総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉・子育て  >  障がい者(児)福祉  >  計画・条例・年次報告  >  【熊本県】障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例
ホーム  >  分類から探す  >  行政情報  >  政策・計画・年次報告  >  その他の政策・計画・年次報告  >  【熊本県】障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例
ホーム  >  人生のできごとから探す  >  障がい  >  障がい者(児)に関する制度・施策  >  【熊本県】障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉局  >  障がい者支援部  >  障がい保健福祉課  >  【熊本県】障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例

【熊本県】障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例

最終更新日:2017年7月25日
健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課TEL:096-328-2519096-328-2519 FAX:096-325-2358 メール shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

【熊本県】障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例(平成24年4月1日全面施行)


 熊本県では、平成23年7月に、「障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例」(以下「条例」という。)を制定し、平成24年4月1日から全面施行しました。
 この条例は、障がいのある人に対する不利益な取扱いや、障がいのある人の社会参加を防げる社会的障壁を除去するための必要かつ合理的な配慮に関する問題を、相談活動を通じて解消し、すべての県民が互いに支え合い、障がいの有無にかかわらず安心して暮らすことができる共生社会の実現を目指しています。
  

条例の4つの特色


不利益取り扱いの禁止
障がいのある人に対する「不利益取扱い」の防止を図るため、どのような行為が「不利益取扱い」にあたるのかを具体的に掲げ、禁止しました。

社会的障壁除去のための合理的な配慮
社会的障壁の除去のための、「合理的な配慮」を県民の皆さんに求める規定を設けました。

相談体制および個別事案解決の仕組み
不利益取扱い・合理的配慮又は虐待に関する相談員の配置による「相談体制」、不利益取扱いに関する「個別事案解決の仕組み」を設けました。

県民の理解の促進
障がいのある人に対する県民の皆さんの理解を深めるための啓発活動の推進、障がいのある人とない人の交流の機会の提供等の措置を講ずる規定を設けました。


※この条例の詳細は、熊本県のホームページでご覧いただけます。

熊本県のホームページへ(外部リンク)
新しいウインドウで
  
  

お問い合わせ先


熊本県 健康福祉部 障がい者支援課
  電話 096-333-2250(直通)
  FAX  096-383-1739

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課
電話:096-328-2519096-328-2519
ファックス:096-325-2358
メール shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:2345)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
ホーム  >  分類から探す  >  行政情報  >  政策・計画・年次報告  >  その他の政策・計画・年次報告  >  【熊本県】障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例
ホーム  >  人生のできごとから探す  >  障がい  >  障がい者(児)に関する制度・施策  >  【熊本県】障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉局  >  障がい者支援部  >  障がい保健福祉課  >  【熊本県】障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved