熊本市ホームページトップへ

入院医療機関で新型コロナウイルス感染症患者が発生した場合

最終更新日:2022年8月12日
健康福祉局 保健衛生部 新型コロナウイルス感染症対策課TEL:096-364-3311096-364-3311 FAX:096-364-3361 メール coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

1 保健所による調査

 オミクロン株は、感染・伝播性が高く、潜伏期間と発症間隔が短い特徴があります。感染が急拡大し濃厚接触者が急増することから、重症化リスクの高い方が入院している医療機関は、濃厚接触者の特定や行動制限を含めた積極的疫学調査の重点化の対象です。陽性者が感染可能期間に熊本市内の入院医療機関に出勤、入院していたことが確認された場合は、施設調査を実施します。



感染可能期間とは

・発症日の2日前から新型コロナウイルス感染症の診断を受けた後に隔離などをされるまでの期間

・無症状の方は検体採取日の2日前から新型コロナウイルス感染症の診断を受けた後に隔離などをされるまでの期間

2 調査の流れ

  

フロー図



(1)医療機関・検査機関から患者の発生届(※1)を受理。

(2)陽性者の聞き取りから発症日の確定。

  病院職員の場合:職員本人にご連絡。

  入院患者の場合:ご本人や病院にご連絡。(状況による)

   お伺いする内容:症状経過、状態(既往歴、ADL、認知機能、要介護認定等を含む)

   入院日、病室、感染可能期間の病室移動の有無、ワクチン接種状況、緊急連絡先

   発生届に記載があった場合は、省略します。

(3)感染可能期間(※2)の出勤または入院があった場合は、勤務先あるいは入院先に感染対策状況を伺います。

 

(※1)発生届について

【FAX提出用様式

届出様式6-1 エクセル  新型コロナウイルス感染症 発生届 2022.6.30~  新しいウィンドウで(エクセル:56.9キロバイト)

       

入院加療もしくは宿泊・自宅療養の判断の参考とするため、発生届とあわせてご提出をお願いいたします。

 【記入例】                          

入院患者の場合には、聞き取り時間短縮のため、記入例のように記入してください。


また、HER-SYSでの入力の場合には、以下に掲示している入力例を参考の上、発生届をご提出くださいますよう
お願いいたします。
【入力例】
入院患者の場合には、聞き取り時間短縮のため、記入例のように記入してください。

(※2)感染可能期間とは

・発症日の2日前から新型コロナウイルス感染症の診断を受けた後に出勤停止や隔離、転院などをされるまでの期間

・無症状の方は検体採取日の2日前から新型コロナウイルス感染症の診断を受けた後に出勤停止や隔離、転院などをされるまでの期間

 

 

上記(3)の施設調査でご準備いただきたいもの

【院内で1例目が出た場合にご提出頂きたいもの】

(1) 施設調査票(医療機関用) 新しいウィンドウで(エクセル:94.1キロバイト)

      施設調査票(医療機関用) 新しいウィンドウで(PDF:283.1キロバイト)


(2)患者の場合は、フロアマップやベッド配置図



【陽性者が出た都度ご提出頂きたいもの】

 (1) 医療機関接触者リスト 新しいウィンドウで(エクセル:21.5キロバイト)

   医療機関接触者リスト 新しいウィンドウで(PDF:353.1キロバイト)

  ※濃厚接触者等は保健所が総合的に判断決定します。


 (2)ベッド移動があった場合は、ベッド配置図

 

※濃厚接触者については「濃厚接触者の方へ」新しいウインドウでのページをご参照ください。

調査の結果、院内に濃厚接触者に該当する方がいると判断された場合、最終接触日から原則7日間の不要不急の外出を控えることをお伝えください。入院患者については、陽性者と隔離した日から7日間は健康観察を行ってください。

3 陽性者の対応

(1)療養先について

療養のための健康状態等の聞き取り後、療養先を決定し、療養解除日まで療養を行っていただきます。

 ・病院職員の場合:新型コロナウイルス感染症と診断された方へのページをご参照ください。

 ・入院患者の場合:発生医療機関での入院継続が原則となりますが、症状や発生状況に応じて転院調整を行いますので、ご相談ください。

 

<参考>

国通知:オミクロン株の特性を踏まえた保健・医療提供体制の対策徹底を踏まえた取組状況及び更なる体制強化について

 

(2)療養中の健康観察について

療養期間中は、健康観察を実施します。

 ・病院職員の場合:新型コロナウイルス感染症と診断された方へのページをご参照ください。

 ・入院患者の場合:入院されている医療機関から症状報告をご提出していただきます

  エクセル 新型コロナ症状報告(様式・記入例) 新しいウィンドウで(エクセル:50.9キロバイト)

  PDF 新型コロナ症状報告(様式) 新しいウィンドウで(PDF:224キロバイト)

※記入例に沿ってご記入ください。

※重症度の判定については、厚労省「新型コロナウイルス感染症診療の手引き」34ページをご参照ください。

 

<報告先>

メール又はファックスで毎日11時までを目途に提出してください。

熊本市保健所新型コロナウイルス感染症対策課

FAX096-364-3361

✉:coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp

4 退院後の手続きについて(ご入院された方のみ)

令和4年8月より、医療費決定通知書の迅速な発行のため、医療費公費負担申請手続きについては

全て熊本保健所にて申請手続きの代行を行うこととします。

従って、申請書を提出いただく必要はございません。


※既に作成された申請書につきましては、ご提出されても構いません。
※令和4年8月以前にご入院された方につきましても、代行申請の対象となりますので

申請書の手続きは不要です。

5 院内の消毒

消毒は各医療機関にて行ってください。アルコール(70%以上)又は次亜塩素酸ナトリウム(0.05)で陽性者の病室や陽性者が触れたと思われる場所(デスクやドアノブ、スイッチ等)、職場内の共有部分(トイレ、休憩室等)などを拭き上げ消毒を、感染対策を講じた上で行ってください。

 

方法や消毒液の作り方は下記ページを併せてお読みください。

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)新しいウインドウで(外部リンク)

PDF 【厚生労働省】身の回りを清潔にしましょう 新しいウィンドウで(PDF:977.3キロバイト)

PDF 【厚生労働省】流水で手洗いできない場合の手指消毒について 新しいウィンドウで(PDF:819.6キロバイト)

PDF 消毒用アルコールがない場合の消毒・除菌について 新しいウィンドウで(PDF:459.6キロバイト)

6 予防・啓発

新型コロナウイルス感染症の集団発生を防ぐには、「平常時からの予防対策」と「発生時の拡大防止対策」が基本です。

~各種ガイドライン等~

PDF 【日本環境感染学会】医療施設内での新型コロナウイルス感染症対応~看護補助者、医療専門職以外のため~ 新しいウィンドウで(PDF:1.92メガバイト)



このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 保健衛生部 新型コロナウイルス感染症対策課
電話:096-364-3311096-364-3311
ファックス:096-364-3361
メール coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:36589)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved