熊本市ホームページトップへ

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の処理期限が迫っています!

最終更新日:2019年1月16日
環境局 資源循環部 ごみ減量推進課 事業ごみ対策室TEL:096-328-2365096-328-2365 FAX:096-359-9945 メール jigyougomitaisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の期限内処理について

 平成28年8月1日にPCB特別措置法が改正(環境省HP新しいウインドウで(外部リンク))され、PCB廃棄物、または使用中のPCB含有機器の所有者に対し、
  (1) 使用中の機器に関しては処分期間内に使用をやめ、廃棄物とすること。
  (2) 廃棄物は処分期間内までに自ら処分するか、処分を委託すること。
の二点が「義務付け」されました。
 PCB廃棄物の処理にあたっては、処分期間内に処分を委託(または自ら処分)し、計画的処理完了期限までにPCB廃棄物の処理を完了しなければなりません。現在、PCBを含有した変圧器、コンデンサーや蛍光灯安定器等を使用中の事業者の方は、期限までに計画的に処理ができるよう速やかに機器の使用中止や更新を実施していただきますようご協力お願いいたします。

 

(処分期間)

・高濃度PCB廃棄物(変圧器・コンデンサー):平成30年3月31日まで(すでに処分期間は終了しています。)

・高濃度PCB廃棄物(安定器等・汚染物):2021年(平成33年)3月31日まで

 

(計画的処理完了期限)

・高濃度PCB廃棄物(変圧器・コンデンサー):平成31年3月31日

・高濃度PCB廃棄物(安定器等・汚染物):2022年(平成34年)3月31日

・低濃度PCB廃棄物:2027年(平成39年)3月31日

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の処分について

  PCB廃棄物は、PCB濃度により高濃度PCB廃棄物又は低濃度PCB廃棄物に分類され、それぞれ処分先が異なります。高濃度PCB廃棄物、低濃度PCB廃棄物又は、PCB非含有廃棄物のどれに該当するかは、変圧器、コンデンサーや蛍光灯安定器等の銘版に明記してある型式、製造番号、製造年月日等の情報を元に、各製造メーカーに問い合わせてください。メーカーに問い合わせた結果、どの分類に該当するか判別できない場合は、PCB濃度を分析して判別することになります。なお、機器の銘版の確認やPCB濃度の分析にあたっては、電気設備を管理している電気主任技術者に必ず相談してください。

 

  PCB廃棄物の処分先として、高濃度PCB廃棄物は中間貯蔵・環境安全事業株式会社北九州事業所(JESCO)で、低濃度PCB廃棄物は無害化処理認定施設で処理することとなります。契約方法や処分費用等は下記より直接お問い合わせください。PCB非含有廃棄物については、通常の産業廃棄物として処理して構いません。

 なお、PCB廃棄物を処分を依頼する際は、ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の保管状況等届出書の写しが必要です。届け出がお済でない事業者の方は、ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の届出新しいウインドウでについてをご覧の上、届出書を提出してください。

 

・高濃度PCB廃棄物処分先

  中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)新しいウインドウで(外部リンク)

  ※中小企業・個人の方には処理料金が割引になる場合があります。詳細はJESCOにご確認ください。→HP新しいウインドウで(外部リンク)

 

・低濃度PCB廃棄物処分先

 無害化処理認定施設(環境省ホームページ)新しいウインドウで(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは
環境局 資源循環部 ごみ減量推進課 事業ごみ対策室
電話:096-328-2365096-328-2365
ファックス:096-359-9945
メール jigyougomitaisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:10468)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved