新型コロナウイルス感染症対策トップへ

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

【風水害時】健康観察中に避難される方へ(新型コロナ)

最終更新日:2021年6月22日
健康福祉局 保健衛生部 新型コロナウイルス感染症対策課TEL:096-364-3311096-364-3311 FAX:096-364-3361 メール coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp

 風水害時に指定避難所が開設された場合、熊本市では、新型コロナウイルス感染症にかかる「健康観察期間中の方(※下記参照)」につきましては、指定避難所ではなく、保健所が避難先をご案内しております。

 

※「健康観察期間中の方」とは?

(1)新型コロナウイルス感染症に罹患し、自宅療養または自宅待機中の方

(2)新型コロナウイルス感染者の「濃厚接触者」に該当すると保健所から連絡を受けた方(陽性者との最終接触日から14日間)

(3)海外から帰国・入国し、14日間の待機中の方

健康観察期間中に風水害が発生した場合、または恐れがある場合の対応について

「避難」とは「難」を避けることです。風水害等により浸水した場合、屋外に避難することが危険な場合もあります。2階建て以上の建物の場合は、浸水していない2階以上への垂直避難もご検討ください。

 健康観察中に風水害で避難所が開設され、避難が必要な方は、「保健所」にご連絡ください。

夜間等、保健所につながらない場合は、市役所の代表にご連絡ください。守衛から保健所へつなぐようお伝えください。

 【連絡先】

熊本市保健所:096-364-3316

熊本市役所:096-328-2111(夜間等保健所につながらない場合)

 

ご自宅が避難が必要な地域かどうかについては、熊本市ホームページ「ハザードマップ等の防災情報を確認できます。新しいウインドウで」をご参照ください。

避難所での生活について

◎健康状態の確認

避難生活中も電話等による健康観察を継続します。体調に変化がある場合は、熊本市保健所(096-364-3316)へご相談ください。

 

手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

適切なタイミング、方法で手洗いを行うことが重要です。

特に共有スペース使用後や、手すりやドアといった共有部分に触れたときなどは手を洗いましょう。

マスクを持参のうえ正しく着用し、咳エチケットを守りましょう。

 

◎密を避ける

避難者間の距離を十分確保し、共有スペース使用後は、触れた箇所を消毒しましょう。

 

◎ゴミの管理

避難生活中のゴミは、必ずゴミ袋に入れ、毎回口を縛りましょう。避難所で出たゴミは、各自持ち帰りましょう。

 

避難する場合に持っていったほうがよいもの 】

体温計・マスク・パルスオキシメーター(自宅療養中の方)・スリッパ・歯ブラシウエットティッシュ・ゴミ袋寝具・着替え・タオル・飲み物や食べ物・普段から服用している薬、その他生活に必要な物

※避難生活で必要な物は、全てご自身でご準備ください。

 

(ID:35404)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved