新型コロナウイルス感染症対策トップへ

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

職場や学校で「コロナハラスメント」ありませんか?

最終更新日:2021年3月29日
健康福祉局 保健衛生部 新型コロナウイルス感染症対策課TEL:096-364-3311096-364-3311 FAX:096-364-3361 メール coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp

職場や学校で「コロナハラスメント」ありませんか?

 新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、入院療養等を経て、社会生活に戻られる方がたくさんいます。

その中には、退院後に“周囲の目が気になる”や“仕事復帰がしづらい”等、人知れず悩んでいる方もいらっしゃいます。

 新型コロナウイルス感染症に関する知見は日々更新されています。私たち一人ひとりが正しい知識を身につけ、感染された方やその関係者を温かく受け入れる環境をつくることが求められています。

 

チラシ

 

 



新型コロナウイルス感染症の感染性について

 

Q 新型コロナウイルスに感染した人が他の人に感染させる可能性がある期間はいつまでですか?

A

新型コロナウイルスに感染した人が他の人に感染させてしまう可能性がある期間は、 発症の2日前から発症後7~ 10 日間程度 とされています。また、この期間のうち、発症の直前・直後で特にウイルス排出量が高くなると考えられています。

このため、新型コロナウイルス感染症と診断された人は、感染症法に基づき、一定期間療養していただく必要があります。

ただし、新型コロナウイルス感染症で人工呼吸器または体外式心肺補助(ECMO)による治療を行った方の場合は、 発症後 15 日程度まで感染性を有する可能性があるとされています。また、このような方の一部では、発症日から20日間まで感染性を有する場合があることを示唆する報告もあります。そのため、人工呼吸器等による治療を受けた方については、発症日から20日間経過するまでは、感染対策が必要です。 

 
 

Q 保健所より、濃厚接触者にあたると言われました。どのように過ごせばよいですか?

A

陽性者との最終接触日から2週間(14日間)は、コロナウイルスの潜伏期間です。

この期間は、発症する可能性があるため、健康状態に注意を払い、不要不急の外出を控え、発熱等の症状が出た場合は保健所へご連絡ください。

退院について

 

Q 家族が新型コロナウイルスで入院しました。いつごろ退院できますか?

A

 症状に応じ、最終的には医師が判断致します。退院の目安として、症状が出始めた日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72 時間経過した場合と言われています。なかには全く症状のない方もいます。その場合は、検体を採取した日を発症日と捉えます。

 ただし、新型コロナウイルス感染症で人工呼吸器または体外式心肺補助(ECMO)による治療を行った場合は、症状が出始めた日から 15 日間経過し、かつ、症状軽快後 72 時間経過した場合となります。

 ※知見が進んだことで、発症後710日間(人工呼吸器等による治療を行った場合は15日間)で感染力が急激に低下することが分かったため、2020年5月下旬以降は、必ずしもPCR検査で陰性確認する必要がなくなりました。

 

Q もうすぐ社員が退院します。すぐに仕事復帰させてもよいのでしょうか?

A

 退院基準を満たして療養終了した後の活動制限はありません。

 しかし、退院後は体力の低下も懸念されるため、復帰にあたっては、体調や体力回復の状況を職場と本人でしっかり話し合い、復帰時期を調整することが大切です。

 ※ただし、人工呼吸器または体外式心肺補助(ECMO)による治療を行った方のうち、症状が出始めた日から20日経過する前に退院した方については、退院時にまだ感染性を有する可能性があります。この場合においては、発症日から20日経過するまでは、生活上必要な外出を除き不要不急の外出は控え、十分な感染対策を行う必要があります。

新型コロナウイルス感染症の“いま”についての11の知識

 厚生労働省が、新型コロナウイルス感染症に関する現在の状況とこれまでに得られた科学的知見について、11の知識としてまとめています。
 新型コロナウイルス感染症の発生をさらに抑えるためには、一人ひとりが最新の知識を身につけて正しく対策を行うことが何よりも重要です。ぜひご覧下さい。

PDF 新型コロナウイルス感染症の”いま”に関する11の知識(2021年2月時点) 新しいウィンドウで(PDF:2.97メガバイト)

 

 上記の情報は、厚生労働省ホームページ新しいウインドウで(外部リンク)に掲載されています。

  •  厚生労働省ホームページでは、新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報が随時更新されますので、ぜひご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、感染された方やその関係者に対して不当な差別や誹謗中傷が起こっています。

ウイルスへの恐怖から不安や差別を生まないために、正確な情報に基づき冷静に行動されるようご理解とご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について新しいウインドウで

新型コロナウイルス感染症にかかる偏見や差別を生まないために新しいウインドウで

人権擁護委員による人権相談新しいウインドウで

【新型コロナウイルス】保護者のみなさまと一緒に考えたいこと新しいウインドウで

 

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 保健衛生部 新型コロナウイルス感染症対策課
電話:096-364-3311096-364-3311
ファックス:096-364-3361
メール coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:31341)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved