピック」を開催します。

 リオ2016パラリンピック」出場のパラトライアスロン日本代表の円尾敦子さんによる講演会です。入場無料、どなたでも参加いただけます。

 東京五輪・パラリンピックを来年に控えた今、ぜひプロ選手の生の声を聞いてみませんか?

 

日時

令和元年(2019年)12月1日(日)

13時30分~受付開始  14時~17時(終了予定)

場所(会場)

ウェルパルくまもと 1階大会議室

熊本市中央区大江5丁目1-1(熊本市電 交通局前 下車1分)

内容

<第1部>(90分)

講演「視覚障がいアスリートからみた東京2020パラリンピック」

講師:円尾敦子さん( パラトライアスロン/リオデジャネイロパラリンピック日本代表)

 

<第2部>(60分)

障がい者サポーター研修会 ※サポーター登録済みの方は受講不要です。

対象

どなたでも(先着100名)

※すでに障がい者サポーターにご登録されている方も対象です。

申込み

令和元年(2019年)11月11日(月) 申込受付開始(先着順)

電話・FAX・インターネットで

熊本市コールセンター ひごまるコール新しいウインドウで(外部リンク)

 TEL 096‐334-1500(年中無休8時00分~20時00分)

 FAX 096‐370-2002

 

チラシ・パンフレットなど

障がい者サポーターってどんなことをするの?

日常生活の中で、自分のできることからちょっとずつはじめてください。

まずは知ることから。「障がい」や「障がい者」をもっと知りましょう。

「障がい」は様々です。外見からはわかりづらいものもあり、症状や程度によって必要なサポートは違います。まずは“障がい”について正しく知るところからはじめましょう。

 

勇気を出して声をかけてみましょう。

横断歩道で視覚障がいのある人が困っている様子・・・。こんな場面に出会ったら、勇気を出して「お手伝いしましょうか?」と声をかけてみませんか?

 

あなたのほんの少しの勇気と一声を。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

障がい者サポーター制度について新しいウインドウで

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課
電話:096-328-2519096-328-2519
ファックス:096-325-2358
メール shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:25726)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved