北区ホームページトップへ

田底校区

 熊本市の中では最も北に位置し、山鹿市と境界を接しています。また、生活圏でも山鹿市への買い物、医療機関の利用や高校進学の面での繋がりが強い校区です。
田底の地名は、明治の合併時に4か村の中で田底地区が最も面積が広かったことに由来しています。その後、昭和44年4月1日に旧植木町と合併されました。
 校区内には植木温泉があり、全ての温泉旅館が独自の泉源を持ち、掛け流し方式と美肌感覚のお湯で知られる植木温泉と、赤湯、白湯の名称で知られることが多い宮原温泉(旅館1軒)の2つの温泉地帯を有しています。

 

  田底校区の詳細はこちら新しいウインドウで

新着情報

田底校区に関する記事

2019年11月16日更新
2019年1月21日更新

2019poster

平成31年「植木地域 新成人を祝う会」が開催されました!
平成31年1月13日(日)、今年も植木地域住民の皆さん主催による「植木地域 新成人を祝う会」が熊本市植木文化センターにて開催されました。当…
2018年9月11日更新
熊本市北区役所 〒861-0195 熊本市北区植木町岩野238-1 代表電話:096-272-1111
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)

プライバシーポリシー別ウィンドウで開きます著作権・リンク・免責事項別ウィンドウで開きますサイトマップ

copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved