ようこそ!市長室トップへ

市長とドンドン語ろう!(平成30年3月)※市政だより掲載版

最終更新日:2018年3月1日
政策局 総合政策部 広報課TEL:096-328-2043096-328-2043 FAX:096-324-1713 メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp

 

集合写真

 今回のドンドン語ろう!は「with大学生」と題し、

熊本学園大学の経済学部の学生と市政やまちづくりについて語りました。


 

 

まちなかの活性のために

青木さん
青木さん(経済学部2年)
 
 
   桜町の再開発ビルに、新たな商業施設が入ると聞きました。若者をターゲットにした店舗などを誘致すれば、まちなかが活性化するのではないかと思いますが、市長はどう考えていらっしゃいますか。
 
 
 
大西市長3
熊本市長 大西一史
 
 
 
 再開発ビルには熊本初出店のお店も入ると聞いています。熊本の良さはコンパクトにまとまっていることだと思うので、そのコンパクトさを活かし、まちなかの商店街と競合せず多様な選択肢ができればいいと思います。
 若者が行きたいと思うだけでなく、高齢者も楽しめるよう様々なお店が入ってくることを期待しています。
 
  

スポーツで熊本市のPRを

喜佐田さん
喜佐田さん(経済学部2年)
 
 
   2019年のNHK大河ドラマは、熊本出身の金栗四三さんを題材とした「いだてん」ということで、熊本を全国にPRするチャンスだと思います。何かお考えはありますか。
 
 
 

 

大西市長2
熊本市長 大西一史
 
 
   熊本城マラソンの種目の一つに、金栗四三さんの冠が付いた「金栗記念熊日30キロロードレース」があり、郷土の偉人を改めて知るよい機会だと思います。
 また、2019年はラグビーワールドカップと女子ハンドボール世界選手権もありますので、「スポーツ」をテーマのひとつとして熊本を盛り上げ、そして復興へのきっかけにしていきたいと思います。
 
   
 

市長が考える復興の終着点とは

 
彌永さん

彌永さん

(リーガルエコノミクス学科3年)

 
 
 熊本市は「復興重点プロジェクト」を掲げ復興に取り組んでいますが、市長が考えている復興の終着点はどのようなものですか。 
 
大西市長
熊本市長 大西一史
 
   
   仮設住宅やみなし仮設住宅にお住まいの方々が、恒久的な住まいで落ち着いた生活ができるようになることが、最低限必要なことだと考えています。
 またそれと同時に、震災前よりも「少しは良くなってきた」と感じてもらえる環境を作ることが大事だと思います。そのためには公的な力だけではなく、ボランティアの皆さんや地域の方々と一緒になって辛い気持ちを埋めていくことが大切で、それがコミュニティの役割だと思います。
 新しいコミュニティの中で、生きがいを持って生活ができるようになっていけるかどうかが、復興の大事なポイントだと思っています。
  
 
 
 
※やりとりは一部を抜粋したものです。
 
(ID:18529)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved