総合トップへ
ホーム   >  分類から探す   >  健康・福祉・子育て   >  健康・医療   >  感染症の情報・手続き   >  感染症の発生情報   >  海外へ渡航される方へ気をつけてほしい感染症情報
ホーム   >  組織から探す   >  健康福祉局   >  保健衛生部   >  感染症対策課   >  海外へ渡航される方へ気をつけてほしい感染症情報

海外へ渡航される方へ気をつけてほしい感染症情報

最終更新日:2018年12月21日
健康福祉局 保健衛生部 感染症対策課TEL:096-364-3189096-364-3189 FAX:096-371-5172 メール kansenshoutaisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
  •  海外では、現在、国内に発生がない感染症も多く発生しています。
また、近年、海外渡航先で感染症にかかり、国内で発症する例やそこから感染症が広がる例が報告されています。
 
海外に渡航される方は、出発前に旅行プランに合わせ、渡航先での感染症の発生状況に関する情報を入手し、虫除けをする、
生ものや生水を摂取しない、野生動物との接触を控えるなどの適切な感染予防に心がけましょう。
 

海外へ渡航される方へ

海外に渡航される際に、注意してほしい感染症や予防対策について情報提供いたします。

1 出発前に確認しましょう 
 海外渡航者のための感染症や予防接種に関する情報は、以下をご参考ください。
(地域別の流行状況、海外で特に注意すべき感染症、予防法など)
■厚生労働省検疫所ホームページ
 ■ 厚生労働省検疫所 FORTH(フォース) (外部リンク)

海外へ渡航される方へ

プリンターHP用 PDF H30.7海外へ渡航される方へ注意してほしい感染症(熊本市チラシPDF) 新しいウィンドウで(PDF:1.08メガバイト)

 

2 旅行中に注意すべきこと
 海外では、日本にはない病気もたくさんあります。海外旅行では、時差や気候の違いなどからさまざまなストレスを受けます。
その結果、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなってしまいます。

無理のないスケジュールを心がけ、避けられる危険を避け、楽しい旅行にしましょう。

・生水、氷、カットフルーツには、注意しましょう。

・食事は、十分火の通った信頼できるものを食べましょう。

・蚊、ダニに刺されないように、服装に注意し、必要があれば虫除け剤を使い対策しましょう。(デング熱・ジカ熱などは、

  蚊に刺されることで感染します。)

・動物は、狂犬病、MERS(ラクダ)、鳥インフルエンザなどのウイルスを持っていることがあるので、むやみに触らないようにしましょう。

・海外で麻しん(はしか)にかかる人が増えています。日本では、麻しんは排除状態ですが、国外では感染することがあり注意が必要です。

 

3 帰国時・帰国後に具合が悪くなったら

・帰国時に発熱や下痢などの症状のある方は、空港の検疫所に相談してください。

・帰国後に症状が出た方は、医療機関を受診の前に電話で渡航歴を必ず伝えた後、受診して下さい。

 

 

海外で注意して欲しい感染症

海外で注意して欲しい感染症

(ID:4572)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
ホーム   >  組織から探す   >  健康福祉局   >  保健衛生部   >  感染症対策課   >  海外へ渡航される方へ気をつけてほしい感染症情報
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved