新型コロナウイルス感染症対策トップへ

新型コロナウイルス感染症対策サイト(スマホ版)新型コロナウイルス感染症対策サイト

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

高齢者施設・障がい児者福祉施設等で新型コロナウイルス感染症患者が発生した場合

最終更新日:2022年6月16日
健康福祉局 保健衛生部 新型コロナウイルス感染症対策課TEL:096-364-3311096-364-3311 FAX:096-364-3361 メール coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp

1 保健所による調査

 オミクロン株は、感染・伝播性が高く、潜伏期間と発症間隔が短い特徴があります。感染が急拡大し濃厚接触者が急増することから、重症化リスクの高い方が入所・利用している高齢者施設・障がい児者福祉施設等は濃厚接触者の特定や行動制限を含めた積極的疫学調査の重点化の対象です。陽性者が感染可能期間に熊本市内の高齢者施設・障がい児者福祉施設等に出勤、入所、通所利用していたことが確認された場合は、施設調査を実施します。


 

陽性者発生時の対応

 施設利用者・スタッフに陽性者が確認された場合、下記の流れで対応します。
 感染拡大を防ぐべく、迅速な施設調査の実施・濃厚接触者の特定を行うため、ご協力をお願いいたします。

福祉施設 フロー図


2 接触者のリストアップと対応

 病院及び施設は、陽性者と接触がある方をリストアップしてください。濃厚接触者にあたるかは保健所が総合的に判断し決定します。

リストアップ様式


      調査の結果、保健所から濃厚接触者がいると判断された場合、該当職員・利用者に対して下記の事をお伝えください。

    • 〇陽性者と最後に接触した日から7日間の不要不急の外出自粛と健康観察を行うこと

    • ※現在、保健所業務のひっ迫により、濃厚接触者への連絡は陽性者本人もしくは施設から行っていただいております。
    • ※濃厚接触者となったスタッフは、毎日の検査での陰性確認など、一定の条件下での出勤が可能となっています。詳しくは「濃厚接触者の方へ」のページをご参照ください。

3 職場等の消毒

消毒は各病院・施設にて行ってください。アルコール(70%以上)又は次亜塩素酸ナトリウム(0.05)で患者が触れたと思われる場所(デスクやドアノブ、スイッチ等)、職場内の共有部分(トイレ、休憩室等)などを拭き上げ消毒をお願いします。

方法や消毒液の作り方は下記ページを併せてお読みください。

  1.  新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)新しいウインドウで(外部リンク)

PDF 【厚生労働省】身の回りを清潔にしましょう 新しいウィンドウで(PDF:977.3キロバイト)

PDF 【厚生労働省】流水で手洗いできない場合の手指消毒について 新しいウィンドウで(PDF:819.6キロバイト)

PDF 消毒用アルコールがない場合の消毒・除菌について 新しいウィンドウで(PDF:459.6キロバイト)

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 保健衛生部 新型コロナウイルス感染症対策課
電話:096-364-3311096-364-3311
ファックス:096-364-3361
メール coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:41867)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved