東区ホームページトップへ

熊本県立大学のランチタイムセミナーでパッククッキング体験講座を開催しました

最終更新日:2020年4月9日
東区役所 保健福祉部 東区 保健子ども課TEL:096-367-9134096-367-9134 FAX:096-367-9303 メール higashihokenkodomo@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

パッククッキングに挑戦!災害時にも使える家庭版真空調理方法を知ろう

令和2年1月22日(水)に、熊本県立大学 大学会館調理実習室で、「ランチタイムセミナー パッククッキングに挑戦!災害時にも使える家庭版真空調理方法を知ろう♪」を開催しました。

講義の合間の昼休み、学生の皆さん10名の参加がありました。

講座では、まずパッククッキングのメリットなどを紹介しました。デモンストレーションで本日のレシピの調理ポイントを説明したのち、参加者で協力しながらパッククッキングに挑戦してもらいました。

今回は、10分で作れる「トマトリゾット」、あさりの水煮缶とシチュールウを使用した「キャベツのクラムチャウダー」、デザートとして「プリン」を作り、試食しました。

講座後アンケートでは、「とても美味しかった」「一人ひとりに配れる点が効率的で衛生的だと感じた」「普段から料理に取り入れることができるため、忘れないと感じた」「災害時にデザートや温かいものが食べられたら心も身体も休まるので、とても良いと思った」との感想が寄せられました。

パッククッキングは従来の作り方より調味料が少なく、節約できるなどのメリットがある中で、大学生の皆さんにとって印象に残ったのは、「一つの鍋で複数の料理ができること」「個別対応が可能」「後片付けが簡単」「災害時には袋のまま配布ができること」でした。

皆さんもパッククッキングに挑戦してみませんか。

 

トマトリゾットキャベツのクラムチャウダープリン

トマトリゾット

 火が通りやすいようにカットした野菜と

レトルトご飯を使って時短料理

キャベツのクラムチャウダー

 火が通りやすいようにカットした野菜と

あさりの水煮缶、顆粒のシチューの素で

プリン

 卵、牛乳、砂糖だけで作る柔らかプリン

よく混ぜて加熱温度と時間に注意すればOK

 

ポリ袋に材料を入れよく混ぜているところ鍋で加熱しているところ盛付中

材料を耐熱のポリ袋に入れてよく混ぜる。

途中で味見はできないので、調味料はなるべく計量しよう。

空気を抜き、袋の上部を結んだポリ袋を沸騰した鍋に入れる。お湯の量は吹きこぼれない程度に。袋を容器に広げて食べれば、食器を汚さない。

 

本セミナーは、災害時の健康管理・疾病予防を目的とし、食と栄養に関する啓発を実施した事業です。今回は、熊本県立大学「たべラボ(食卓研究会:table laboratory)」との連携・協力により、企画実施したものです。

(ID:27011)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市東区役所 〒862-8555 熊本市東区東本町16-30 代表電話:096-367-9111
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)

プライバシーポリシー別ウィンドウで開きます著作権・リンク・免責事項別ウィンドウで開きますサイトマップ

copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved