熊本市ホームページトップへ

第3回そなえる防災講座を開催しました

最終更新日:2017年11月3日
中央区役所 区民部 中央区 総務企画課TEL:096-328-2610096-328-2610 FAX:096-355-4190 メール chuousoumukikaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
第3回そなえる防災講座開催しました

第3回そなえる防災講座を開催しました

講師:道喜 邦浩さん(熊本市中央消防署 指導課長
内容:
知っておきたい火災予防
日時:平成29年11月29日(水) 10001200
場所:くまもと県民交流館パレア9階 会議室3

中央区総務企画課では、1129日(水)くまもと県民交流館パレアにおいて、第3回そなえる防災講座を開催しました。今回は、熊本市中央消防署 指導課長道喜 邦浩氏に「知っておきたい火災予防」と題しお話いただき約20名の参加がありました。

講座の様子    講座の様子

 

 【講演概要】
44年前の1129日は、大洋デパート火災の日。その44年前に比べ、火災の件数は全国的にも半減しており、住宅の火災による死者数も、住宅用火災警報器の普及効果もあり年々減少している。しかし、このうち65歳以上の高齢者の死者数は減少が見られず、そのほとんどは逃げ遅れではないかと考えられる。

住宅火災を防ぐために知っておきたい出火原因の上位は「こんろ」「たばこ」「ストーブ」「電気器具配線等」「放火」の5つであり、全国、熊本市ともに不動であること。各ご家庭で注意ポイントを点検し、予防しましょう。

【注意ポイント -抜粋-

「こんろ」・・・天ぷら油火災が多い。こんろを離れる場合は火を消すこと。また、コンロの周りや上方にキッチンペーパーや可燃性スプレーを置かないことも大切です。

「たばこ」・・・小さな火種が布団や灰皿でくすぶり、燃え広がります。吸殻、灰皿の処理を行い、寝たばこは絶対にやめましょう。

「ストーブ」・・・電気ストーブの近くに衣類を干していたり、布団の近くでの使用は止めましょう。また給油時には火を消し、給油タンクのキャップは確実に締めましょう。

「電気器具配線等」・・・長年、配線コードを家具などで踏みつけたままだったり、タコ足配線やホコリがたまることによるトラッキング現象が多い。長年使用している電気製品や差込プラグは日常的に点検し、異常がある場合は使用を中止しましょう。また、地震発生時の電気火災予防としては、ブレーカーを落とし、電気を遮断しておくとよいでしょう。 

今後の予定について

今後の予定については、こちらをご覧ください。


 


 

 

このページに関する
お問い合わせは
中央区役所 区民部 中央区 総務企画課
電話:096-328-2610096-328-2610
ファックス:096-355-4190
メール chuousoumukikaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:17767)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved