新型コロナウイルス感染症対策トップへ

新型コロナウイルス感染症対策サイト(スマホ版)新型コロナウイルス感染症対策サイト

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

よくあるお尋ねFAQ「濃厚接触者の方へ」

最終更新日:2022年11月11日

濃厚接触者の方へ

Q3-1: どんな人が濃厚接触者になりますか。

Q3-2: 身近な人が新型コロナウイルスに感染しました。自分も濃厚接触者となりますか。

Q3-3: 濃厚接触者と判定されました。どうしたらよいですか。

Q3-4: 濃厚接触者と言われました。どこで検査を受けることができますか

Q3-5: 濃厚接触者と判定されましたが食料品などの買い出しに行ってもよいですか。

Q3-6: 濃厚接触者としての自宅待機期間中に持病の薬が切れそうです。どうしたらよいですか。

Q3-7: 同居家族が陽性者となり、自分も濃厚接触者と判定され自宅待機になりました。過ごし方で気を付けることはありますか。

Q3-8: 濃厚接触者と判定された人と接触しました。自分も濃厚接触者になりますか。

Q3-9: 濃厚接触者の待機期間が終了するときに、保健所からの連絡はありますか。



←メニューに戻る


 

Q3-1: どんな人が濃厚接触者になりますか。

A: 新型コロナウイルス感染症のPCR検査等で陽性となった者(以下、「感染者」とする。)の感染可能期間※1内に、近距離で接触、あるいは長時間接触し、感染の可能性が高い方を濃厚接触者といいます。


感染可能期間内に接触した方のうち、次のいずれかに該当する方は濃厚接触者となります。

 

1 感染者と同居している者

2 感染者と長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者

3 適切な感染防御なしに感染者を診察、看護もしくは介助していた者

4 感染者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者

5 手で触れることの出来る距離(目安として1m)で、必要な感染予防策なしで、感染者と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から感染者の感染性を総合的に判断する

参考:新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(国立感染症研究所)

※1 感染可能期間:陽性者のコロナウイルスが他者へ感染する可能性を伴う期間のこと

・発症の2日前から新型コロナウイルス感染症の診断を受けた後に隔離などをされるまでの期間

・無症状の方は検体採取日の2日前から新型コロナウイルス感染症の診断を受けた後に隔離などをされるまでの期間


目次に戻る▲

 

Q3-2: 身近な人が新型コロナウイルスに感染しました。自分も濃厚接触者となりますか。

A: 同居家族・同居人(以下、「同居家族等」という)は一律に濃厚接触者となります。


また、医療機関、高齢者・障がい児者施設等、重症化リスクが高い施設については、保健所による積極的疫学調査を実施して濃厚接触者を特定し行動制限を求めますが、その他の事業所等については保健所による積極的疫学調査は実施せず、濃厚接触者の特定や、行動制限も行いません。濃厚接触者セルフチェックを参考に各自でご判断ください。




濃厚接触者セルフチェック表濃厚接触者セルフチェック裏

 


目次に戻る▲

 

 

  Q3-3: 濃厚接触者と判定されました。どうしたらよいですか。

A-1:症状がある場合

発熱などの症状があった場合は、直接医療機関に行くことは避け、市販の抗原定性検査キット(医療用又は一般用)でセルフチェックを行うか、症状によってかかりつけ医や最寄りの医療機関など、身近な医療機関にお電話にてご相談いただきますようお願いします。

詳しくは「陽性判明から療養までの流れ」をご確認ください。


【相談する医療機関がわからない場合】

 熊本県では、発熱等の症状のある方が、かかりつけ医等の身近な医療機関で適切に診療・検査を受けられるよう、発熱患者等の診療または検査を行う医療機関を「診療・検査医療機関」として指定しています。

 熊本市内で「診療・検査医療機関」として指定している医療機関も掲載していますので、下記の県のホームページをご覧いただき、お近くの医療機関にお電話にてご相談いただきますようお願いします。


県ホームページ「発熱等の症状がある場合の医療機関の受診についてのお願い新しいウインドウで(外部リンク)  


A-2:症状がない場合

感染者との最終接触日を0日目として5日間※2の自宅待機をお願いします。感染者が同居家族等の場合は「感染者の発症日(感染者が無症状の場合は検体採取日)」又は「感染者の発症等により住居内で感染対策を実施した日」のどちらか遅い方を最終接触日とします。


※感染対策とは、日常生活を送る上で可能な範囲でのマスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物品等の共用を避ける、消毒等の実施などの対策を想定しています。

ただし2日目及び3日目に抗原定性検査キット※3を用いた検査で陰性を確認した場合、3日目から解除が可能となります。


例(1)


発熱などの症状があった場合は、直接医療機関に行くことは避け、市販の抗原定性検査キット(医療用又は一般用)でセルフチェックを行うか、症状によってかかりつけ医や最寄りの医療機関など、身近な医療機関にお電話にてご相談いただきますようお願いします。

詳しくは「陽性判明から療養までの流れ」をご確認ください。

なお、症状の有無に関わらず、7日間が経過するまでは次の事項について協力をお願いします。

 ・検温などご自身で健康観察(セルフチェック)を行っていただき、症状が出た場合にはかかりつけ医等にご相談のうえ、受診をお願いします。 

   かかりつけ医等がいない場合には、県ホームページ「発熱等の症状がある場合の医療機関の受診についてのお願い新しいウインドウで(外部リンク)」  をご覧

  いただき、お近くの医療機関にお電話にてご相談いただきますようお願いします。

   また基礎疾患等がありご不安な場合等はかかりつけ医にご相談ください。相談、医療機関を受診する際には、事前に濃厚接触者である旨を必ずお伝えください。

 ・高齢者や基礎疾患を有する方など、感染した場合に重症化リスクの高い方(以下「ハイリスク者」といいます。)との接触を避けてください。

 ・ハイリスク者が多く入所する高齢者・障がい児者施設など(以下「ハイリスク施設」といいます。)への不要不急の訪問を避けてください。

  (なお、受診等を目的としたものは除きます。)

 ・感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けてください。

※2 ただし、別の同居家族等が発症した場合は、改めてその発症日(その別の同居家族等が無症状の場合は検体採取日)を0日目として起算します。また、その感染者が診断時点では無症状であったが、その後発症した場合は、その発症日を0日目として起算します。

※3 抗原定性検査キットは自費検査とし、薬事承認されたものを必ず使用してください。


例1:陽性者が発症(無症状の場合は検査日)後、2日目に感染対策を開始した場合

   同居家族の待期期間は、感染対策を開始した日を0日として、5日間が経過するまでとなります。

   (陽性者の発症日から8日目に解除)


例(2)



例2:陽性者が発症(無症状の場合は検査日)後、2日目に別の同居家族が発症した場合

   同居家族(2)の待期期間が延長となり、同居家族(1)の発症日(または検査日)を0日として、5日間が経過するまでとなります。

  (最初に感染対策を開始した日から8日目に解除。) 


例(3)


※最初に陽性になられた方の療養期間は、同居家族が後から陽性になった場合も変わりません。
 療養解除後は、家庭内にまだ陽性の方がいても、新たに濃厚接触者としての待期期間は発生いたしません。

目次に戻る▲

 

 

Q3-4:濃厚接触者と言われました。どこで検査を受けることができますか。

A: 自宅待機中に症状が出た場合に、医療機関の受診をお願いします。無症状の場合は、ご自身で健康観察を行ってください。


感染の急拡大を受けて、保健所では濃厚接触者の中でも重症化やクラスター発生などリスクが高い施設関係者等を優先して検査を行っています。

その他の濃厚接触者は、自宅待機中に症状が出た場合に、市販の抗原定性検査キット(医療用又は一般用)でセルフチェックを行うか、症状によってかかりつけ医や最寄りの医療機関など、身近な医療機関にお電話にてご相談いただきますようお願いします。

詳しくは「陽性判明から療養までの流れ」をご確認ください。

かかりつけ医等がいない場合には、県ホームページ「発熱等の症状がある場合の医療機関の受診についてのお願い新しいウインドウで(外部リンク)」  をご覧いただき、お近くの医療機関にお電話にてご相談いただきますようお願いします。

相談、医療機関を受診する再には、事前に濃厚接触者である旨を必ずお伝えください。

 

目次に戻る▲

 

 

Q3-5: 濃厚接触者と判定されましたが食料品などの買い出しに行ってもよいですか

A: 親戚や知り合いに依頼する、デリバリーの利用、ネットスーパーの利用等をご検討ください。

上記の対応が難しく買い物が必要な場合は、感染対策をし、人混みを避け、短時間で済ませるようにしてください。症状がある場合は外出されないようにお願いします。

 

目次に戻る▲

 

 

  Q3-6: 濃厚接触者としての自宅待機期間中に持病の薬が切れそうです。どうしたらよいですか。

 A: かかりつけ医にご相談ください。なお、受診をしなければ処方できないなど、やむを得ず外出しなければならない場合は、感染対策をし、人混みを避け、短時間で済ませるようにしてください。症状がある場合は外出されないようにお願いします。

 

目次に戻る▲

 

 

Q3-7: 同居家族が陽性者となり、自分も濃厚接触者と判定され自宅待機になりました。過ごし方で気を付けることはありますか

A: 以下の点に注意しましょう。

・部屋を分ける

・窓を開けて換気

・マスクを着用

・こまめな手洗い、手で触れる部分を消毒

・汚れたリネン、衣類を洗濯

・ゴミは密閉して捨てましょう


 家族が新型コロナウイルスに感染した時に注意したいこと



 
目次に戻る▲

  

 

Q3-8: 濃厚接触者と判定された人と接触しました。自分も濃厚接触者になりますか。

 A:  濃厚接触者にはなりません。濃厚接触者は感染者との接触者を指します。そのため、濃厚接触者と接触しても直ちに濃厚接触者と判定されるわけではなく、行動制限もありません。ただし、その濃厚接触者が検査を受けた結果「陽性」となれば、濃厚接触者となる可能性があります。

 

目次に戻る▲

 

 

  Q3-9: 濃厚接触者の待機期間が終了するときに、保健所からの連絡はありますか。

 A:   待機期間終了時の保健所からの連絡はございません。


目次に戻る▲

 

 


(ID:43699)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved