総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  学び・観光・スポーツ  >  歴史・文化・芸術・教養  >  文化財  >  国指定史跡「池辺寺跡」へ行こう
ホーム  >  組織から探す  >  経済観光局  >  文化・スポーツ交流部  >  文化振興課 埋蔵文化財調査室  >  国指定史跡「池辺寺跡」へ行こう

国指定史跡「池辺寺跡」へ行こう

最終更新日:2017年4月19日
経済観光局 文化・スポーツ交流部 文化振興課 埋蔵文化財調査室 TEL:096-328-2740 FAX:096-324-4002 メール maizoubunkazai@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

国指定史跡池辺寺跡

伝説に彩られた山岳寺院池辺寺

 池辺寺は、熊本市西区池上町にあった山寺で、龍の伝説や寺宝などがたくさん残る魅力いっぱいの寺です。池辺寺の伝承を記した『池辺寺縁起絵巻』や「金子塔(かなごのとう)」に刻まれた碑文によると、池辺寺は奈良時代初頭(和銅年間)の創建と伝えられています。

 なかでも、百塚地区では発掘調査によって平安時代初頭(9世紀代)の寺院跡や、全国に類を見ない、斜面に並ぶ100基の石積みなどが見つかり、国史跡に指定されました。

 平成28年4月には保存整備工事が完了し、詳しい解説版や金子塔レプリカとともに、発掘調査時の状態を見学することが出来ます

PDF リーフレット 新しいウィンドウで(PDF:1.81メガバイト)

 池辺寺跡 新しいウィンドウで

 

池辺寺跡の発掘調査

 

発掘調査1発掘調査3発掘調査2

発掘調査風景

発掘された寺院跡(本堂建物群)

発掘調査で確認された遺構

 昭和61年から池辺寺跡の埋蔵文化財発掘調査を実施し、現在も継続して調査を行っています。

 これまでの発掘調査

年度

調査地区

報告書等

S 61

清水原地区(味生池推定地)
百塚地区C地点(礎石建物群)
堂床地区A・B・C地点
 

S 62

百塚地区C地点(礎石建物群) 

S 63

百塚地区C地点(礎石建物群・石塔群) 

H 1

百塚地区C地点(礎石建物群・石塔群) 

H 2

百塚地区C地点(石塔群) 

H 3

百塚地区C地点(石塔群) 

H 4

百塚地区C地点(石塔群)『池辺寺跡発掘調査概報』(1)刊行

H 5

百塚地区C地点(石塔群) 

H 6

百塚地区C地点(石塔群・南側斜面)
堂床地区C地点
 

H 7

百塚地区C地点(実測作業)
堂床地区・金子塔周辺の測量
『池辺寺跡』(1)刊行

H 8

百塚地区C地点(南側斜面) 

H 9

百塚地区C地点(南側谷部)
百塚地区A地点
烏帽子地区
国史跡指定(百塚地区C地点)
(9月11日 14,534.63平方メートル)

H 10

百塚地区A地点『池辺寺跡』(2)刊行

H 11

百塚地区A地点
堂床地区D・E地点
 

H 12

池上地区(後期池辺寺跡)『池辺寺跡』(3)刊行

H 13

百塚地区C地点
百塚地区A地点南側
国史跡追加指定(百塚地区A地点)
(3月19日 3,542.97平方メートル)
『池辺寺跡』(4)刊行

H 14

百塚地区A・B地点
前原・平居屋敷地区
馬場上地区
『池辺寺跡』(5)刊行

H 15

烏帽子地区『池辺寺跡』(6)刊行

H 16

烏帽子地区
百塚地区B・C地点
『池辺寺跡』(7)刊行

H 17

烏帽子地区『池辺寺跡』(8)刊行

H 18

烏帽子地区

金子塔地区

『池辺寺跡』(9)刊行

H 19

金子塔地区
烏帽子地区
『池辺寺跡』(10)刊行

H 20

金子塔地区『池辺寺跡』(11)刊行

H 21

百塚地区C地点
堂床地区F区

金子塔地区

『池辺寺跡』(12)刊行

H 22

百塚地区C地点
金子塔地区
『池辺寺跡』(13)刊行

H 23

百塚地区C地点
金子塔地区
『池辺寺跡』(14)刊行

H 24

百塚地区C地点
金子塔地区
『池辺寺跡』(15)刊行

H 25

百塚地区C地点
池上地区
金子塔地区
『池辺寺跡』(16)刊行

H 26

金子塔地区『池辺寺跡』17刊行

H 27

金子塔地区 

※発掘調査の報告書は、熊本市内の図書館にてご覧いただけます。詳しくは各図書館にてお尋ねください。

池辺寺跡の保存整備

 

池辺寺整備1池辺寺整備2池辺寺整備3

 平成24年度から27年度にかけて百塚地区にある国指定史跡『池辺寺跡』の保存整備工事を行いました。

現在は、本堂跡については発掘調査当時の状態である礎石や基壇を復元した展示を、100基の石積みのあった百塔域については、遺構の流出を防止するために擬土舗装を実施し実際に出土した本物の石積跡を展示しています。

池辺寺リポート

 

池辺寺を見学したい方へ

平成28年3月に百塚地区の整備工事が完了し、詳しい解説版や案内図、建物模型などが展示されています。ぜひ皆様一度池辺寺へお越しください。

 


★池辺寺跡(百塚地区)までの交通手段

 ●自家用車

  駐車場約5台準備しています。

  ただし、途中道路が狭くなっているため、マイクロバス・ジャンボタクシーより大型の車両は通行できない可能性があります。

 ●鉄道

  JR「熊本駅」下車 車で約20分 徒歩約70分

  熊本市電 A系統「祗園橋」下車 徒歩約60分

 ●バス

  熊本交通センターより

   産交バス 西区役所経由小島産交行き 「池の上」下車 徒歩約40分

   産交バス 西5・6・8・9・11方面行き 「三和中学校」下車 徒歩約40分

 

★池辺寺跡の案内を希望される方へ

 地元有志による「池辺寺跡ボランティアガイド」が、皆様に見所や伝説を解説します。

 費用:無料

 時間・コース:標準コース約1時間(時間・コースは応相談)

 申し込み:事前申し込み制。

      見学予定日の1週間前までに文化振興課埋蔵文化財調査室(TEL096-328-2740)まで  

このページに関する
お問い合わせは
経済観光局 文化・スポーツ交流部 文化振興課 埋蔵文化財調査室
電話:096-328-2740
ファックス:096-324-4002
メール maizoubunkazai@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:6906)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
ホーム  >  組織から探す  >  経済観光局  >  文化・スポーツ交流部  >  文化振興課 埋蔵文化財調査室  >  国指定史跡「池辺寺跡」へ行こう
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved