総合トップへ
ホーム   >  分類から探す   >  学び・観光・スポーツ   >  歴史・文化・芸術・教養   >  文化財   >  熊本城調査研究センター【12月7日更新】
ホーム   >  分類から探す   >  行政情報   >  会議・議事録・公聴会・選挙   >  会議・議事録   >  熊本城調査研究センター【12月7日更新】
ホーム   >  組織から探す   >  経済観光局   >  熊本城総合事務所   >  熊本城調査研究センター   >  熊本城調査研究センター【12月7日更新】
ホーム   >  申請書検索   >  全ての申請書   >  熊本城調査研究センター【12月7日更新】

熊本城調査研究センター【12月7日更新】

最終更新日:2018年12月7日
経済観光局 熊本城総合事務所 熊本城調査研究センターTEL:096-355-2327096-355-2327 FAX:096-355-2346 メール kumamotojotyousakenkyu@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
  

新着情報

  11月30日   【定期講座「熊本城学」】を更新しました。

  12月  4日   【保存活用委員会議事録(要旨)】を更新しました。

所長からのご挨拶

    

所長写真

 

 熊本城は、世界的にも高く評価される城です。壮大な城郭の構成、高く築かれた見事な石垣、雄偉な建築群。これらの遺構と歴史を先学に継いで調査研究すれば、素晴しい全貌が浮び上がるはずです。平成28年の熊本地震により大きな被害を受けましたが、多くの方々の篤いご支援を得て、復旧に向かいはじめました。
 崩れて散った部材を丁寧に拾い、熊本城の旧状を再確認して資料とし、壊れた状況を把握して科学的な分析に供し、価値を損なわない復旧に役立てます。保存活用をはかり、将来の世代に、世界に、特別史跡熊本城跡の素晴しさを伝えたいものです。
 また、熊本城は、多くの方々の熱意で進められた整備の先駆例です。熊本地震からの復興の象徴として、まず、天守の復旧にかかることになっています。

 

 熊本城調査研究センターでは引き続き、熊本城跡の価値を明らかにし、次世代へと継承していくために、保存・整備の資料や文献・絵図を集積し調査、研究を行うとともに、熊本城への理解を深めていただけるよう、調査研究成果について広く情報発信に努めてまいります。 

 

 平成29年2月

 熊本城調査研究センター所長  渡辺 勝彦

 

 

 

天守閣
 

熊本城調査研究センターの事業目的

 熊本市には多くの歴史的文化遺産や伝統文化が継承されている。その中核となる熊本城について、学術的価値や特徴などを明らかにするとともに、その調査研究成果を広く情報発信することにより、特別史跡熊本城跡への理解を深め、市民一体となって適切な保存を図り次世代へと継承する。 

熊本城調査研究センターの事業内容

  1. 石垣等の遺構、重要文化財建造物、発掘調査により出土した遺物資料、文献・絵図資料、伝統技術資料等の総合的な研究 
  2. 文献・絵図資料等の基礎的調査と資料の収集、整理
  3. 熊本城に関する調査研究論文等の収集、整理
  4. 過去に実施した発掘調査・整備事業の整理と再評価
  5. 調査研究成果について広く情報発信

職員の構成

平成30年度組織図

平成30年5月1日現在                               

 

 特別史跡熊本城跡保存活用委員会

熊本市では、今後の熊本城の保存と活用のあり方について、文化財保護、熊本城の魅力づくり、更には地域の活性化などの観点から、幅広く総合的に検討するため、特別史跡熊本城跡保存活用委員会を設置しております。

 

〈平成30年度第1回計画部会会議録(要旨) 平成30年10月19日開催〉

    • PDF 会議録 新しいウィンドウで(PDF:380.1キロバイト)
  • PDF 次第 新しいウィンドウで(PDF:65.5キロバイト)

 

 

 

 

 

 

平成26年度

平成25年度

  • 〈平成25年度第2回委員会会議録(要旨)平成26年3月26日開催〉

  • PDF 会議録(要旨) 新しいウィンドウで(PDF:256.3キロバイト)

PDF 資料1(H25委員会・部会開催実績) 新しいウィンドウで(PDF:124.7キロバイト)

 

 

〈平成25年度第1回委員会会議録(要旨)平成25年11月27日開催〉

PDF 会議録(要旨) 新しいウィンドウで(PDF:162.9キロバイト)

平成24年度

〈平成24年度第2回委員会会議録(要旨)平成25年3月28日開催〉

PDF 会議録(要旨) 新しいウィンドウで(PDF:277.5キロバイト)

 平成23年度

  • 〈平成23年度第2回委員会会議録(要旨)平成24年3月28日開催〉

  • PDF 会議録(要旨) 新しいウィンドウで(PDF:361.3キロバイト)
  •  

    〈平成23年度第1回委員会会議録(要旨)平成23年8月17日開催〉

    PDF 会議録(要旨) 新しいウィンドウで(PDF:405.2キロバイト)

平成22年度

  • 〈平成22年度第2回委員会会議録(要旨)平成23年3月23日開催〉

  • PDF 会議録(要旨) 新しいウィンドウで(PDF:232.5キロバイト)

 

  • 〈平成22年度第1回委員会会議録(要旨)平成22年8月3日開催〉

  • PDF 会議録(要旨) 新しいウィンドウで(PDF:252.8キロバイト)

平成21年度

  • 〈平成21年度第2回委員会会議録(要旨)平成22年2月22日開催〉

  • PDF 会議録(要旨) 新しいウィンドウで(PDF:35.4キロバイト)
 

特別史跡熊本城跡 平成28年熊本地震被害調査報告書

全編

PDF 表紙、図版、目次 新しいウィンドウで(PDF:1.5メガバイト)

PDF 第1章 熊本城の概要 新しいウィンドウで(PDF:1.77メガバイト)

  • PDF 奥付 新しいウィンドウで(PDF:497.4キロバイト)

 

熊本城~復興に向けて~平成30年度秋冬

平成30年度上半期の復旧進捗状況をまとめ、パンフレットとして刊行いたしました。

熊本城~復興に向けて~平成30年度秋冬

PDF 熊本城~復興に向けて~平成30年度秋冬(1) 新しいウィンドウで(PDF:1.16メガバイト)

 

熊本城調査研究センター年報4 平成29年度

平成29年度の熊本城調査研究センターの事業概要を、年報として刊行いたしました。

熊本城調査研究センター年報4 平成29年度

PDF 熊本城調査研究センター年報4 平成29年度(1/2) 新しいウィンドウで(PDF:27.14メガバイト)

PDF 熊本城調査研究センター年報4 平成29年度(2/2) 新しいウィンドウで(PDF:11.59メガバイト)

 

熊本城~復興に向けて~平成30年春夏

平成29年度下半期の復旧進捗状況をまとめ、パンフレットとして刊行いたしました。

熊本城~復興に向けて~平成30年春夏

 

特別史跡熊本城跡総括報告書 整備事業編

 全編

 

熊本城~復興に向けて~平成29年秋

熊本城の地震被災状況とこれまでの経過を、パンフレットとして刊行いたしました。

 熊本城~復興に向けて~平成29年秋

 PDF 熊本城~復興に向けて~平成29年秋(1) 新しいウィンドウで(PDF:1.3メガバイト)

 

熊本城調査研究センター年報3 平成28年度

平成28年度の熊本城調査研究センターの事業概要を、年報として刊行いたしました。

熊本城調査研究センター年報3 平成28年度

 

熊本城跡発掘調査報告書4-熊本博物館増改築工事に伴う三の丸地区の発掘調査ー

全編

PDF 表紙、序文、目次 新しいウィンドウで(PDF:1.53メガバイト)

 

熊本城~復興に向けて~平成29年春

熊本城の地震被災状況と平成28年度の経過を、パンフレットとして刊行いたしました。

熊本城~復興に向けて~平成29年春

PDF 熊本城~復興に向けて~平成29年春(1) 新しいウィンドウで(PDF:1.79メガバイト)

  

熊本城調査研究センター年報2 平成27年度

平成27年度の熊本城調査研究センターの事業概要を、年報として刊行いたしました。

熊本城調査研究センター年報2 平成27年度

 

    熊本城跡発掘調査報告書3-石垣修理工事と工事に伴う調査-

熊本城跡発掘調査報告書2―本丸御殿の調査-

第1分冊

 

 

第2分冊

PDF 表紙、目次 新しいウィンドウで(PDF:1.15メガバイト)
PDF 第5章 調査の成果2遺物(1/5) 新しいウィンドウで(PDF:18.95メガバイト)

 

 

第3分冊

PDF 表紙、目次 新しいウィンドウで(PDF:852.2キロバイト)

  

  • 熊本城調査研究センター年報1 平成25・26年度 

  平成25・26年度の熊本城調査研究センターの事業概要を、年報として刊行いたしました。 

熊本城調査研究センター年報1 平成25・26年度

 PDF 熊本城調査研究センター年報1 平成25・26年度 新しいウィンドウで(PDF:8.8メガバイト)

 *本書に掲載している「御城内御絵図」は現在整理中のため、閲覧には対応しておりません。

熊本城跡発掘調査報告書1-飯田丸の調査- 2014年11月

  熊本城調査研究センターとしての最初の出版物を刊行いたしました。

概要版

 PDF 概要版 新しいウィンドウで(PDF:625.2キロバイト)

全編

 

 


 平成29年度の発掘調査で出土した遺物を「わくわく座」で展示しています

熊本城調査研究センターでは、熊本城の復旧に伴って城内各所で発掘調査を行っています。

そのうち、大小天守台石垣から出土した瓦や長塀周辺から出土した銃弾などを、熊本城ミュージアムわくわく座2階で展示しています。飯田丸の仮設見学通路の調査で発見した板碑の拓本と説明パネルも展示しています。

 

わくわく座展示風景

熊本城復興体験企画ー子ども石垣調査隊を開催しました

 熊本城復興体験企画として、平成30年3月25日(日)に「子ども石垣調査隊」を二の丸催し広場で開催し、石垣石材の計測や照合体験を行いました。

 

「子ども石垣調査隊」風景

「子ども石垣調査隊」風景 「子ども石垣調査隊」風景
 

 

大天守石垣上面の発掘調査で出土した遺物を湧々座で展示しています

地震で被害を受けた天守の石垣を修復するため、発掘調査を行ないました。調査では焼けた瓦や、焼けて固まった土・用途が分からない「謎の壺」が出土し、湧々座で現在展示しています。

遺物展示状況

北十八間櫓の崩落石垣の回収作業が終了しました

平成28年12月14日より平成29年3月23日まで、崩落した石垣石材の回収作業を行ないました。回収した石材は約800個で、二の丸の催し広場に保管しています。石材とともに、倒壊した北十八間櫓の部材も回収し、西出丸に保管しています。

北十八間櫓工事前工事前

北十八間櫓工事中工事中

北十八間櫓工事後工事後

東十八間櫓の崩落石垣の回収作業が終了しました

平成28年7月19日より倒壊した東十八間櫓の部材の回収に着手しました。その後、崩落した石垣石材の回収を行ない、平成29年2月20日に作業が終了しました。回収した石垣の石材は1900個程度で、二の丸の催し広場に保管しています。

東十八間櫓工事前工事前

東十八間櫓工事中工事中

東十八間櫓工事後工事後

山崎口周辺の崩落石垣の回収作業が終了しました

平成29年1月6日から2月8日まで、山崎口周辺(櫨方門料金所手前)で崩落した石垣の石材の回収作業を行ないました。この場所は「枡形」と呼ばれた出入り口の石垣です。回収した石垣の石材は200個程度で、薬研堀に仮置きしています。

山崎口周辺工事前工事前
山崎口周辺工事中工事中

山崎口周辺工事後工事後

加藤神社の崩落石垣の回収作業が終了しました

平成28年12月1日から27日まで、加藤神社境内に崩落した北大手門櫓台石垣の石材回収作業を行いました。6面の石垣が崩落しており、約300個の石材を回収しました。安全対策として、崩落面には防草シートを敷き詰め、ネットで石垣の崩落を防いでいます。
加藤神社工事前工事前
加藤神社工事中工事中
加藤神社工事後工事後

頬当御門周辺の崩落石垣の回収作業が終了しました

平成28年9月8日から12月8日まで、頬当御門周辺で崩落した石垣の回収作業を行いました。
本震後に向かい合う6面すべての石垣が崩落しました。回収した石垣の石材は1900個程度で、奉行丸に仮置きしています。石材とともに、倒壊した宇土櫓続櫓の部材の一部も回収しました。
頬当御門周辺工事前工事前
頬当御門周辺工事中工事中
頬当御門周辺工事後工事後 

百間石垣の崩落石垣の回収作業が終了しました

百間石垣では地震により3箇所が崩落しました。そのうち2箇所が市道をふさいだため、通行止めになりました。緊急工事で石垣石材回収工事を行い、平成28年8月1日より通行できるようになりました。

 

百間石垣工事前工事前
百間石垣工事後工事後
ファイル 百間石垣石材回収過程 新しいウィンドウで(ファイル:14.68メガバイト)

 工事の過程をスライドショーで見ることができます(クリックすると動画が開きます) 

 


石垣復旧の主な手順
石垣復旧手順1
石垣復旧手順2
石垣復旧手順3
石垣復旧手順4
石垣復旧手順5

  • 7月22日より「人形の線刻の石垣」を展示しています

 平成28年7月22日(金)より、桜の馬場城彩苑湧々座の特別展示として、熊本城から出土した人形(ひとがた)の線刻の石垣を展示しています。
    【場所】桜の馬場城彩苑湧々座
 人形の線刻石垣

熊本城の被害状況に関するパネル展示をしています

 平成28年熊本地震による熊本城の被害について、パネル展示を実施しています。
   【場所】熊本市役所14階ロビー(熊本城側)
       桜の馬場城彩苑湧々座

市役所14階展示状況

 城彩苑展示風景
 
 

【次回予告】第26回「彦根城と熊本城-慶長の築城ラッシュ-」

【日時】 平成30年12月15日(土)10:00~11:30
 
【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
 
【内容】 「彦根城と熊本城-慶長の築城ラッシュ-」
               講演者 熊本城調査研究センター 文化財保護主任主事(彦根市派遣)  下高大輔 
 

第25回「熊本城と近代化」

【日時】 平成30年11月17日(土)10:00~11:30
 
【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
 
【内容】 「熊本城と近代化」
               講演者 熊本城調査研究センター 文化財保護主事  佐藤理恵 
            PDF 配布資料「熊本城と近代化」 新しいウィンドウで(PDF:179.8キロバイト
 
【参加人数】68人
  • 第25回「熊本城学」風景
    • 第24回「鹿児島(鶴丸)城の構造と熊本城 ~最新の発掘調査成果から~」

      【日時】 平成30年10月20日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「鹿児島(鶴丸)城の構造と熊本城~最新の発掘調査成果から~」
                     講演者 熊本県文化財課 主任主事(鹿児島県派遣)  西野元勝 
         PDF 配布資料「鹿児島城の構造と熊本城」 新しいウィンドウで(PDF:1.12メガバイト)
       
      【参加人数】83人
      第24回定期講座「熊本城学」風景
       
       

      第23回「安土城から熊本城へー近世城郭のルーツをさぐるー」

      【日時】 平成30年9月15日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「安土城から熊本城へー近世城郭のルーツをさぐるー」
                     講演者 熊本城調査研究センター 文化財保護参事(滋賀県派遣)  岩橋隆浩 
       
      【参加人数】112人
      第23回定期講座「熊本城学」風景
       

      第22回「加藤時代の建物移設と瓦移動ー古城から新城へ、支城から本城へー」

      【日時】 平成30年8月18日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  国際交流会館4階第3会議室
       
      【内容】 「加藤時代の建物移設と瓦移動ー古城から新城へ、支城から本城へー」
                     講演者 熊本城調査研究センター 文化財保護主幹  美濃口紀子 
           PDF 配布資料「加藤時代の建物移設と瓦移動」 新しいウィンドウで(PDF:2.07メガバイト)
       
      【参加人数】76人
      第22回定期講座「熊本城学」風景
       

      第21回「地震による石垣崩落状況の分析」

       【日時】 平成30年7月14日(土)10:00~11:30
    •  
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「地震による石垣崩落状況の分析」
                     講演者 熊本城調査研究センター 文化財保護主事  嘉村哲也              

      第20回「お城の基礎知識2」

      【日時】 平成30年6月16日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「お城の基礎知識2」
                     講演者 熊本城調査研究センター 文化財保護参事  山下宗親
           PDF 配布資料「お城の基礎知識2」 新しいウィンドウで(PDF:724.5キロバイト)
       
      【参加人数】 84人
       第20回定期講座「熊本城学」風景
       

      第19回「熊本城と金峰山」

      【日時】 平成30年5月19日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「熊本城と金峰山」
                     講演者 熊本城調査研究センター 主査  金田一精
                     PDF 配布資料「熊本城と金峰山」 新しいウィンドウで(PDF:976.4キロバイト)
       
      【参加人数】 98人
      第19回 定期講座「熊本城学」風景

      第18回「熊本城天守の模型を読み解く」

      【日時】 平成30年4月21日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「熊本城天守の模型を読み解く」
                     講演者 熊本城調査研究センター所長 渡辺勝彦

       

      【参加人数】80人

      第18回「熊本城学」風景

      第17回「熊本城と丸亀城の城下の瓦」

      【日時】 平成30年3月17日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  国際交流会館4階第3会議室
       
      【内容】 「熊本城と丸亀城の城下の瓦」
                     講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主事(香川県派遣) 真鍋貴匡 

      【参加人数】75人
      第17回「熊本城学」風景

      第16回「国宝松本城と熊本城」

      【日時】 平成30年2月24日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「国宝松本城と熊本城」
                     講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主事(長野県松本市派遣) 原田健司 

      【参加人数】109人
      第16回「熊本城学」風景

      第15回「熊本城修復史」

      【日時】 平成30年1月20日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「熊本城修復史」
                     講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主事  木下泰葉 

       【参加人数】86人
      第15回「熊本城学」風景

      第14回「熊本城の天守」

      【日時】 平成29年12月16日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「熊本城の天守」
                     講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主幹  鶴嶋俊彦

       
      【参加人数】70名
      第14回「熊本城学」風景

      第13回「熊本城と明治維新」

      【日時】 平成29年11月18日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「熊本城と明治維新」
                     講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主事  佐藤 理恵

      【参加人数】69名
      第13回「熊本城学」風景

       第12回「近江から熊本城へ~石垣の始まりと広がり~」       

      【日時】 平成29年10月21日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「近江から熊本城へ~石垣の始まりと広がり~」
                     講演者 熊本城調査研究センター文化財保護参事(滋賀県派遣) 北原 治
                     PDF 配布資料「近江から熊本城へ~石垣の始まりと広がり~」 新しいウィンドウで(PDF:286.3キロバイト)
       
      【参加人数】80名
      第12回「熊本城学」風景

       第11回「熊本城石垣の特徴と見方」

      【日時】 平成29年9月16日(土)10:00~11:30
       
      【場所】  桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「熊本城石垣の特徴と見方」
                     講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主任主事(宮城県仙台市派遣) 関根 章義
           PDF 配布資料「熊本城石垣の特徴と見方」 新しいウィンドウで(PDF:1.46メガバイト)
       
      【参加人数】61名
      第11回「熊本城学」風景
    •  

      第10回「文禄・慶長の役と熊本城出土瓦」

      【日時】 平成29年8月19日(土)10:00~11:30
       
      【場所】 国際交流会館4階第3会議室
       
      【内容】 「文禄・慶長の役と熊本城出土瓦」
                     講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主幹兼主査 美濃口 紀子   

       第9回「中世石造物が語る熊本城築城前のすがた」

      【日時】 平成29年7月15日(土)10:00~11:30
       
      【場所】 桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「中世石造物が語る熊本城築城前のすがた」
                     講演者 文化振興課文化財保護主幹兼主査 美濃口 雅朗

       

      【参加人数】75名

      • 第9回「熊本城学」風景

      第8回「石垣の積み方ー石材の回収工事からみえてきたことー」

      【日時】 平成29年6月17日(土)10:00~11:30
       
      【場所】 桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「石垣の積み方ー石材の回収工事からみえてきたことー」
                     講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主事 嘉村 哲也
      【参加人数】 94名
      第8回「熊本城学」風景

      第7回「城の基礎知識1」

      【日時】 平成29年5月20日(土)10:00~11:30
       
      【場所】 桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「城の基礎知識1」
           講演者 熊本城調査研究センター文化財保護参事 山下 宗親   
      【参加人数】 91名
      第7回「熊本城学」風景

      第6回「被災一年の経過と復旧方針」

      【日時】 平成29年4月22日(土)10:00~11:30
       
      【場所】 桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「被災一年の経過と復旧方針」
           講演者 熊本城調査研究センター副所長 網田 龍生
            PDF 配布資料「被災後1年の進捗と復旧の方針」 新しいウィンドウで(PDF:519.4キロバイト)

      【参加人数】 82名
      第6回「熊本城学」風景

      第5回「本丸御殿の発掘調査」

      【日時】 平成29年3月18日(土)10:00~11:30

       

      【場所】 桜の馬場城彩苑2階多目的交流室

       

      【内容】 「本丸御殿の発掘調査」
           講演者 熊本城調査研究センター主査 金田 一精

      【参加人数】 56名
      第5回「熊本城学」風景

      第4回「書状にみる熊本城築城」

      【日時】 平成29年2月18日(土)10:00~11:30

       

      【場所】 桜の馬場城彩苑2階多目的交流室

       

      【内容】 「書状にみる熊本城築城」
           講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主事 木下 泰葉

           PDF 配布資料「書状にみる熊本城築城」 新しいウィンドウで(PDF:192.5キロバイト)

       

      【参加人数】 63名
      第4回熊本城学風景

      第3回「出土品が語る熊本城本丸御殿」

      【日時】 平成29年1月21日(土)10:00~11:30
       
      【場所】 桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
       
      【内容】 「出土品が語る熊本城本丸御殿」
           講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主幹 美濃口 雅朗
           PDF 配布資料「出土品が語る熊本城本丸御殿」 新しいウィンドウで(PDF:881.7キロバイト)
       
      【参加人数】 53名
      第3回熊本城学風景

      第2回「熊本城の防衛術」

      【日時】 平成28年12月17日(土)10:00~11:30
       
      【場所】 桜の馬場城彩苑2階多目的交流室
      【内容】 「熊本城の防衛術」
           講演者 熊本城調査研究センター文化財保護主幹 鶴嶋 俊彦
           PDF 配布資料「熊本城の防衛術」 新しいウィンドウで(PDF:1.48メガバイト)
       
      【参加人数】 64名
      第2回熊本城学風景

      第1回「熊本城の重要文化財建造物」

      【日時】 平成28年11月19日(土)10:00~11:30

       

      【場所】 桜の馬場城彩苑2階多目的交流室

       

      【内容】 「熊本城の重要文化財建造物」

           講演者 熊本城調査研究センター所長 渡辺 勝彦

      【参加人数】 63名

       第1回熊本城学風景

      平成28年度講演会等一覧

       熊本城調査研究センター主催、または市民・団体などからの講師派遣依頼に対応したものです。

       そのほとんどが、「熊本城と大地震」等、熊本地震の被害・復旧に関する内容のものでした。

       

       ・パネル展示(データ提供含む)                      5件 

       ・遺物展示                                3件

       ・シンポジウム(パネリスト)            3件

       ・講演・講座(フォーラム、事例報告等も含む)  77件 

       ・寄稿                     10件

       ・現地説明(レクチャー含む)          11件 

       

       PDF 平成28年度講演会等一覧 新しいウィンドウで(PDF:211.5キロバイト)

      平成27年度講演会等一覧

       

      講師

      講演名

      種別

      場所

      実施日

      鶴嶋 俊彦

      清正の城 行長の城

      西南の役記念講演

      市民会館崇城大学ホール大会議室

      平成27

      425()

      木下 泰葉

      加藤清正の生涯―手紙にみる清正と熊本城―

      出前講座

      龍田公民館B会議室

      529()

      古賀 丈晴

      田代 純一

      伝統工法での復元について

      戸畑工業高校熊本城見学会

      馬具櫓

      619(金)

      鶴嶋 俊彦

      "ここが凄い"熊本城 特別史跡熊本城跡の見所伝授

      湧々座特別講演会「くまもと講座」

      湧々座2階ものがたり御殿

      620()

      美濃口雅朗

      西南戦争の舞台 熊本城

      湧々座特別講演会関連展示ギャラリートーク

      湧々座エントランス

      620(土)

      金田 一精

      本丸御殿の発掘調査

      出前講座

      東本願寺真宗大谷派熊本教務所

      621()

      鶴嶋 俊彦

      熊本城石垣の特徴

      出前講座

      三の丸第二駐車場

      74(土)

      美濃口雅朗

      熊本城下町の歴史―出土陶磁器からみた城下町のくらし―

      塚原歴史民俗資料館講座

      塚原歴史民俗資料館

      75()

      鶴嶋 俊彦

      熊本城と四方寄町の歴史

      出前講座

      四方寄町馬出公民館

      79(木)

      古賀 丈晴

      熊本城復元整備とまちづくり

      出前講座

      花畑町太陽生命熊本第2ビル

      724()

      美濃口雅朗

      九州における近世大名墓の成立

      出前講座

      市民会館崇城大学ホール会議室

      821(金)

      鶴嶋 俊彦

      熊本城と治水

      出前講座

      中央公民館

      916()

      鶴嶋 俊彦

      近代戦争に勝利した熊本城

      西南戦争歴史講座

      植木文化センター

      927(日)

      美濃口雅朗

      陶磁器からみた西南戦争

      出前講座

      五福まちづくり交流センター

      1017()

      美濃口雅朗

      陶磁器が語る相良清兵衛・内蔵助

      依頼

      人吉城歴史館

      1025(日)

      鶴嶋 俊彦

      池田一丁目の歴史(街道・京町構え・出町・歴史遺産)

      出前講座

      池田公民館

      1025()

      鶴嶋 俊彦

      城跡から考える球磨の中世史

      文化財保護協会第5回文化財研修会

      相良村公民館

      1028(水)

      鶴嶋 俊彦

      熊本城の築城

      出前講座

      KKRホテル

      1120()

      鶴嶋 俊彦

      熊本城と支城

      歴史文書資料室歴史講座

      市役所6階会議室

      1124(火)

      美濃口雅朗

      史跡妙解寺・泰勝寺墓所―細川大名家墓所が語る歴史

      湧々座特別講演会「くまもと講座」

      湧々座2階ものがたり御殿

      125()

      金田 一精

      屋根瓦が語る熊本城の歴史

      湧々座特別講演会関連展示ギャラリートーク

      湧々座エントランス

      125(土)

      美濃口雅朗

      相良頼景館跡出土の陶磁器

      多良木町埋蔵文化財等センター講座

      多良木町埋蔵文化財等センター

      1213()

      鶴嶋 俊彦

      熊本城のセキュリティ

      コンピューターセキュリティー学会特別講演

      ホテル熊本ニュースカイ

      平成28

      121(木)

      鶴嶋 俊彦

      熊本城の歴史 現地見学

      出前講座 

      本丸付近

      128()

      古賀 丈晴

      田代 純一

      熊本城の重要文化財及び復元建造物について

      文化財ヘリテージマネージャー講座

      本丸御殿ほか

      220(土)

      美濃口雅朗

      石造文化財からみた寛政津波―悉皆調査の視点と意義―

      熊本県市町村文化財担当者連絡協議会平成27年度研修会

      宇土市教育委員会

      225()

      木下 泰葉

      古文書からみる熊本城

      文化財保護協会第10回文化財研修会

      城彩苑多目的室

      316(水)

      木下 泰葉

      熊本城前史

      出前講座

      龍田公民館B会議室

      318()

      鶴嶋 俊彦

      熊本城と城下の歴史 

      出前講座

      公民館

      323(水)

       


       

      出前講座(熊本城関連)申込書

      熊本城に関する出前講座をご希望の方は、申込書をご記入のうえ、ご提出ください。

      申込先

       熊本城調査研究センター

      〒860-8601 熊本市中央区手取本町1-1 (マスミューチュアルビル3階)

      FAX 096-355-2346

      E-mail kumamotojotyousakenkyu@city.kumamoto.lg.jp

       

       



       

       

      ダウンロード 出前講座申込書(熊本城関連)( ワード ワード:22.8キロバイト)
      ダウンロード 出前講座申込書(熊本城関連)( PDF PDF:77.8キロバイト)

      熊本城で自由研究!

       夏休みの自由研究で熊本城を調べてみませんか。
       熊本城に関すること、平成28年(2016)熊本地震の被害、Q&A、フリー素材の写真、パンフレットを掲載しています。 
        

      熊本城について

       

      熊本城の歴史

       

       和暦

      西暦 

      内容 

       慶長12年 1607 加藤清正により熊本城が完成する。
       慶長16年 1611 加藤清正が死去し、加藤忠広が二代藩主(はんしゅ)となる。
       寛永9年 1632 加藤家にかわって、細川忠利が熊本城に入る。
       明治4年1871 廃藩置県によって熊本縣(けん)となる。 

       明治6年

       1873 熊本城二の丸に軍施設がつくられはじめる。
       明治10年 1877 熊本城天守・本丸御殿が焼失する。直後に西南戦争がはじまる。
       明治22年 1889 金峰山地震により、石垣が42か所がくずれ、20か所がふくらみ、7か所にがけくずれが起こる。
       昭和35年 1960 鉄筋コンクリート造で大小天守が再建される。

       

       

      熊本城の基礎情報

      ・建造物

       重要文化財13棟(宇土櫓、田子櫓、七間櫓、十四間櫓、四間櫓、源之進櫓、東十八間櫓、北十八間櫓、五間櫓、不開門、平櫓、監物櫓、長塀)
       復元建造物20棟(飯田丸五階櫓、本丸御殿、戌亥櫓、未申櫓、西大手門、馬具櫓など)

      ・石垣(973面、約79,000平方メートル)
      ・旧城域 約98ha(うち特別史跡約51.2ha)

      ・形式 平山城

      ・天守 大天守3層6階地下1階、小天守3層4階地下1階

         (昭和35年に鉄筋コンクリート造で再建、熊本地震の被害により工事中)

       

       

      これまでの災害と平成28年熊本地震での被害

       

      熊本城の災害年表(大雨・地震)

       

      和暦

      西暦 

      内容 

       寛永2年

       1625

       地震で石垣や天守が被害を受ける。
       寛永10年 1631 地震と大雨が発生する。熊本城東の石垣がくずれる。
       寛永17年 1640 大雨のため石垣が破損する。
       寛永21年 1644 大雨洪水のため、石垣・土手・塀・櫓(やぐら)などが破損する。
       慶安2年 1649 大雨のため石垣が破損する。
       延宝4年 1676 大雨のため古城(ふるしろ)の石垣が破損する。
       寛政8年 1796 大雨洪水により熊本城内石垣などで数か所破損する。
       明治22年 1889 金峰山地震により、石垣が42か所がくずれ、20か所がふくらみ、7か所にがけくずれが起きる。

       

       

      熊本城の地震被害

       明治22年(1889)と平成28年(2016)の地震被害の比較です。

      明治22年熊本地震

      平成28年熊本地震

      前震

      本震

      発生日時

      明治22年7月28日

      23時40分頃

      平成28年4月14日

      21時26分

      平成28年4月16日

      1時23分

      マグニチュード6.36.57.3
      震源金峰山附近布田川断層帯布田川断層帯

      熊本城の被害

      重要文化財7棟ヵ
      (壁破損、一部破壊)
      10棟
      (長塀一部倒壊、9棟瓦・外壁落下)
      13棟
      (倒壊2棟、一部倒壊3棟、他屋根・壁破損)
      復元建造物-7棟
      (天守瓦落下、壁ひび、塀くずれなど)
      20棟
      (倒壊5棟、下部石垣くずれ、屋根・壁破損)
      石垣

      くずれ

       42か所

       約4,200平方メートル
      ふくらみ

       20か所

       約4,680平方メートル

      くずれ

        6か所
      ふくらみ・ゆるみ

        多数

      くずれ・ふくらみ・ゆるみ

            517面

        約23,600平方メートル
      うち、くずれたところ

            50か所、229面

        約8,200平方メートル

      地盤

      がけくずれ7か所

      約1,260平方メートル

      陥没・地割れ多数

      陥没・地割れ70か所

      約12,300平方メートル

       *マグニチュードは地震調査研究推進本部HP(http://www.jishin.go.jp/)による。

       

      Q&A(よくある質問)

      Q1.熊本城のことを調べたいけれど、どうしたらいいの?
      A.本を読んだり、展示を見に行ったり、実際に熊本城を見に行ったりしましょう。
      熊本城に関する本は数多くあるので、まずは図書館で探してみるなどして色々な本を読んでみましょう。
      熊本城に関する展示を行っている施設は、熊本城の近くでは城彩苑の湧々座がおすすめです。
       また、市役所の14階展望所では、工事が進められている熊本城の様子がよく見えます。被災状況などの説明パネルもあります。
       熊本城内の見学可能エリア数か所にも地震による被災状況などの説明パネルを設置しています。熊本城内の見学可能エリアについてはパンフレットでご確認ください。
       
      Q2.なぜ銀杏城(ぎんなんじょう)というの?
      A.天守前の大イチョウ(銀杏)に由来するもので、清正が築城記念に手植えしたという伝説もあります。
       
      Q3.熊本城をつくるのに何年かかったの?
      A.現在の位置にお城が造られたはじめたことを示す一番古い記録は慶長5年(1600)ですが、城内からは慶長4年(1599)の年号が入った瓦が見つかっているので、このころにはお城を造り始めていたと考えられます。お城の完成は慶長12年(1607)なので、7~8年かけてお城を造っています。
       
      Q4.どうして黒いお城なの?
      A.お城のかべに使われている板材が黒くぬられているためです。
       
      Q5.石垣の材料にした石はどこから持ってきたの?
      A.金峰山周辺の山からだと考えられます。
       
      Q6.熊本城は実際に戦に使われたの?
      A.実際に戦に使われたのは、明治10年(1877)に起こった西南戦争の一度だけです。
      熊本城内で政府軍は約50日にわたってろう城し、薩軍(西郷軍)を退けました。
       
      Q7.熊本城はいつまで使われていたの?
      A.江戸時代から明治3年(1870)まで、熊本城は熊本藩の役所として使われていました。
       明治4年(1871)の廃藩置県の後は軍の施設となり、昭和20年(1945)ごろまで陸軍の施設がありました。
       
      Q8.今は、お城は見られないの?
      A.二の丸広場や加藤神社から天守や周辺の櫓(やぐら)・塀(へい)などを見ることができます。
      見学可能エリアについては、パンフレットの地図をご確認ください。
      市役所14階からも熊本城を見ることができます。
      工事が進んでいく様子は、今しか見ることができないものです。
       
      Q9.地震で崩れた石垣はどうするの?
      A.熊本城の石垣は大切な文化財なので、時間がかかっても、元の通りに積みなおします。
      そのために、くずれ落ちる前のそれぞれの石の形と、くずれ落ちた石の正面の形を照らし合わせて、元の位置を特定していきます。
      石垣復旧工事のおもな手順は、HP内「研究センターニュース」→「百間石垣の崩落石材回収作業が終了しました」→「石垣修復の主な手順」で紹介しています。
      百間石垣の工事の様子を記録した動画もあるので、ぜひご覧ください。
       
      Q10.地震でどれくらいの石垣が被害を受けたの?
      A.面積でいうと、石垣全体の約1割である約8,200平方メートルがくずれ、全体の約3割である約23,600平方メートルに積みなおしが必要です。
      くずれた石材のうち約7,500石を平成28年度に回収しました。
       
      Q11.熊本城の石垣の石はいくつあるの?
      A.外側の大きな石材だけでも28~30万個と考えられます(1平方メートルあたり3~4個で計算しています)。
       
      Q12.大天守の高さはどれくらいあるの?
      A.石垣の高さは約11.5メートル、建物の高さは約29.5メートルです。現在は工事中です。
       
      Q13.もともとどれくらい建物があったの?
      A.江戸時代には大小天守と櫓(やぐら)あわせて49、門が47あったといわれています。
       
      Q14.食べられるお城というのは本当?
      A.壁にカンピョウや、畳にズイキ(サトイモのクキ)を塗りこんでいたという説がありますが、その証こは見つかっていません。江戸時代の記録にもみられません。天守の地下に塩が置かれていたので、塩は保存されていたようです。
       また、ろう城戦の食料として銀杏(イチョウ)を城内に植えたという説もありますが、江戸時代からあるイチョウの木は雄花なので、実がならないので食べられません。
          
       
       
       

      フリー写真素材・パンフレット

       

      フリー素材(写真)

       大天守・小天守 遠景          宇土櫓全景              1.地震後の大天守・小天守 新しいウィンドウで                                     2.地震後の宇土櫓 新しいウィンドウで

       

       

      飯田丸五階櫓 ドローン   飯田丸 竹の丸より撮影
          3.地震後の飯田丸五階櫓 新しいウィンドウで                         4.地震後の飯田丸五階櫓 竹の丸より 新しいウィンドウで

       

       

      長塀   頬当御門

                       5.地震後の長塀 新しいウィンドウで                                          6.地震後の頬当御門周辺 新しいウィンドウで

       

      東十八間櫓   北十八間櫓     

               

       

      西大手櫓門   二の丸御門      

       

      百間石垣  宮内橋周辺
          11.地震後の百間石垣 新しいウィンドウで                                    12.地震後の宮内橋周辺 新しいウィンドウで

       

       

      戌亥櫓  備前堀

                   13.地震後の戌亥櫓 新しいウィンドウで                                          14.地震後の備前堀 新しいウィンドウで

       

      数奇屋丸


       

                                         熊本城総合事務所より提供

       

      パンフレット

      • 熊本城の被災状況や復旧の様子、見学可能エリアを示した地図の情報を掲載しています。







       

      お問い合わせ

       熊本城調査研究センター
       住所

       熊本市中央区手取本町1-1 (マスミューチュアルビル3階)

      (H30年10月移転)

       電話  096-355-2327
       

       

       


       

      (ID:5566)
      新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
      アドビリーダーダウンロードボタン
      新しいウィンドウで表示
      ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
      PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
      ホーム   >  分類から探す   >  行政情報   >  会議・議事録・公聴会・選挙   >  会議・議事録   >  熊本城調査研究センター【12月7日更新】
      ホーム   >  組織から探す   >  経済観光局   >  熊本城総合事務所   >  熊本城調査研究センター   >  熊本城調査研究センター【12月7日更新】
      ホーム   >  申請書検索   >  全ての申請書   >  熊本城調査研究センター【12月7日更新】
      熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
      [開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
      肥後椿
      copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved