熊本市ホームページトップへ

【報道資料】熊本水物語のシュリンクラベルの栄養成分表示単位の誤表記について

最終更新日:2020年1月21日
政策局 総合政策部 広報課TEL:096-328-2043096-328-2043 FAX:096-324-1713 メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

報道資料

 

 熊本市上下水道局が所管しているペットボトル入り飲料水「熊本水物語」のシュリンクラベルに記載してある栄養成分表示の単位に誤表記があり、食品表示法に抵触していることが判明いたしました。

現在、販売及び配布を休止し、登録取扱店の在庫分については回収作業を進めておりますが、仮に購入等された方が、対象製品を飲用しても健康への影響はなく、品質上の問題もありません。

 関係者並びに市民の皆様に深くお詫び申し上げます。

なお、詳細は以下のとおりです。

1 概要

 ペットボトルのシュリンクラベル(外装ラベル)の栄養成分表示において、『カリウム 0mg』と表記すべきところを『カリウム 0g』と誤表記しておりました。

 食品表示基準上ではカリウムは『mg』で表記しなければならず、食品表示法に抵触することが判明しました。

 

2 経緯

 令和2年(2020年)18日、同年2月製造予定のペットボトルのシュリンクラベルについて、製造委託業者に成分表示等のチェックを依頼したところ、20181012日及び2019216日に製造された「熊本水物語」のラベルに上記のような記載ミスがあったと報告を受けました。

 令和2年(2020年)116日、食品保健課に報告したところ、食品表示法に抵触していることが判明したため、販売(無料配布含む)の中止と商品の撤去、並びにその情報提供を行うよう指導を受けました。

 

3 原因

 平成30年度作成時のシュリンクラベルのレイアウト変更及び栄養成分表示の修正において、当局では『0g』が食品表示法に抵触しているという認識がなかった。

 

4 対応

 令和2年(2020年)117日時点で、熊本水物語の販売・配布を休止し、新規製造の再開は2月下旬を予定しております。

 対象製品の飲用による健康への影響はございまぜんが、登録取扱店の在庫分については回収し、交換又は返金について各店の要望を踏まえ対応してまいります。また、登録取扱店から購入された個人の方、上下水道局から直接購入された一般の方、及び各イベント等で無料配布したものについては、新規製造後に交換による対応を実施いたします。

 なお、回収分と在庫分については、製造委託業者とも協議の上、無駄のないよう利用することを検討してまいります。

 

5 再発防止策

 食品表示法等に関する研修等への担当者の参加による知識の向上に努めます。

 また、内部のチェック体制(ダブルチェック)並びに、製造委託業者との相互間でのチェック体制を強化してまいります。

 


 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
上下水道局 総務部 経営企画課
電話:096-381-4330096-381-4330
ファックス:096-384-4135
メール suidoukeiei@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:26610)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved