熊本市ホームページトップへ
南区ホームページ南区ホームページ
音声読み上げ 音声読み上げ
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

川口小学校で2年生を対象に食育実践講座を開催しました

最終更新日:2019年2月26日
南区役所 保健福祉部 南区 保健子ども課TEL:096-357-4138096-357-4138 FAX:096-357-4353 メール minamihokenkodomo@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

いきなり団子スティックを焼いているところ

川口小学校で2年生を対象におやつ作りとお話をしました。

川口小学校で2年生を対象に食育実践講座を開催しました

 平成31222日(金曜日)に熊本市立川口小学校で2年生を対象に食育実践講座を開催しました。南区役所保健子ども課の栄養士よりおやつの作り方の説明を行い、その後調理実習を行いました。

 実習は、児童と保護者を3つのグループに分け、蒸しパンといきなり団子スティックの2品を作りました。蒸しパンは、パッククッキングの手法で作りました。いきなり団子スティックは、熊本の郷土料理であるいきなり団子を小学生が作りやすいようにアレンジしたものです。

 蒸しパンは、半透明のポリ袋に1人分のホットケーキミックスと牛乳を入れ、袋の上からもんで混ぜ、袋の口を結び、2030分湯せんすると出来上がりです。パッククッキングはポリ袋に入れて調理するので、一度に多くの種類の料理が作れる、洗い物が少ないなどのメリットがあり、災害時にも活用できます。児童も袋で蒸しパンができるのに驚いていました。

 

  •  

 いきなり団子スティックは、マッシュしたさつまいもと小豆あんを春巻きの皮でスティック状に包んだものをバターを溶かしたフライパンで色よく焼いていきます。さつまいもをマッシュしたり、春巻きの皮を使って巻いたりする作業は、児童も率先して取り組んでくれました。

 試食の後は、栄養士からおやつの取り方のお話をしました。

 児童からは、「おいしかったです。」「春巻きの皮で巻くのが難しかったけど、楽しかったです。」「家でも作りたいです。」などの感想がありました。今回の講座を通して、おやつの取り方について考えること、自分で作ったものを食べることでおやつ作りの楽しさを実感し、ご家庭でも実践してもらえたらうれしいです。 

川口小学校食育実践講座の様子1川口小学校食育実践講座の様子2

 うまく、包めるかなぁ。

 きれいな焼き色がつきました。

 

川口小学校食育実践講座の様子3川口小学校食育実践講座の様子4

 新聞紙でお皿づくりをしました。

 おやつは食べすぎに注意して、おかしは選び方に気をつけよう。

 

 

このページに関する
お問い合わせは
南区役所 保健福祉部 南区 保健子ども課
電話:096-357-4138096-357-4138
ファックス:096-357-4353
メール minamihokenkodomo@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:23384)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市南区役所 〒861-4189 熊本市南区富合町清藤405-3 代表電話:096-357-4111
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)

プライバシーポリシー著作権・リンク・免責事項サイトマップ

copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved