総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉・子育て  >  障がい者(児)福祉  >  お知らせ・募集  >  障がいを理由とする差別の解消を推進しています(障害者差別解消法)
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉・子育て  >  障がい者(児)福祉  >  計画・条例・年次報告  >  障がいを理由とする差別の解消を推進しています(障害者差別解消法)
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉局  >  障がい者支援部  >  障がい保健福祉課  >  障がいを理由とする差別の解消を推進しています(障害者差別解消法)

障がいを理由とする差別の解消を推進しています(障害者差別解消法)

最終更新日:2017年7月25日
健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課TEL:096-328-2519096-328-2519 FAX:096-325-2358 メール shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
 「障害を理由とする差別の解消に関する法律(障害者差別解消法)」は、障がいのある人もない人も、互いに、その人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をつくることを目指しています。

法律の目的

 

法律の目的と概要

 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」は、障がいを理由とする差別の解消を推進することにより、すべての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目指して、平成25年6月に制定されました(施行は一部の附則を除き平成28年4月1日)。

 この法律には、国の行政機関や地方公共団体等及び民間事業者による「障がいを理由とする差別」を禁止するとともに、それを実効的に推進するための基本方針や対応要領を作成すること、また、相談及び紛争の防止等のための体制の整備、啓発活動等の「障がいを理由とする差別」を解消するための支援措置が定められています。 

 

 ■障害者差別解消法リーフレット新しいウインドウで(内閣府ホームページ(外部リンク))

 
 

差別解消のための措置

 この法律では、差別を解消するための措置として、次のような行為を禁じています。

 

 (1)不当な差別的取り扱い

 障がいを理由として、正当な理由なくサービスの提供を拒否したり、制限したり、条件を付けたりするような行為をいいます。

 例えば、

 ・障がいがあることを理由に、スポーツクラブや習い事の講座に入会できない

 ・障がいがあることを理由に、アパートを貸してもらえない

 ・車いすを利用していることを理由に、レストランなどの入店が断られる

などです。

 (2)合理的配慮の不提供

 障がいのある方から何らかの配慮を求める意思の表明があった場合に、過度な負担でないにもかかわらず「社会的障壁」(障がいのある方にとって、日常生活や社会生活を送るうえで障壁となるような事物・制度・慣行・観念など)を取り除くために必要で合理的な配慮を行わないことをいいます。こうした配慮を行わないことで、障がいのある方の権利利益が侵害される場合は、差別に当たります。

 例えば、

 ・聴覚障がいがあることを伝えたのに、必要な情報が音声でしか伝えられない

 ・視覚障がいがあることを伝えたのに、「これ」「そこ」というような説明しかなされない

などです。

 

 ※障がいを理由とする差別にあたるかどうかは、それぞれの事案に応じて個別具体的に判断されます。

 

 

この法律の対象範囲

 

 対象

 不当な差別的取り扱い

合理的配慮の提供 

国の行政機関・地方公共団体等   不当な差別的取り扱いが禁止されます  障がいのある方に対し、合理的配慮を行わなければなりません。【法的義務】

 民間事業者※

※民間事業者には、個人事業者、NPO等の非営利事業者も含みます

 不当な差別的取り扱いが禁止されます  障がいのある方に対し、合理的配慮を行うよう努めなければなりません。【努力義務】

 

 

障害者差別解消法をもっと詳しく知りたい方は

  障害者差別解消法についてもっと知りたい方は、内閣府のホームページもご覧ください。

  ■障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(内閣府ホームページ新しいウインドウで)(外部リンク)

 

 

相談窓口

 

差別的取扱いに関する相談窓口

 障がいを理由とする差別でお悩みの方はご相談ください。

名称

電話

住所

障がい保健福祉課096-328-2519熊本市中央区手取本町1番1号
中央区役所福祉課096-328-2311熊本市中央区手取本町1番1号
東区役所福祉課096-367-9177熊本市東区東本町16番30号
西区役所福祉課096-329-5403熊本市西区小島2丁目7番1号
南区役所福祉課096-357-4129熊本市南区富合町清藤405番地3
北区役所福祉課096-272-1118熊本市北区植木町岩野238番地1

熊本市障がい者相談支援センター 

いんくる

096-342-6665熊本市中央区南坪井町10番11号

熊本市障がい者相談支援センター 

ウィズ

096-200-1571熊本市中央区新大江3丁目20番3号

熊本市障がい者相談支援センター 

青空

096-237-6777熊本市東区長嶺西3丁目1番35号

熊本市障がい者相談支援センター 

きらり

096-384-5030熊本市東区尾ノ上1丁目16番21号

熊本市障がい者相談支援センター 

096-273-7262熊本市西区二本木5丁目3番7号

熊本市障がい者相談支援センター 

じょうなん

096-285-8757熊本市南区出仲間6丁目1番1号

熊本市障がい者相談支援センター 

0964-28-7799熊本市南区城南町沈目1502番地

熊本市障がい者相談支援センター 

アシスト

096-337-5211熊本市北区龍田町弓削704番地2

熊本市障がい者相談支援センター 

なでしこ

096-342-4173熊本市北区下硯川町480番地1

 

熊本市障害者差別解消支援地域協議会

 熊本市は、障害者差別解消法第17条の規定に基づき、本市において関係機関が行う障がいを理由とする差別に関する相談及び当該相談に係る事例を踏まえた障がいを理由とする差別を解消するための取り組みを効果的かつ円滑に行うため、熊本市障害者差別解消支援地域協議会を平成28年4月1日に設置しました。

 

 

 

開催状況

◆平成28年度

 日時   平成29年2月27日(月) 午前9時30分~午前10時30分

 場所   熊本市役所別館自転車駐車場 8階会議室
 議事   ・障害者差別解消法、熊本市障がい者差別解消支援地域協議会について

 構成団体 PDF 熊本市障がい者差別解消支援地域協議会構成団体一覧(平成28年度) 新しいウィンドウで(PDF:81.9キロバイト)

 

 

対応要領

 熊本市では、障害者差別解消法第10条第1項に基づき、不当な差別的取扱いの禁止及び合理的配慮の提供に関し、本市職員が適切に対応するために必要な事項を定めた指針として、障がいを理由とする差別の解消の推進に関する対応要領を策定しました。

 

 

関係府省庁所管事業分野における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応指針

 平成28年4月1日から障害者差別解消法が施行されることに伴い、主務大臣は、障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針に即して、不当な差別的取扱いの禁止及び合理的配慮の提供に関し、事業者が適切に対応するために必要な指針を定めています。

 

 ※関係府省庁が定めた事業者向けの対応指針は、内閣府のホームページから見ることができます。

【内閣府ホームページ】関係府省庁所管事業分野における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応指針新しいウインドウで(外部リンク)

 

 

障害を理由とする差別の解消に向けた地域フォーラム【熊本】を開催しました

 

 平成28年4月に施行された障害者差別解消法について、地方公共団体と連携し、学識経験者、障がい当事者、事業者等によるパネルディスカッション等を通じて、地域の障がいのある人や関係者の意見を広く聴取し、障害者差別解消法の円滑な施行を目指すとともに、各地域における取組の促進と気運の醸成を図ることを目的に、内閣府との共催により「障害を理由とする差別の解消に向けた地域フォーラム【熊本】」を開催しました。

 

 

1.日時

 平成28年10月12日(水) 13時~16時
 

2.場所

 くまもと県民交流館パレア パレアホール

 (熊本市中央区手取本町8番9号 テトリアくまもとビル)

 

3.内容

 ○主催者・開催地挨拶

 ○基調講演「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律について」
   金 政玉 氏(明石市福祉部福祉総務課障害者施策担当課長、障害者差別解消支援地域協議会の在り方検討会構成員)
 ○熊本市の取組状況報告

   神永 修一(熊本市健康福祉局障がい者支援部障がい保健福祉課長)

 ○民間事業者の実践例紹介

   中野 育生 氏(熊本電気鉄道株式会社 鉄道事業部 運輸課長)
 ○パネルディスカッション

  ・コーディネーター

   金 政玉 氏(明石市福祉部福祉総務課障害者施策担当課長、障害者差別解消支援地域協議会の在り方検討会構成員)
  ・パネリスト

   東 俊裕 氏(元内閣府共生社会政策障害者制度改革担当室 室長、 弁護士)
   三浦 貴子 氏(内閣府障害者政策委員会 委員長代理、 愛隣館)
   又村 あおい 氏(内閣府障害者差別解消法アドバイザー)


 

金 政玉氏パネルディスカッション
金 政玉氏による基調講演パネルディスカッション


このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課
電話:096-328-2519096-328-2519
ファックス:096-325-2358
メール shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:7686)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉・子育て  >  障がい者(児)福祉  >  計画・条例・年次報告  >  障がいを理由とする差別の解消を推進しています(障害者差別解消法)
ホーム  >  組織から探す  >  健康福祉局  >  障がい者支援部  >  障がい保健福祉課  >  障がいを理由とする差別の解消を推進しています(障害者差別解消法)
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved