熊本市の環境トップへ

レジ袋削減に向けた取り組みについて _ 「熊本市レジ袋削減推進協議会」について

最終更新日:2019年6月13日
環境局 環境推進部 環境政策課 温暖化・エネルギー対策室TEL:096-328-2355096-328-2355 FAX:096-359-9945 メール ondankaenergy@city.kumamoto.lg.jp

「熊本市レジ袋削減推進協議会」について

 熊本市では、学識経験者・事業者等・市民団体・行政からなる「熊本市レジ袋削減推進協議会」を設置し、さらなるレジ袋の削減に向けた検討を行っています。

◆協定締結以降の取り組みについて

平成30年度熊本市レジ袋削減推進協議会

 昨年度に引き続き、書面による会議開催としました。
【内容】
 ○ レジ袋削減に向けた取り組み
  (1)協定への参加状況
  (2)マイバッグ持参率及びレジ袋削減効果
  (3)熊本市のレジ袋削減に向けた取組
  (4)レジ袋削減金の活用状況
  (5)会議の開催方法に関する意向調査

  (6)「熊本市レジ袋削減推進協議会」の継続

  (7)「熊本市におけるレジ袋削減に向けた取組に関する協定」の更新

  (8)今後のスケジュール

PDF 平成30年度熊本市レジ袋削減推進協議会 資料 新しいウィンドウで(PDF:1.05メガバイト)

平成29年度熊本市レジ袋削減推進協議会

 昨年度に引き続き、書面による会議開催としました。
【内容】
 ○ レジ袋削減に向けた取り組み
  (1)協定への参加状況
  (2)マイバッグ持参率及びレジ袋削減効果
  (3)熊本市のレジ袋削減に向けた取り組み
  (4)レジ袋削減金の活用状況
  (5)「熊本市におけるレジ袋削減に向けた取組みに関する協定」実施要綱の改正について

  (6)レジ袋削減に向けた協定締結の交渉状況

  (7)会議の開催方法に関する意向調査
 ○ レジ袋削減に向けた今後の取り組みについての今後の展望

PDF 平成29年度熊本市レジ袋削減推進協議会 資料 新しいウィンドウで(PDF:1.24メガバイト)

平成28年度熊本市レジ袋削減推進協議会

熊本地震の発生により開催が困難になったため、書面による会議開催としました。
【内容】
 ○ レジ袋削減に向けた取り組み
  (1)協定への参加状況
  (2)マイバッグ持参率及びレジ袋削減効果
  (3)熊本市のレジ袋削減に向けた取り組み
  (4)レジ袋削減金の活用状況
  (5)会議の開催方法に関する意向調査
 ○ レジ袋削減に向けた今後の取り組みについての今後の展望 

平成27年度熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成28年1月27日(水)10:00~
【場所】熊本市国際交流会館3階 国際会議室
【内容】

 ○ 報告事項
   熊本県におけるレジ袋削減に向けた取り組み
 ○ レジ袋削減に向けた取り組み
  (1)協定への参加状況
  (2)マイバッグ持参率及びレジ袋削減効果
  (3)熊本市のレジ袋削減に向けた取り組み
  (4)レジ袋削減金の活用状況
 ○ 審議事項
   熊本市レジ袋削減推進協議会の継続及び協定の更新
 ○ レジ袋削減に向けた今後の取り組みについての意見交換
 ○ その他

 PDF 平成27年度熊本市レジ袋削減推進協議会 資料 新しいウィンドウで(PDF:1.7メガバイト) 

平成26年度熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成27年1月29日(木)10:00~
【場所】熊本市役所議会棟2階 予算決算委員会室
【内容】
 ○ 報告事項
   熊本県における取り組み

 ○ レジ袋削減に向けた取り組み
  (1)協定への参加状況
  (2)マイバッグ持参率及びレジ袋削減効果
  (3)熊本市のレジ袋削減に向けた取り組み
  (4)レジ袋削減金の活用状況
  (5)取り組み事例紹介

  (6)ドラッグストア等における取り組み状況
 ○ レジ袋削減に向けた今後の取り組みについての意見交換   
 ○ その他

 PDF 平成26年度熊本市レジ袋削減推進協議会 資料 新しいウィンドウで(PDF:1.02メガバイト) 

平成25年度熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成25年11月26日(火)10:30~
【場所】熊本市役所議会棟2階 予算決算委員会室
【内容】
 ○ 報告事項
   熊本県における取り組み

 ○ レジ袋削減に向けた取り組み
  (1)協定への参加状況
  (2)マイバッグ持参率及びレジ袋削減効果
  (3)熊本市及び事業者のレジ袋削減に向けた取り組み
  (4)レジ袋削減金の活用状況
  (5)事業者アンケート結果
 ○ 審議事項
   レジ袋削減に向けた今後の取り組み   
 ○ その他
   意見交換

 PDF 平成25年度熊本市レジ袋削減推進協議会 資料 新しいウィンドウで(PDF:1.96メガバイト)

平成24年度熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成25年2月21日(木)10:30~
【場所】ウェルパルくまもと1階大会議室
【内容】
 ○ 報告事項
  (1)熊本県における取組み
  (2)熊本都市圏における取組み
 ○ 熊本市レジ袋削減推進協議会における取組み
  (1)協議会におけるレジ袋削減に向けた取組み
  (2)協定への参加状況
  (3)マイバッグ持参率及びレジ袋削減の効果
  (4)レジ袋の収益金の活用状況
 ○ 審議事項
   平成25年度以降の協議会及び協定の継続について   
 ○ その他
   意見交換 等

平成23年度第1回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成23年6月7日(火)14:00~
【場所】熊本市役所4階モニター室
【内容】
 ○ 報告事項
  (1)協定への参加状況について
  (2)マイバッグ持参率及びレジ袋削減の効果について
  (3)前回の熊本市レジ袋削減推進協議会以降の取組みについて
  (4)レジ袋の収益金の活用状況について
  (5)その他
 ○ その他
   意見交換 等

第9回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成23年1月28日(金)10:30~
【場所】熊本市役所4階モニター室
【内容】
 ○ 新規会員紹介
 ○ 報告事項
  (1)熊本県の取組みについて
  (2)事例報告について
    ・熊本市消費者団体連絡会
    ・㈱熊本ハローデイ
  (3)平成22年度の実績(中間)について
    ① 協定への参加状況
    ② マイバッグ持参率の推移とレジ袋削減の効果
  (4)熊本都市圏協議会の取組みについて
 ○ 協議事項
   新規事業所との協定締結について 等

第8回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成22年5月13日(木)10:00~
【場所】熊本市役所14階大ホール
【内容】
 ○ 報告事項
  (1)平成21年度の実績について
    ・協定への参加状況
    ・マイバッグ持参率の推移とレジ袋削減の効果
  (2)収益金の活用について
  (3)協定以降の市の動きについて
    ・広報
    ・未参加店舗への依頼状況
 ○ 協議事項
  ・平成22年度の取組みについて 等

◆協定締結に至るまで

第7回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成21年10月8日(木)10時~11時30分
【場所】熊本市役所14階大ホール
【内容】
 1 報告事項
  (1)レジ袋削減社会実験の参加状況について
   ・広報・万引防止策について
   ・社会実験参加状況について
  (2)マイバッグ持参率について

 2 社会実験終了後の対応について
   ・協定について
   ・報告時期、今後の進め方等について など 

 ⇒上記について事務局から報告・説明を行い、会員から「参加していないスーパーにも参加を促してほしい」などの意見が出されたほか、協定の内容や報告などについて意見が交わされ、11月以降は協定に基づく本格導入を図ることが決定しました。

第2回レジ袋削減に関するスーパー関係者会議

【日時】平成21年9月18日(金)15時00分~16時30分
【場所】熊本市役所11階会議室
【内容】
 社会実験に参加しているスーパーによる関係者会議を開催。
 現在の参加状況や持参率等について報告を行い、各社の実施状況や課題、協定案等について意見交換を行いました。

 ⇒各社とも、店頭でのトラブルはほとんどなく、顧客の理解は概ね得られているとの意見が出された一方で、もっと多くのスーパーが足並みを揃えて参加すべきなどの意見が寄せられました。

社会実験キックオフ・ミーティング

【日時】平成21年8月4日(火)15時00分~15時30分
【場所】熊本市役所14階大ホール
【内容】
 社会実験の実施に先立ち、社会実験参加団体に対し、社会実験参加登録証の交付やPRグッズの提供等を行い、社会実験への協力に対し感謝の意を表するとともに、社会実験の成功に向けた機運を高めることを目的として、「キックオフ・ミーティング」を開催しました。 

 当日は、参加団体のほか、協力自治体や協議会員の皆様にお集まりいただき、幸山市長から参加登録証の交付やのぼり旗などの啓発グッズの配布、テレビCMスポットの紹介などを行いました。

第6回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成21年7月23日(木)14時~15時30分
【場所】熊本市役所別館自転車駐車場(駐輪場)8階会議室
【内容】
 1 報告事項
  (1)レジ袋削減社会実験の参加状況について
  (2)広報計画について

 2 事務連絡
  (1)今後のスケジュールについて
  (2)県・近隣自治体の名義後援について
  (3)レジ袋無料配布中止の際の運用について
  (4)万引き防止策について
  (5)報告書の記載方法について

 ⇒上記について事務局から報告・説明を行い、会員から「参加していないスーパーに対し、積極的に参加を促してほしい」「取組みを県下全域に広げてほしい」などの意見が出されたほか、広報グッズ案や、協定締結式の時期などについて意見が交わされました。

第5回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成21年6月4日(木)15時10分~16時10分
【場所】熊本市国際交流会館3階 国際会議室
【内容】
 上記「スーパー関係者会議」での検討結果を踏まえ、「スーパー・その他店舗」の参加要件や社会実験の時期、協定の時期等について審議を行った結果、原案どおり承認され、社会実験の実施内容が決定しました。

レジ袋削減に関するスーパー関係者会議

【日時】平成21年6月4日(木)13時30分~15時00分
【場所】熊本市国際交流会館3階 国際会議室
【内容】
 熊本市内のスーパー(店舗数で約80%)に参加を呼びかけ、スーパー関係者会議を開催し、社会実験の内容について、「スーパー・その他店舗」の参加要件を中心に検討を行いました。

⇒その結果、
 1.社会実験は9月から10月にかけて2ヶ月間実施すること
 2.レジ袋無料配布中止の場合、レジ袋の価格設定は「3円以上」とすること
 3.10月下旬に協定を締結し、引き続き取組みを継続すること
 以上3点について合意がなされ、第5回協議会に提案することとなりました。

第4回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成21年5月13日(水)15時~17時10分
【場所】熊本市役所別館自転車駐車場(駐輪場)8階会議室
【内容】
 レジ袋削減社会実験に向けた「修正案」の検討
 ・実施時期の見直し(7~9月を8~10月に変更)
 ・参加要件(有料化又はキャッシュバック、ポイント制等)など

 ⇒上記について協議が行われ、「市内スーパーの足並みを有料化で揃える
 必要がある」「周知期間が必要」などの意見が出され、6月上旬に再検
 討することとなりました。

第3回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成21年3月19日(木)午前9時35分~11時30分
【場所】熊本市役所14階大ホール
【内容】
 レジ袋有料化社会実験に向けた案の検討
  ・取組内容案について
  ・広報・PR方法について
  ・スケジュールについて

 ⇒上記について協議が行われ、「社会実験実施にあたり、より多くの
  事業者の理解と協力を得ることが必要」との意見が出されたことに
  より、協議会以外の事業者にも働きかけを行い、その意見も踏まえ
  改めて社会実験について検討することとなりました。

第2回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成21年2月27日(金)午前9時35分~11時35分
【場所】ウェルパルくまもと1階会議室(熊本市中央保健福祉センター)
【内容】
1 レジ袋削減に向けた基本方針について
 ・協議会の活動方針
 ・各主体の役割
 ・協定への参加要件
 ・実績報告
 ・評価・公表の方法等
2 協定内容について
 ・協定書(ひな型)について  
3 支援体制について 

 ⇒上記について協議が行われ、協定に先がけてレジ袋有料化に向けた
  「社会実験」を行うことが提案され、社会実験の実施に向けて検討
  を進めることが決定しました。

第1回熊本市レジ袋削減推進協議会

【日時】平成21年2月9日(月)14時~15時50分
【場所】くまもと県民交流会館パレア10階第8会議室
【内容】
 1 設置要綱について
 2 座長選出
  ⇒熊本県立大学環境共生学部 篠原 亮太 教授が座長として
   選出されました。
 3 レジ袋削減に向けた取組みについて
 (1)本市の現状と基本的考え方 
 (2)事業者アンケート調査結果について(市内100事業者、回答49社) 
 (3)他都市の取組み事例
   ・レジ袋削減に向けた他都市の取組とその削減効果
   ・伊勢市の取組みについて(朴恵淑先生による講演))
 4 協議
 (1)レジ袋削減に向けた基本方針について   
 (2)協議会の活動方針について
   ・各主体の役割
   ・協定への参加要件
   ・実績報告
   ・評価・公表の方法等について

  ⇒協定や実施内容案について各自持ち帰り、意見がある場合は
   事務局に寄せることとし、改めて検討することとなりました。

「環境にやさしい“買い物”からはじめる循環型のまちづくりシンポジウム」

【日時】平成20年12月2日(火)13時30分~16時
【場所】崇城大学市民ホール(市民会館)大会議室
【参加者】240人
【内容】
レジ袋の削減をテーマとした「環境にやさしい“買い物”からはじめる循環型のまちづくりシンポジウム」を開催。
(1)三重大学学長補佐 朴 恵淑(ぱく けいしゅく)氏による基調講演
  演題「身近な環境問題とレジ袋削減~三重県の事例」
(2)市民、市民団体、事業者、行政の代表によるパネルディスカッション

 ⇒パネルディスカッションの場で、レジ袋削減に向けた協議の場の設置についての提案がありました。

レジ袋削減の必要性

 
このページに関する
お問い合わせは
環境局 環境推進部 環境政策課 温暖化・エネルギー対策室
電話:096-328-2355096-328-2355
ファックス:096-359-9945
メール ondankaenergy@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:1360)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved