総合トップへ
熊本市の環境ホームページ熊本市の環境ホームページ
音声読み上げ 音声読み上げ
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白
熊本市の環境TOP   >  組織から探す   >  環境局   >  環境推進部   >  水保全課   >  辛子蓮根

辛子蓮根

最終更新日:2008年2月22日
環境局 環境推進部 水保全課TEL:096-328-2436096-328-2436 FAX:096-359-9945 メール mizuhozen@city.kumamoto.lg.jp

からし蓮根

発祥の由来は、熊本藩主細川忠利が病弱であったため、禅僧に蓮根を食べるよう勧められた。そこで家臣が、加藤清正が熊本城の外堀に非常食として栽培していた蓮根に目をつけ、穴に和辛子粉を混ぜた麦味噌を詰め、麦粉・空豆粉・卵の黄身の衣をつけて揚げたものを忠利に献上したのが始まりという。忠利はこれを喜んで食べたという。  蓮根は増血性が優れていると云われている。また、中に詰める辛子には食欲増進作用があること、また蓮根を輪切りにした断面が細川家の家紋(九曜紋)と似ていたことから門外不出の料理とされていた。明治以降、一般にも製法が伝わり、熊本名物の一つになった。  好みにもよるが、九曜紋が見えるよう、1cm程度で輪切りにし、食べるとおいしい。辛さの調節は、辛子味噌を箸で突き出す。焼酎のつまみにすると、絶品である。  現在、蓮根は、肥沃な本市の有明海に隣接する地域で大規模に栽培されている。
からし蓮根
 
このページに関する
お問い合わせは
環境局 環境推進部 水保全課
電話:096-328-2436096-328-2436
ファックス:096-359-9945
メール mizuhozen@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:20392)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市の環境TOP   >  組織から探す   >  環境局   >  環境推進部   >  水保全課   >  辛子蓮根
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved