熊本市ホームページトップへ

【参加者募集】くまもとスタートアッププログラム(通称:くまスタ)のご案内

最終更新日:2019年10月3日
政策局 総合政策部 政策企画課TEL:096-328-2035096-328-2035 FAX:096-324-1713 メール seisakukikaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
くまもとスタートアッププログラム(通称:くまスタ)の参加者を募集します!

1 開催趣旨

熊本市、キリンホールディングス(株)、日本財団では、熊本中心市街地の持続的な発展のため、「熊本地震からの復興の加速と未来への礎となる担い手の育成」に関する連携協定を2017年4月に締結しました。本協定に基づき、熊本の若手事業家等の人材育成やネットワーク構築等を推進するためのプラットフォームとして「くまもと未来人材チャレンジステージ(くまチャレ)」を2019年4月から開設しております。

 

※くまもと未来人材チャレンジステージとは?

熊本市・キリングループ・日本財団が連携し、熊本の若手人材の育成を目的としています。

中心市街地を含む熊本の活性化に繋がるビジネスプランやイベントなどのアイデアの実現に向けた支援の場(スタートアップ)を提供します。

事業化のための補助金を交付するものではありません。 

対象となるテーマは、「熊本城・城下町」「にぎわい・観光」「食・文化」です。

 

チャレンジステージ

※くまもとスタートアッププログラム(くまスタ)とは?

 熊本中心市街地をはじめとする、地域の課題解決を仕事としたい方への、ビジョン設計から具体的事業づくりまでを伴走支援するプログラムです。実際に自己資金でスタートされているプロジェクトを、本当に仕事としてはじめるか?を判断するトライアル期間としてご活用ください。

ソーシャルビジネス支援を専門とするメンターや、コーディネーターが、深くコミットするソーシャルビジネスの伴走型スタートアップの支援です。

主催:熊本市/キリンホールディングス(株)/日本財団

事務局・伴走コーディネート:一般社団法人フミダス

協力パートナー:熊本信用金庫/熊本第一信用金庫

 

 

※くまもとスタートアッププログラム(くまスタ)の特徴

1)折れない軸をつくる

ソーシャルビジネスと通常のビジネスとの大きな違いは、ビジョン設計(特にその課題への向き合い方)にあります。「最終的に、何を実現するのか」「なぜ自分がするのか」自分の折れない軸づくりを中心に据えたプログラムです。そのため、本プログラムではインプットより、常にアウトプットし、それをブラッシュアップし続ける場となります。

 

2)少人数のゼミスタイル

習う、学ぶといった座学ではなく、自分たちの行いたい事業をメンター含めブラッシュアップし合います。少人数だからこそ、個々の事業について、細かいところまで話し合える環境です。

 

3)「走りながら、考える」という、イベントだけで終わらないプログラム

本プログラム期間中、ゼミスタイルのイベント参加だけでなく、この期間本気で試しに行ってみたいことを、プロジェクト化し行っていただきます。例えば、商品試作・販売、イベントの開催など。4か月間、コーディネーターが伴走しながらプロジェクトの実行を支援します。

 

 

2 実施概要

くまスタは2つの時期に分かれて実施いたします。

 

1)プロジェクトデザイン期

  事業デザイン期に行う(自身が期間中本気でトライしてみたい)ことをプロジェクト化する期間。

  4か月間をどのように使い、何を試してみたいか仮説をブラッシュアップさせます。

  

  実施日:令和元年(2019年)11月17日(日)13:00~17:00

 

2)事業デザイン期

  全5回のブラッシュアップ会(メンター等が同席し、少人数ゼミスタイルで開催)と、実際に行ってみたいプロジェクトを

  実施する期間。(1月から4月の4か月間)

 

  ブラッシュアップ会

  第1回:令和2年(2020年)1月18日(土)13:00~19:00 その後、懇親会

  第2回:令和2年(2020年)2月 1日(土)13:00~19:00 その後、懇親会

  第3回:令和2年(2020年)2月29日(土)13:00~19:00 その後、懇親会

  第4回:令和2年(2020年)3月28日(土)13:00~19:00 その後、懇親会

  第5回:令和2年(2020年)4月18日(土)13:00~19:00 その後、懇親会

 

 

ゲスト講師写真
メンター:山元 圭太 氏  
 【メンター】 山元 圭太 氏 (合同会社喜代七 代表)          
             
         ◆講師プロフィール                 

          株式会社Seventh Generation Project 代表取締役

          NPO法人日本ファンドレイジング協会 理事

          NPO法人おっちラボ 理事

          島根県雲南市地方創生総合戦略推進アドバイザー

          日本政策金融公庫「ビジネス見える化BOOK」執筆

 

 

 

 

    ※その他、ゲスト講師を調整中です。

 

 

 

 【参加費】  5万円 (事業デザイン期の全5回の懇親会費を含む)

 

 【募集枠】  7団体 

        ※1団体2名まで参加可能です。ただし懇親会に2名参加される場合、1名分の懇親会費は別途徴収させていただきます。

 
 
 

3 対象者・応募手順・お問合せ

対象者となる団体と条件

1)実現可能性と事業として持続可能性を見据えていること

  現段階では、不確実性はありながらも自立的に中長期単位で事業継続を図っていこうとする意思のある方への支援を行います。

  これは自主事業収入だけではなく、寄付など継続的なファンドレイジングを見込む団体も含みます。

  融資を受けていないまでも、実際に自己資金でスタートしている方々が主な対象となります。

 

2)以下の3つのテーマのいずれかに寄与するプロジェクトであること。

  熊本市の中心市街地をはじめとする、地域活性化に向けた以下の3つのテーマ

  (1)熊本城・城下町 (2)にぎわい・観光 (3)食・文化 のいすれかに関連するプロジェクトを対象とします。

 

 

応募手順

1)エントリーシートをダウンロード

  応募を希望される方は以下のエントリーシートをダウンロードしていただくか、下記の問い合わせ先にご連絡ください。 

 

  •  ・エクセル エントリーシート 新しいウィンドウで(エクセル:20.2キロバイト)
  •   ※1つのファイル内にシート2種類ありますので、ご注意ください。


 

2)メールにてエントリーシートを提出

  提出先 : info@fumidas-project.com  (受付担当: 林)

  件名  : 【くまスタ】プロジェクトデザイン期エントリー

  エントリーシートをメールに添付し、10月18日(金)までにご提出ください。

 

3)受付完了

  メールにて受付を完了しましたら、その後事務局よりご連絡いたします。

 

 

お問合せ 

  (くまスタに関するお問い合わせ)

  一般社団法人フミダス (くまもと未来人材チャレンジステージ事務局)

  メールアドレス info@fumidas-project.com

  ファックス番号 096-284-1393

  電話番号 096-284-1840

  ※担当者が不在のことが多いため、まずはメールにてお問合せいただければと思います。

 

  (その他のお問合せ先)

     熊本市役所 政策局 総合政策部 政策企画課 電話 096-328-2035

このページに関する
お問い合わせは
政策局 総合政策部 政策企画課
電話:096-328-2035096-328-2035
ファックス:096-324-1713
メール seisakukikaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:25287)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved