熊本市ホームページトップへ
熊本市の環境ホームページ熊本市の環境ホームページ
音声読み上げ 音声読み上げ
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

熊本市エコキッズプロジェクト通信 平成25年度第6号

最終更新日:2013年9月27日
環境局 環境推進部 環境政策課TEL:096-328-2427096-328-2427 FAX:096-359-9945 メール kankyouseisaku@city.kumamoto.lg.jp

 熊本市では、市民活動団体「こども教育プランニングキッズプロダクション フルールスプ」との協働により、学校や地域で環境保全活動を行っている子どもたちを応援していく「熊本市エコキッズプロジェクト」を進めています。

★熊本市エコキッズプロジェクトとは・・・

シンボルマーク

 

 市民全体に環境保全活動を広げることを目的として、未来の担い手である子どもたちの自発的な環境保全行動・活動を推進し、子どもを通した家庭や地域における環境保全行動・活動の広がりを図るプロジェクトです。
 平成24年度から本格的にプロジェクトを開始し、平成25年度で2回目の実施となります。
 学校や地域で子ども中心に環境保全活動を行っているグループの子どもを「エコキッズリーダー」、大人を「エコサポートリーダー」として認定し、活動の紹介や専門家の派遣など、その活動を支援・促進していきます。

 

 

 

 

 熊本市市エコキッズプロジェクトで活動するグループをご紹介します。
 今回は「湖東幼稚園 カンナグループ(湖東幼保グループ)」です! 

★エコキッズプロジェクト活動紹介 ~湖東幼稚園 カンナグループ(湖東幼保グループ)~

 「湖東幼稚園 カンナグループ」を含む「湖東幼保グループ」の活動テーマは「生ゴミ大作戦 Part2-野菜づくりと緑のカーテン作戦-」です。
 平成24年度に引き続き、2年目の活動となります。
 「野菜づくりや植物を育てるためには、土をつくることから始めたい。(生ゴミ大作戦)」、「長期的な取り組みに必要な子どもの強い願いと自分たちで育てるという自覚や責任を持たせる。」を活動目的とし、園児たち自身で給食の後にダンボールコンポストでのたい肥づくりを行っています。

「今日はどの位食べられるかな?」
残飯が増えない様に、自分たちで食べられる分量を考えて、先生に給食をよそってもらいます。

湖東幼稚園湖東幼稚園

食べ終わったら給食の残りをひとまとめにします。
年長さん20数名の1クラスで、1皿分の残飯が出ました。

湖東幼稚園湖東幼稚園

当番の園児がダンボールコンポストへ残飯を入れて、よく混ぜます。
「あったかい」「においがする」など、色々な感想を口にしながら、楽しそうに作業を進めていました。

湖東幼稚園湖東幼稚園

先生がダンボールコンポスト内の温度を測ると、約40度。
園児たちは、発酵すると温度が上がることを肌で感じ取っていました。

湖東幼稚園湖東幼稚園
湖東幼稚園

 

 完成したたい肥は、においのしない、サラサラの状態になります。
ダンボールコンポストで発酵中のたい肥と、完成したたい肥を比べて、「においがしないね」と園児たちも興味津々。
完成したたい肥を使用して、今後は野菜づくりにも取り組む予定です。

  
 

★熊本市エコキッズプロジェクト通信バックナンバー

クリックするとリンク先に移動します。

平成25年度第1号 エコキッズサミットプログラム2013任命式第1回ワークショップの様子を紹介しています。
平成25年度第2号 ★高平台小学校 親路(おやじ)の会★ちびっこランド 水前寺クラブの活動を紹介しています。
平成25年度第3号 ★コロボックル探検隊の活動を紹介しています。
平成25年度第4号 ★キッズラボ くまもと探検の活動を紹介しています。
平成25年度第5号 ★江津画子(えづえこ)体験隊の活動を紹介しています。

 

このページに関する
お問い合わせは
環境局 環境推進部 環境政策課
電話:096-328-2427096-328-2427
ファックス:096-359-9945
メール kankyouseisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:3114)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved