熊本市の環境トップへ

ダンボール堆肥化容器の作り方

最終更新日:2012年4月2日
環境局 資源循環部 ごみ減量推進課TEL:096-328-2365096-328-2365 FAX:096-359-9945 メール gomigenryou@city.kumamoto.lg.jp

ダンボール堆肥化容器の作り方

 熊本市では家庭ごみ20パーセント削減に取組んでいます。みなさんの家庭から出る生ごみは、燃やすごみの約45パーセントを占めており、生ごみを堆肥化し有機肥料として再利用することで家庭から排出される燃やすごみの削減につながります。

家庭で生ごみを処理する方法はいくつかあります。
1. 電気式生ごみ処理機(乾燥式及びバイオ式)を使用した処理。
【熊本市助成対象】
2. 生ごみ堆肥化容器(コンポスト容器)を使用した処理。
                      【熊本市助成対象】
3. ダンボール箱を使用する生ごみ処理。
                      【熊本市助成対象外】
ここでは、家庭で簡単にできるダンボール堆肥化容器を紹介します。

PDFダンボール堆肥化レシピ新しいウインドウで(PDF:197.8キロバイト)

このページに関する
お問い合わせは
環境局 資源循環部 ごみ減量推進課
電話:096-328-2365096-328-2365
ファックス:096-359-9945
メール gomigenryou@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:1070)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved