熊本市ホームページトップへ

テレワーク導入支援について

最終更新日:2022年2月8日

導入に関する相談窓口・HP

テレワーク相談センター(厚生労働省)

テレワークに関する様々なご相談に無償で対応します。

【電話】0120-861009
【開設時間】9:00~17:00(土日祝・12月29~1月3日を除く)

【詳しくはこちら】https://www.tw-sodan.jp/

  

テレワークマネージャー相談事業(総務省)

 テレワークの知見、ノウハウ等を有する専門家(テレワークマネージャー)が、無料でテレワーク導入に関するアドバイス等を実施します。

【お問い合わせ】株式会社NTTデータ経営研究所 テレワークマネージャー相談事業 事務局

【電話】044-299-7084 (平日9時~17時)
【相談実施期間】2021年4月1日~2022年3月中旬
【詳しくはこちら】https://teleworkmanager.go.jp/ 

 
 

テレワーク・サポートネットワーク事業(総務省)

全国各地域の中小企業等へのテレワーク導入促進のため、地域の中小企業を支える団体と協力し、テレワークの相談・問合せ対応や、相談会等を実施することで、各地域におけるテレワークの導入をサポートします。

【お問い合わせ】テレワーク・サポートネットワーク事務局
【電話】044-299-7028
【詳しくはこちら】https://teleworksupport.go.jp/

 

<総務省 テレワーク関係イベント(オンライン開催)> 

 SDGs 達成に向けたテレワーク促進セミナー

  SDGsの取り組みの一つとしても注目されるテレワーク。

  本セミナーでは、誰もが活躍できる社会の実現に向け、障害者雇用を促進させるポイントを中心に、

  多様な働き方の可能性をご紹介いたします。

  PDF 【2月22日開催】SDGs促進セミナーチラシ 新しいウィンドウで(PDF:1.29メガバイト)

 

テレワーク総合ポータルサイト(厚生労働省)

テレワークに関連する情報を一元化して、テレワーク導入を検討する企業やテレワークに関心のある方に、さまざまな情報を提供しています。

【詳しくはこちら】https://telework.mhlw.go.jp/

  

 

新しい働き方「テレワーク」特集ページ(熊本労働局)

テレワークにおける適切な労務管理のためのガイドラインやテレワーク導入のための労務管理Q&A等を掲載しています。

【詳しくはこちら】https://jsite.mhlw.go.jp/kumamoto-roudoukyoku/newpage_00073.html

 

 

ICTに関する相談窓口「テレワーク支援プロジェクトチーム(相談無料)」(熊本県)

熊本県は、一般社団法人 熊本県情報サービス産業協会と特定非営利活動法人 NEXT熊本が合同で行う「テレワーク支援プロジェクトチーム」を発足し、県内企業を対象にテレワーク導入支援を行っています。

 【詳しくはこちら】https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/62/50050.html

助成金関係

 

IT導入補助金(テレワーク対応類型)(経済産業省)

生産性向上のために、テレワーク環境の整備に寄与するクラウド型のITツールの導入を支援します。
【お問い合わせ】サービス等生産性向上IT導入支援事業 コールセンター
                     (受付時間 9:30〜17:30(土日祝日を除く))
【電話】ナビダイヤル 0570-666-424 / IP電話等からのお問い合わせ 042-303-9749
【詳しくはこちら】https://www.it-hojo.jp/

導入事例の紹介

 

熊本県内企業のテレワーク導入事例紹介(熊本労働局)

熊本県内のテレワークを導入している先進的な事例を紹介しています。

【詳しくはこちら】https://jsite.mhlw.go.jp/kumamoto-roudoukyoku/newpage_00091.html

 

 

 

時差出勤の導入事例紹介(募集中)

現在、時差出勤を先行的に導入されている事業者様を募集しています。

時差出勤により働き方改革を実践されている熊本市内に本社及び支店等を有する事業者様はこちらまでご連絡ください。

効果的な取組を実施されている場合には、導入事例として本HPで紹介させていただきます。

【ご連絡先】熊本市 経済政策課しごとづくり推進室

【電話】096-328-2377

(参考)働き方改革について

 我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。
 こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。  
 「働き方改革」は、この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。
 
 
厚生労働省 働き方改革特設サイト(支援のご案内):https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/

熊本労働局「働き方改革」特設ページ:https://jsite.mhlw.go.jp/kumamoto-roudoukyoku/bannar_00001.html

関連資料

 
冊子:A4 36頁 無償
★テレワークの導入及び実施にあたり、労務管理を中心に、労使双方にとって留意すべき点、望ましい取組等を明らかにしたガイドラインのパンフレット
 
PDF テレワークの導入・運用ガイドブック 新しいウィンドウで(PDF:17.73メガバイト)
(テレワークではじめる働き方改革)
企画・制作:株式会社NTTデータ経営研究所
冊子:A4 96頁  無償
★テレワーク導入検討企業が最初に参照すべき冊子
  • 作成:総務省
    冊子:A4 110頁 無償
    ★テレワーク時のセキュリティについての基本的考え方をまとめたパンフレット

  

PDF 中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)(第2版)(令和3年5月) 新しいウィンドウで(PDF:3.95メガバイト)

作成:総務省
冊子:A4 70頁 無償
テレワークを実施する際に最低限のセキュリティを確実に確保してもらうための手引き(チェックリスト)

 

テレワーク実施者の方へ新しいウインドウで(外部リンク)

作成:内閣サイバーセキュリティセンター

★テレワークを実施される⽅に対して、セキュリティ上注意すべき基本的なポイントのまとめ

 

インターネットの安全・安心ハンドブック新しいウインドウで(外部リンク)

作成:内閣サイバーセキュリティセンター

★インターネットの利⽤に当たっての⼀般的な留意点のハンドブック

 

無線LAN(Wi-Fi)の安全な利用(セキュリティ確保)について新しいウインドウで(外部リンク)

作成:総務省

★無線LAN(Wi-Fi)の利⽤に当たって、利⽤者が確認すべき3つのポイントや、提供者が注意しなければいけない点が整理されています

 

PDF 働き⽅改⾰のためのテレワーク導⼊モデル(平成30年6月) 新しいウィンドウで(PDF:5.28メガバイト)

作成:総務省

★業種業態、企業の規模別にテレワーク導⼊時、導⼊後の課題、解決策をまとめた事例。


 

PDF テレワークモデル就業規則~作成の手引き~ 新しいウィンドウで(PDF:10.54メガバイト)

作成:厚生労働省
冊子:A4 28頁 無償
★テレワークに係るモデル就業規則のパンフレット

  •  

PDF 輝くテレワーク賞事例集(令和2年度) 新しいウィンドウで(PDF:2.13メガバイト)

作成:厚生労働省
冊子:A4 38頁 無償
★テレワーク推進等で令和元年度の先進取り組みを参照できる冊子

このページに関する
お問い合わせは
経済観光局 産業部 経済政策課 しごとづくり推進室
電話:096-328-2377096-328-2377
ファックス:096-324-7004
メール shigotozukuri@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:27359)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved