熊本市ホームページトップへ
熊本市の環境ホームページ熊本市の環境ホームページ
音声読み上げ 音声読み上げ
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

熊本市エコキッズプロジェクト通信 平成26年度第9号

最終更新日:2014年12月15日
環境局 環境推進部 環境政策課TEL:096-328-2427096-328-2427 FAX:096-359-9945 メール kankyouseisaku@city.kumamoto.lg.jp

 熊本市では、市民活動団体「こども教育プランニングキッズプロダクション フルールスプ」との協働により、学校や地域で環境保全活動を行っている子どもたちを応援していく「熊本市エコキッズプロジェクト」を進めています。

★熊本市エコキッズプロジェクトとは・・・

シンボルマーク
 市民全体に環境保全活動を広げることを目的として、未来の担い手である子どもたちの自発的な環境保全行動・活動を推進し、子どもを通した家庭や地域における環境保全行動・活動の広がりを図るプロジェクトです。
 平成24年度から本格的にプロジェクトを開始し、平成26年度は3年目となります。
 学校や地域で子ども中心に環境保全活動を行っているグループの子どもを「エコキッズリーダー」、大人を「エコサポートリーダー」として認定し、活動の紹介や専門家の派遣など、その活動を支援・促進していきます。
 
 今回は、エコキッズプロジェクト参加団体である「江津画子体験隊」のラジオ収録の様子ををお伝えします。
 

★「江津画子体験隊」のご紹介

 エコキッズプロジェクト参加団体の中で、唯一、3年連続の参加をしていただいているのが熊本市立画図小学校の「江津画子(えこ)体験隊」のみなさんです。 

 

 江津画子体験隊の活動テーマは 「わくわく、どきどき、からだで感じよう、江津画子体験隊」

 そして3つのめあてとして

  江津湖、画図校区の自然に

  1 すすんでふれよう 

  2 自然を、体で感じ、心から楽しみ、味わおう。

  3 よさを、ほかの人、ほかの町にも、どんどん伝えよう。

 を掲げておられます。

 

 江津画子体験隊は、数多くのプロジェクトに取り組んでおられ、その一つ一つの追求姿勢には目を見張るものが多くございます。

 

 平成25年12月には、当時6年生の江津画子体験隊のみなさんが、鹿児島市で開催された「環境子どもサミット」に熊本市エコキッズプロジェクトの代表として参加し、大人も感服する見事な発表を行っていただきました。(当時の様子は、熊本市エコキッズプロジェクト通信 平成25年度第12号 をご参照ください。)

 

 平成26年度のメンバーも新たに多くのメンバーが加わって、前年度から続く下記のプロジェクトに取り組んでおられます。

 

くまもとの水プロジェクト

「節水チャレンジ教室」を行っており、熊本の地下水、水の循環、治水の歴史などについて調べ、体験し、発表することで、地下水への愛着や節水の意識向上といった成果を得る取り組みがなされています。
ゆうすい学校の発表節水教室

 

グリーンカーテンプロジェクト

 教室の前に設置するゴーヤのグリーンカーテンづくりに取り組んでいます。2学期の初めは残暑厳しい時期でもあり、このグリーンカーテンは室内の温度を下げる効果もあります。

 また、グリーンカーテンを作るうえでは、

 ・植樹の際に使用した土の余りを流用した。

 ・漁協の方からいただいた魚網を再利用してつる用のネットにした。

 ・朝と夕方の水やりに小川の水を使うことで節水をした。

 など、 多くの工夫をされている点でも見習うべきところがあります。

ゴーヤのグリーンカーテングリーンカーテン2

 

 

画図れんげ米プロジェクト

 「春の田植え」「夏の大綱引き」「秋の稲刈り」「冬のしめ縄作り・どんどや」というように、1年間をとおした年中行事として行われているプロジェクトであり、米作りをはじめとした農業への関心を高めるだけでなく、水田が地下水保全や気温調整、野鳥の生態系の保護などに重要な役割を果たしていることなどについて理解を深めることもできます。

 学校だけでなく、地域やPTAなど多くの人々が関わっている画図の一大行事となっております。

田植え大綱引き画図れんげ米の稲刈りどんどや

 

江津湖わくわく体験プロジェクト

 「江津湖」の散策、清掃、動植物観察、湧水調査などを体験することで学習を深め、さらに発表を行うことで、次の行動につなげるという心を培うプロジェクトです。 

 「熊本博物館」や「江津湖の自然と水を守る会」様などの協力や助言を受け、より環境保全の意識や実践力が高まっています。 

江津湖清掃2江津湖清掃

 

 

(中村)汀女先生 五・七・五プロジェクト

 熊本市名誉市民でもある俳人の故中村汀女先生は、熊本市立画図小学校のご出身であり、そのご縁から進めているプロジェクトです。

 見渡す限りの水田、野鳥があつまる江津湖、花壇や菜園の動植物たちなどを俳句に表すことで、子どもたちは江津湖と画図のまちの自然に改めて触れなおすことができます。

 江津画子体験隊のメンバーは「この豊かな水と自然を、全校で、季節ごとに俳句に表す取り組みは画図小学校の誇りです」と話していました。 

俳句1俳句2

 

 また、これらのプロジェクトに加え、平成26年度から新たなプロジェクトとして立ち上がった取り組みが3つあります。 

 

「わくわく どきどき 画図の森」プロジェクト

オニグルミの植樹
 本市環境共生課が主催する「熊本市みどりの月間植樹のつどい」に参加し提供された樹高5mのオニグルミをはじめ、キンカン、ドウダンツツジ、オタフクナンテン、アセビ、シダレウメなどを子どもたち自らの手で校庭に植え、画図(小学校)の森として育てていこうとするプロジェクトです。
 今回の植樹で、学校自体の緑化面積も10%以上増加したそうです。 
 
 
 
 
 ← 植樹祭で画図小学校のシンボルツリーでもある「オニグルミ」を植えました。
 
 
 

「守ろう 増やそう スイゼンジノリ」プロジェクト

湧水地のスイゼンジノリ
 東海大学椛田教授の研究グループの協力のもと、「スイゼンジノリ」の栽培を始めました。

 「スイゼンジノリ」は熊本が誇る高級食材としての価値のほか、その優れた保水・吸収の性質から化粧品や金属回収材などの原料として今後の可能性が期待されている植物です。

 朝や夕方に「スイゼンジノリ」を観察に来る子どもたちの数も増えていて、関心が徐々に高まっています。

 
 
← 校内のきれいな湧水地で育っている「スイゼンジノリ」
 
 

「ほたるーと」プロジェクト

 熊本県ホタルを育てる会さんや熊本市動植物園の協力を得て、ホタルの育成装置である「ほたるーと」を使いホタルの繁殖を行います。平成26年度は、まずホタルのえさとなる「カワニナ」の繁殖を行い、将来のホタルの復活を目指すことで、水質保全の意欲が高まっているそうです。

 

    ここまで取り組まれている画図小学校の子どもたちの環境保全活動って本当にすごいと思いませんか?

 

★「江津画子体験隊」平成26年11月26日実施:ラジオ収録の様子

 平成26年11月26日(水曜日)、熊本市立画図小学校にて熊本シティエフエム(FM791)ラジオ「すいっチ!791」の収録が行われました。

 今回出演していただいたのは、「江津画子体験隊」の5年生・6年生のメンバー10名のみなさんです。 

 

 ラジオ収録では、給食をメンバーみんなで食べながら事前のリハーサルを行っていただき、本番に向けて準備しました。

 昨年度出演を経験しており堂々としている6年生と、初めての出演で緊張感がじわじわ伝わってくる5年生との表情の違いが感じられました。

ラジオ収録1ラジオ収録2

 

 リーダー・副リーダーを中心に、入念に確認をしています。それを真剣な表情で聞くメンバーのみなさん。
ラジオ収録3ラジオ収録4

 

 収録途中には、リポーターの冨田さんからのアドリブ質問に笑顔で答えてくれる姿も。自分たちで作ったスイゼンジノリについてのポスターやクイズも見せてくれました。
ラジオ収録5スイゼンジノリポスター

 ラジオは緊張しながらも、メンバーみんながしっかり発言をされて、スタジオMCの方が大変驚かれていたことが印象的でした。みなさまお疲れ様でした。

 

 

 ラジオ収録終了後に、ラジオでも触れていただいた新たな3つのプロジェクトの状況を校内で少し垣間見ることができましたのでご紹介いたします。

 

「わくわく どきどき 画図の森」プロジェクト

 画図小学校は校内に川が流れる大変珍しい、また豊かな水に恵まれた学校です。5月に植栽が行われ、川岸にキンカンが植栽されております。

 今後もいろんな木を植える計画があるとのことです。

学校内の小川植栽

 

「守ろう 増やそう スイゼンジノリ」プロジェクト

 子どもたちの話では、当初の約10倍に増えているとのこと。このスイゼンジノリは水質にきわめて敏感な植物であるため、養殖することは大変難しいそうです。良質で豊かな湧水がある場所だからこそ成功しているのではないかとの専門家の先生の指摘も受けております。復活が楽しみです。

スイゼンジノリ養殖場水車

スイゼンジノリ手作り看板

 

「ほたるーと」プロジェクト

 今年はまずホタルのえさとなる「カワニナ」を育てています。来年以降はホタルも育てる予定です。楽しみですね。
ホタルの里カワニナ

 

 江津画子体験隊の取り組みは、ご紹介しているとおり、年々プロジェクト数も増え、その1つ1つの中身も非常に充実したものになっているのを感じます。

 市全体でも、ここまで全校をあげて環境保全活動を率先して行っている学校は少ないと思いますので、他の地域の子どもたちだけでなく、大人のみなさんにも取り組みの参考にしていただき、その輪を広げていっていただきたいと思っております。

 これからもがんばってください!

 

 

★エコキッズプロジェクト2014参加グループ・テーマ・活動内容

 平成26年度は、6つのグループがエコキッズプロジェクト2014に取り組んでいます。
 (新規3グループ、継続3グループ)

 

★楠 キッズ善行隊&環境委員会(熊本市立楠小学校) ※平成26年度新規参加

 活動テーマ「楠小・楠校区に、エコ活動を通して人の輪を広げよう!」

 ○毎月第1日曜日 地域清掃 
 ○南小国との交流、夏祭りの出店・清掃活動

 ○レッツ節電・節水および分別リサイクル活動

 

★ふるさと松尾西トキメキ隊(熊本市立松尾西小学校) ※平成26年度新規参加

 活動テーマ「松尾西の自然と遊び、学び、守っていこう!」

 ○学校林への歓迎遠足

 ○野鳥観察会

 ○学校林自然観察会 など

 

★託麻東小 緑の少年団(熊本市立託麻東小学校) ※平成26年度新規参加
 活動テーマ「『自然』と友達になろう」

 ○梅ちぎり、梅シロップ作り

 ○校庭、地域、戸島山の植物観察

 ○枝や木の実を使ったクラフト など

 

★江津画子(えづえこ)体験隊(熊本市立画図小学校)
 活動テーマ「わくわく、どきどき、からだで感じよう、江津画子体験隊」
 ○花や野菜の苗作り、土作り

 ○グリーンカーテン作戦

 ○江津湖クリーンアップ作戦 など


★コロボックル探検隊(NPO法人コロボックル・プロジェクト) 

 活動テーマ「わくわくどきどき 自然を楽しんで、知って、守ろう!」

 ○ホタル、ムササビ観察会

 ○里山キャンプ~森づくり~

 ○カヌー井芹川下り など


★ちびっこランド 水前寺クラブ(保育所ちびっこランド水前寺公園前園)
 活動テーマ「子どもから大人まで一緒に、エコや自然について楽しみながら、勉強しよう。」

 ○田植え、稲刈り

 ○立田山の早朝の自然観察

 ○毎月第3水曜日 園の周囲の清掃 など

 

★エコキッズプロジェクト 主要事業

1、エコキッズグループの活動紹介
  HPや広報誌などの様々な広報媒体やグループの発表の場であるエコキッズサミット等を通して、その活動を広く市民に発信します。

  ○市HP「熊本市エコキッズプロジェクト通信」を不定期に発行

  ○市政だよりにエコキッズの情報を掲載

  ○市政情報番組(テレビ年1回・ラジオ月1回)を利用した情報発信


2、エコキッズグループへの活動支援
  エコ活動へのアドバイスや、専門家の派遣を行い活動の支援をします。また、体験型のワークショップ等を開催し、各参加団体の交流を図るとともに、新たな環境への視点を身につけていただき、今後の活動へ活かしていくきっかけ作りを行います。

 

3、熊本市エコキッズサミット
  子どもたちが1年間の環境保全活動の成果を発表します。

 

★熊本シティエフエム「すいっチ!791」放送予定

ラジオ告知用

  熊本シティエフエム(FM791)で毎月第4水曜日13時から放送中の番組「すいっチ!791」では、エコキッズグループの紹介をしています。ぜひご視聴ください。
 

★平成26年度 熊本市エコキッズプロジェクト通信バックナンバー

クリックするとリンク先に移動します。

平成26年度第1号 ★エコキッズプロジェクト2014
任命式★第1回ワークショップの様子をお伝えしています。

平成26年度第2号 ★「すいっチ!791」(シティFMラジオ番組)出演:ふるさと松尾西トキメキ隊 の様子をお伝えしています。

平成26年度第3号 ★「すいっチ!791」(シティFMラジオ番組)出演:託麻東小 緑の少年団の様子をお伝えしています。

平成26年度第4号 ★第2回ワークショップ(電気について学ぼう/メガソーラー発電所見学)の様子をお伝えしています。

平成26年度第5号 ★ちびっこランド水前寺クラブ 活動報告(上半期)の様子をお伝えしています。

平成26年度第6号 ★コロボックル探検隊 活動報告(上半期)の様子をお伝えしています。

平成26年度第7号 ★ふるさと松尾西トキメキ隊 自然観察会の様子をお伝えしています。

平成26年度第8号 ★楠キッズ善行隊&環境委員会 ラジオ収録及びくすのき文化祭の様子をお伝えしています。

 

★平成25年度 熊本市エコキッズプロジェクト通信バックナンバー

クリックするとリンク先に移動します。

平成25年度第1号 ★エコキッズサミットプログラム2013任命式★平成25年度第1回ワークショップの様子をお伝えしています。
平成25年度第2号 ★高平台小学校 親路(おやじ)の会★ちびっこランド 水前寺クラブの活動(電停前清掃)を紹介しています。
平成25年度第3号 ★コロボックル探検隊の活動を紹介しています。
平成25年度第4号 ★キッズラボ くまもと探検の活動を紹介しています。
平成25年度第5号 ★江津画子(えづエコ)体験隊の活動(節水チャレンジ教室)を紹介しています。
平成25年度第6号 ★湖東幼稚園 カンナグループ(湖東幼保グループ)の活動を紹介しています。
平成25年度第7号 ★あそまなフレンド わくわく教室・のびのび教室の活動を紹介しています。
平成25年度第8号 ★江津画子(えづエコ)体験隊の活動(江津湖清掃)を紹介しています。
平成25年度第9号 ★ちびっこランド 水前寺クラブの活動(さつまいも掘り)を紹介しています。
平成25年度第10号 ★平成25年度第2回ワークショップ【加勢川船上学習会(川上り・川下り/中無田閘門通過体験)】の様子をお伝えしています。

平成25年度第11号 熊本シティエフエム「ラジオで学ぼう!ECOライフ」生放送の様子をお伝えしています。

平成25年度第12号 ★鹿児島市において開催された「環境子どもサミット」の様子をお伝えしています。

平成25年度第13号 ★平成25年度第3回ワークショップ(エコ宣言づくり)の様子をお伝えしています。

平成25年度第14号 ★第2回熊本市エコキッズサミット(前半)の様子をお伝えしています。

平成25年度第15号 ★第2回熊本市エコキッズサミット(後半)の様子をお伝えしています。

このページに関する
お問い合わせは
環境局 環境推進部 環境政策課
電話:096-328-2427096-328-2427
ファックス:096-359-9945
メール kankyouseisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:7269)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved