新型コロナウイルス感染症対策トップへ

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

【申請期限が令和3年11月30日まで延長になりました】新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

最終更新日:2021年10月4日
健康福祉局 福祉部 保護管理援護課TEL:096-328-2299096-328-2299 FAX:096-351-2183 メール hogokanri@city.kumamoto.lg.jp

お知らせ

【(第5回)総合支援資金(再貸付)の最終貸付月が10月の方へ10月8日に申請書を送付いたします。郵送で申請ください。】

【(第4回)総合支援資金(再貸付)の最終貸付月が9月の方へは9月10日に申請書を送付いたしております。】

【(第3回)該当世帯(追加分)へは8月10日に申請書を送付いたしております。】

【(第2回)該当世帯(追加分)へは8月3日に申請書を送付いたしております。】

【(第1回)該当世帯へは7月14日に申請書を送付いたしております。】

 

 熊本市におきましては、公的給付の支給等の迅速かつ確実な実施のための預貯金口座の登録等に関する法律に基づき、熊本県社会福祉協議会から再貸付に係る情報提供を受け申請書を送付します。

1 支援金の趣旨

 新型コロナウイルス感染症の影響により生活に困窮する世帯に対しては、これまで緊急小口資金等の特例貸付などによる支援を行なってきたところ、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、既に総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない世帯が存在する。こうした世帯に対して、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給につなげるために支給するもの。

2 支給対象世帯

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯

・総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯/8月までに借り終わる世帯

・総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯

・総合支援資金の再貸付を相談したものの、申し込みに至らなかった世帯

 

上記の世帯に該当した上で、以下のすべてを満たしている場合

【収入要件】

申請月における世帯収入合計額が基準額以下であること

1人世帯 112,100円以下

2人世帯 160,000円以下

3人世帯 197,400円以下

4人世帯 234,400円以下

5人世帯 272,400円以下

6人世帯 313,000円以下

【資産要件】

申請日における世帯資産(預貯金)合計額が基準額以下であること

1人世帯 486,000円以下

2人世帯 738,000円以下

3人世帯 942,000円以下

4人世帯以上 1,000,000円以下

【求職活動要件】

今後の生活の自立に向けて、下記のいずれかの活動を行うこと

・公共職業安定所に求職の申込をし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと

・就労による自立が困難であり、この給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと

 

3 支給額・支給期間

月額の支給額

 1人世帯 60,000円  2人世帯 80,000円 3人世帯 100,000円

 支給期間 3か月間

 ※住居確保給付金との併給が可能です。

4 熊本市へ転入された方へ

 他の市町村において、総合支援資金の再貸付を受けられた世帯、不承認となった世帯については、申請書の送付ができませんので、お問い合わせください。

 【問い合わせ先】保護管理援護課 TEL 096-328-2299

(ID:36079)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved