中央区ホームページトップへ

第2回そなえる防災講座開催しました

最終更新日:2017年11月2日
中央区役所 区民部 中央区 総務企画課TEL:096-328-2610096-328-2610 FAX:096-355-4190 メール chuousoumukikaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

そなえる防災講座の様子

第2回そなえる防災講座開催しました

第2回そなえる防災講座を開催しました

講師:稲葉 継陽さん(熊本大学 永青文庫研究センター長・教授
内容:歴史から見る熊本の災害
日時:平成291025日(水) 10001200
場所:くまもと県民交流館パレア9階 会議室3

 

中央区総務企画課では、1025日(水)くまもと県民交流館パレアにおいて、第2回そなえる防災講座を開催しました。

今回は熊本大学 永青文庫研究センター長稲葉継陽氏に「歴史から見る熊本の災害」と題しお話いただき40名の参加がありました。

 

 そなえる防災講座の様子 そなえる防災講座の様子 そなえる防災講座の様子

 

【講演概要】
地震観測データの蓄積は、ほぼ大正時代以降であり、災害史を知るには、文献史料による「歴史地震」の研究が重要である。

「江戸時代の熊本の地震災害」「江戸時代熊本の台風被害と城下町商人」「津波被害からの復興と地域社会」を中心にお話いただいた。

最後に、津波碑の存在から、自らが経験した災害を歴史化しようとした先人たちの意志。しかし、古文書も石碑も現在を生きる私たちが語らせなければ、単なる紙切れや石である。地域で次の世代に語り継いでいく必要がある。

 

 

【参加者の声】-アンケートより抜粋-

・地震の少ない地域と思っていたので、江戸時代からの地震の歴史にとても驚いた。勉強になった。

・歴史を防災の関係が非常に密であることに驚いた。地形も含め、歴史の観点から備えることが出来そうで、早急に進むといいと思った。

・古い文書に、熊本での地震等の自然災害の記録がこんなに残っていたことその当時の人々の乗り越えようとしていたことを知って、今の私たちと同じような思いをして、前へ進んでいたことに、熱いものを感じた。

・先代が残したものを次の世代に伝えていくことの大切さ、歴史を学ぶ大切さを感じた。

 

今後の予定について

今後の予定については、こちらをご覧ください。


 

 

このページに関する
お問い合わせは
中央区役所 区民部 中央区 総務企画課
電話:096-328-2610096-328-2610
ファックス:096-355-4190
メール chuousoumukikaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:17400)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)

プライバシーポリシー別ウィンドウで開きます著作権・リンク・免責事項別ウィンドウで開きますサイトマップ

copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved