熊本市ホームページトップへ

脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症、低髄液圧症)について

最終更新日:2017年10月10日
健康福祉局 保健衛生部 医療政策課TEL:096-364-3186096-364-3186 FAX:096-371-5172 メール iryouseisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症、低髄液圧症)とは?


 脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症、低髄液圧症)とは、脳脊髄液(髄液)が漏れ出し減少することによって、頭痛、頸部痛、めまい、耳鳴り、視機能障害、倦怠などさまざまな症状を引き起こす病気です。
 交通事故やスポーツなどによる衝撃でこの疾患が起こりうるのではないかとの報告が、一部の研究者からなされています。
 現在、統一的な治療等の基準がなく、厚生労働省において診断基準等を検討するため、平成19年度に研究班が設置され、平成23年10月には「脳脊髄液漏出症および低髄液圧症の画像診断基準」が示されましたが、まだ治療法は確立されておりません。

  ◇診察・治療が可能な医療機関◇


【注意】
熊本市内の神経内科、整形外科、脳神経外科、麻酔科の診療科目のいずれかを標榜する医療機関に対して実施したアンケート調査の結果、『脳脊髄液減少症の診察や相談が可能』及び『脳脊髄液減少症の治療が可能』と回答のあった医療機関のうち、公表することについて同意をいただいた医療機関のみを掲載しています。

医師のイラスト

 

 

 

 

 

                                                                                                          受診の際は、事前に医療機関にお問合せください。 
                                                                                                          治療法については、担当医師とよくご相談ください。

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 保健衛生部 医療政策課
電話:096-364-3186096-364-3186
ファックス:096-371-5172
メール iryouseisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:2070)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved