熊本市ホームページトップへ

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

最終更新日:2022年5月22日
健康福祉局 保健衛生部 新型コロナウイルス感染症対策課TEL:096-364-3311096-364-3311 FAX:096-364-3361 メール coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

診断された方の流れ

(1)新型コロナウイルス感染症の診断

 

(2)保健所から療養のための健康状態等の聞き取り

〈聞き取り内容〉

・氏名、生年月日、住所、連絡先電話番号

・同居家族の構成

・基礎疾患の有無

・症状を自覚した日(発症日)及び症状の経過

・新型コロナウイルス感染症の感染者との接触の有無

・職業(職場・学校・保育園等の連絡先、新型コロナウイルス感染症対応の窓口になる方等)

・発症する2日前からの行動歴(必要に応じて)

・その他

 ※健康状態等の聞き取り時点で療養先が決定していないこともあります。


(3)保健所にて療養先判断 

 

(4)療養

SpO2測定器(パルスオキシメーター)の貸出について

症状の悪化を早期に察知できるのがSpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)の値です。熊本市では陽性者全員に SpO2測定器(以降「パルスオキシメーター」と表記)を貸し出ししています。


 

貸出方法について

ご自宅に郵送(レターパック利用)いたします。

陽性確定後、保健所からの聞き取り調査時にパルスオキシメーターの有無をお尋ねしますので、ご自宅にお持ちで無い方はお伝えください。

パルスオキシメーターがお手元に届くまでに、陽性と診断された日から2~3日お時間をいただきますので、ご了承ください。


原則、同居する1家族につき1台の貸し出しとなります。

ただし、別途小児用パルスオキシメーターが必要となった場合は、新たに貸し出しいたします。また、療養解除後、一度パルスオキシメーターを返却された後に、再度陽性となられた場合も貸し出しいたします。

 

返却方法について

療養解除された方は、パルスオキシメーターを必ず返却してください。

依然として新規陽性者数が非常に多いため、パルスオキシメーターの数が不足しております。次に使用される方のためにも、必ず返却してください。

療養解除後、一定期間を経過してもパルスオキシメーターの返却がない場合は、保健所より確認のお電話をさせていただきます。


パルスオキシメーターは郵送で返却することができます。パルスオキシメーターをお届けする際に、返却用のレターパック(返却場所:保健所)を同封しておりますので、そちらをご利用ください。

また、保健所または各区役所(西区は西部公民館)に設置しております屋外返却ボックスへ直接お持ちいただくこともできます。

どちらの返却方法においても、保健所への連絡等のお手続きは不要です。



【ご持参いただく場合の返却場所一覧】

一覧



【返却場所の詳細】

p1p2

p3p4p5

ご入院される方へ

入院をご案内された場合、以下の準備物をご参照ください。

 

手続きに必要なもの

□ 診察券(お持ちの方)

□ 各種健康保険証等

□ 印鑑

 

入院生活に必要なもの

□ 携帯電話

□ 携帯電話の充電器

□ 現在飲まれているお薬・お薬手帳

□ 下着(病院によっては洗濯機が使用不可の場合がありますので、多めにお持ちください。)

□ パジャマ もしくは部屋着

□ 履物

□ ペットボトルのお茶やお水など、2~3 本程度(入院後ご購入可能な病院もありますが、病院スタッフが 代行購入するため入院直後の買出しは難しい場合があります。 )

□ 電子機器:イヤホン(TV 視聴用)

□ その他日用品:歯ブラシ、歯磨き粉、ティッシュペーパー、タオル、バスタオル、 洗濯洗剤、洗濯物干し用ハンガー、洗面道具(シャンプー、リンス、ボディソープ等)、コップ、眼鏡、コンタクト、補聴器、義歯、髭剃り、生理用品、ドライヤー等

□ マスク (不織布)
 
※刃物などの危険物の持ち込みはお断り致します。
※入院中の貴重品管理は自己責任です。入院にあたって水分等の売店購入費や帰りの交通費程度の現金は必要になりますが、多額の現金持参はご遠慮ください。 
※入院中は基本的にお部屋で過ごしていただきます。荷物はご自身で持ち運べる量におさめてください。
※入院部屋の指定はできません。大部屋になる可能性があります。ご了承ください。

※退院後はご自身でご帰宅いただきます。必要な方は交通費のご準備をお願いいたします。

 

 準備物リストを印刷する方は、PDF 新型コロナウイルス感染症で入院される患者様へ 新しいウィンドウで(PDF:143.8キロバイト)をご利用ください。

 ※英訳版PDF Checklist for Patients Who Must Be Admitted to a Hospital Due to Coronavirus Symptoms 新しいウィンドウで(PDF:88.2キロバイト)



 

 

面会について

・現在院内すべて面会禁止です。
・ご家族やご友人などが届けられたお荷物は病院でお預かりし、患者様へお届けします。事前に来院日を

病院にご相談ください。(濃厚接触者など健康観察中の方は来院できません。)

 

 

 

抗体療法を受けられる方へ

 

抗体療法とは

 新型コロナウイルスが増殖するのを防ぐために、体内に抗体を注入する治療法です。1回の点滴(30分程度)を行います。抗体療法に関する費用のご負担はありません。

 治療後は、治療を受けた医療機関にて、1~2時間程度(短期入院の場合は12日または23日)、副作用が現れていないかなど、経過観察を行います。

 

 

 

適応となる方

 

 

12歳以上(体重40kg超)の方

酸素投与を必要としない方

発症日から7日以内の方

重症化のリスク因子がある方

→ 50歳以上の方、肥満、糖尿病、透析、高血圧などの基礎疾患がある方など

※ 上記以外に、SpO₂(血中酸素飽和度)の値や過去に注射剤等で重篤なアレルギー症状(過敏症)を起こしたことがないかなど、その他の事項もふまえて、適応となる方を保健所から医療機関に紹介します。

 

 治療により現れる可能性のある副作用は次のとおりです。
 
 【薬剤を点滴中または直後に起こる反応】
 点滴した時におこることがある体の反応で、過敏症やアレルギーのような症状です。
 発熱、寒気、吐き気、頭痛、筋肉痛、じんましん、全身のかゆみ、脈が飛ぶ、力が入らない、
 胸の痛みや違和感、のどの痛みなど 
  
 【重篤な過敏症】
 薬に対して体の免疫機能が過剰に反応することで、まれに現れることがある、全身におこる急性アレルギー反応です。

 全身のかゆみ、じんましん、皮膚の赤み、ふらつき、吐き気、嘔吐、息苦しい、冷や汗、めまい、

 顔が白くなる、手足が冷たくなるなど

 

 

抗体療法の流れ

  抗体療法は、短期入院(12日または23日)または外来で受けていただきます。

 陽性となられた方の病状に応じて、宿泊療養施設または自宅など、あらかじめご案内した療養先にて療養していただきます。状況によっては、外来予定が入院となったり、入院が長引いたりする場合がありますのでご了承ください。

 

※ 抗体療法終了後、宿泊療養となる方はこちら新しいウインドウで

※ 抗体療法終了後、自宅療養となる方はこちら新しいウインドウで

抗体療法の流れ
※ 受診先の医療機関において、医師の診察により抗体療法ができないと判断される場合があります。あらかじめご了承ください。

 

 

準備していただくもの

  保健所から事前に案内された療養先や療養期間に応じて、以下をご覧いただき、必要な日数分のご準備をお願いします。
 

 

【外来で受ける場合】

□診察券(お持ちの方)

  • □健康保険証、お薬手帳
  • □携帯電話
  • □飲み物

  • ※食事やトイレは事前に済ませておいてください。

     

  •  

    【短期入院で受ける場合】

     ▼手続きに必要になるもの

    □診察券(お持ちの方)

    □健康保険証等

    □印鑑

     

    ▼入院生活に必要なもの

    □携帯電話

    □携帯電話の充電器

    □現在飲まれているお薬・お薬手帳

    □下着

    □パジャマもしくは部屋着(病院によっては洗濯機が使用不可の場合があります)

    □履物

    □ペットボトルのお茶やお水等23本程度 (入院後購入可能な病院もありますが、病院スタッフが代行 
  •  購入するため入院直後の買出しは難しい場合があります)
  • □電子機器:イヤホン(TV視聴用)
  • □その他日用品:歯ブラシ、歯磨き粉、ティッシュペーパー、タオル、バスタオル、洗濯洗剤、
  •         洗濯物干し、ハンガー、洗面道具(シャンプー、リンス、ボディソープ等)、コップ、
  •         眼鏡、コンタクト、補聴器、義歯、髭剃り、生理用品、ドライヤー等
  • □マスク(不織布)

     

    ※ 刃物などの危険物の持ち込みはお断り致します。

    ※ 入院中の貴重品管理は自己責任です。入院にあたって水分等の売店購入費や帰りの交通費程度の現金は

      必要になりますが、多額の現金持参はご遠慮ください。 

    ※ 入院部屋の指定はできません。大部屋になる可能性があります。ご了承ください。

    ※ 荷物は、ご自身で一度に両手で持ち運べる量におさめてください。

    ※ 療養解除まで入院が延期となった場合、退院後はご自身でご帰宅いただきます。必要な方は交通費のご

      準備をお願いいたします。

    ※ 抗体療法終了後、宿泊療養となる方はこちら新しいウインドウでの確認もお願いいたします。

     

    宿泊療養される方へ

    新型コロナウイルス感染症と診断された方で、無症状または軽症の方のうち、医師の判断のもと宿泊施設での療養が望ましいと判断された方が宿泊療養をしていただきます。

     

    宿泊療養の流れ

    【宿泊施設】

     県が指定する主に熊本市内のホテルです。

     【療養期間】

     厚生労働省の通知に基づき下記のとおり定められています。療養終了日は症状の経過を踏まえ保健所が判断します。なお、療養終了時のPCR検査は行いません。


    療養解除のタイミング


    ※宿泊施設を退所できる基準は、「原則として発症日から 10 日間経過し、かつ、症状軽快後 72 時間経過している

      こと。」になります。

    ※入院から自宅・宿泊療養に移行した場合も、起算日は発症日または検体採取日となります。 

     【交通手段】

    行き:保健所が用意した車で自宅にお迎えに行き、宿泊施設までお送りします。

    帰り:ご自身で手配をお願いします。(公共交通機関も利用可能)

    宿泊療養中に、「同意書」に署名をいただきます。(同意書は、宿泊施設入所時にお渡しします)

    療養期間中は、定期的な健康観察を行います。  
     

     宿泊療養するための準備

    宿泊療養をご案内された方は、以下の準備物をご参照ください。

    また、療養中の注意事項も併せてご確認ください。

     

    日用品の準備について

    □ 健康保険証

    □ 現金

    □ 携帯電話

    □ 携帯電話の充電器

    □ 現在飲まれているお薬・お薬手帳(持病の内服薬は残数に余裕をもってご持参ください)

    □ 下着

    □ パジャマ・部屋着

    □ 金属のついていない服や下着1着(外来受診に備え、お持ちの方はご持参ください)

    □ 履物・スリッパ

    □ タオル、バスタオル

    □ 眼鏡、コンタクト、補聴器、義歯、スキンケア用品、生理用品など

    □ 筆記用具

    □ マスク(不織布)

    □ ティーバッグなどのお茶やコーヒー、おやつなどの嗜好品

    □ 本やゲーム等の娯楽品

     

    費用について

    宿泊費用、食費、宿泊施設備え付けの消耗品について、宿泊者のご負担はありません。

    ただし、上記以外で費用が発生した場合は、原則として宿泊療養者ご自身のご負担となります。 

     

    宿泊施設について

    ・ 部屋は、バス・トイレ付個室です。

    ・ テレビ、ミニ冷蔵庫、Wi-Fi 等の設備は、ご利用いただけます。

    ・ 宿泊施設には、歯ブラシセット、ハンドソープ、シャンプーなどのホテルのアメニティ、電気ポット、ドライヤー、

      掃除道具(居室・お風呂用)、洗濯用洗剤、ハンガーを準備しています。
     

    薬の準備など

    ・ かかりつけ医がいる場合、念のためにかかりつけ医の連絡先を控えておいてください。

    ・ 服用中のお薬がある場合は、宿泊療養中に不足することがないよう余裕をもって 2 週間分程度お持ちください。

      不足しそうな場合には、電話などでかかりつけ医の再診を受けた上で、処方を受けてください。

     (患者様本人が直接対面でお薬を受け取ることはできません。)

     

    食事について

    ・ 食事は 1 3 回決まった時間にお弁当と飲み物が提供されます。

    ・ 食物アレルギーに対応した特別食の提供はできません。

     

    宿泊療養中の過ごし方

    療養中の健康管理

    ・ 宿泊施設には看護師が 24 時間常駐しています。また、医師は施設外で待機しており、必要に応じて対応します。
    ・ 療養期間中は、毎日 2 回(朝・夕)の検温等と健康状態の報告をしていただきます。

     

    基本的な過ごし方

    ・ 宿泊療養中は、基本的に居室内で過ごし宿泊施設の指定されたエリアから出ることはできません。
    ・ 居室内が汚れた場合は、簡易な掃除道具を準備しておりますので、ご自身で清掃を行ってください。
    ・ 下着などの小物類は、ご自身で居室にて手洗いを行うことができます。手洗いができない衣類等は必要な枚数の

      着替えをご準備ください。
    ・ 退所日の当日は、退所の時間まで、必ず居室内で待機していてください。
    ・ 宿泊療養中に居室から出る時には必ず、マスクの着用をお願いします。また正しい手指消毒が重要です。

     
    ※熊本市いきいき健康大使(ミス・クマモト)による「正しい手指消毒の方法とマスクの扱い方」の動画を配信しております 

      ので、是非ご視聴ください。 
     感染症予防のための「アルコールによる手指消毒の方法」と「マスクの正しい扱い方」新しいウインドウで

    嗜好品や食事について

    ・ 宿泊療養中は飲酒・喫煙は厳禁です。
    ・ ご家族からの差し入れなど外部からの物品・食品等の持ち込みは原則できません。

      やむを得ない場合のみ、ご相談ください。
    ・ ネットショッピング、デリバリーサービスの利用もできません。

     

    貴重品や備品について

    ・ 療養中のご自身の貴重品や所持品の紛失・盗難について、ご自身で責任を持って管理してください。熊本市は、一切

      の責任を負いません。
    ・ 療養中に、宿泊施設の備品や設備等を破損・紛失された場合は、療養者に弁償いただくこともあります。

     

    プライバシーについて

    ・ ご家族等との面会はできません。また宿泊療養されている方同士の接触は避けるようお願いします。
    ・ 他の療養者のプライバシーにご配慮いただき、SNS 等での施設名や所在地、施設内外の様子等がわかる写真・情報

      の書き込みや共有はご遠慮ください。
    ・ その他、スタッフの指示に従って療養してください。

     

    健康観察について

    療養中は、健康観察のためパルスオキシメーターという機器を指先に装着して、血液中の酸素の状態を測定します。

    正確に測定するために、マニキュアについては、ご自身で可能な限り落としてから入所してください。

    なお、ジェルネイルについては、ご自身では落とすことができないため、そのままの状態で入所してください。

    自宅療養される方へ

     熊本市では、新型コロナウイルス感染症に罹患された方のうち無症状または医学的に症状が軽い方については、医師の判断のもとで、ご自宅で療養していただいております。

     少しでも安心して療養生活をお過ごしいただけるよう、自宅療養のしおりを作成しました

    自宅療養の概要

     新型コロナウイルス感染症の検査で陽性であった方のうち無症状または医学的に症状が軽い方についてご自宅で療養を行っていただきます。療養期間は、厚生労働省の通知に基づき下記のとおり定められています。なお、解除については、症状の経過をふまえ保健所が判断します。

    療養解除のタイミング

     

    ★療養期間中は、外出せずに自宅で過ごしていただきます。

    ★自宅療養中は定期的な健康観察を行います。 

     

    Q なぜ入院できないの? 

     A 重症者・中等症の方に医療を集中するためです。

     感染者が増加し、病床がひっ迫した状況になった場合、重症・中等症の方や重症化するリスクの高い方のための病床確保が必要になります。医療が必要な方が確実に入院するためにも、「軽症」「無症状」と診断され、入院が必要な項目に該当しない方のうち、医師が自宅療養可能と判断した方には、自宅療養をお願いしています。

     

     

    Q 今は症状が軽くても急に悪化しませんか?

     A 悪化する可能性は0ではないため、悪化の兆候を早く確実に察知するため健康観察を行います。1日に2回、体温や咳、鼻汁、倦怠感、息苦しさなどの健康状態について、熊本県療養支援センターから確認を行います。悪化の兆候が見られる場合には熊本市保健所から随時ご連絡いたします。

     

    Q どんな症状の変化に注意すればよいの?

    A 体温の上昇、SpO2の変化、表情や外見の変化、息苦しさ、意識の有無などに特に注意してください。

    □体温の上昇

    □SpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)が95%以下

    □[表情・外見] 顔色が明らかに悪い、唇が紫色

    □[呼吸]息が荒くなった(呼吸数が多くなった)、急に息苦しくなった、少し動くと息があがる、胸の痛みがある、横になれない、座らないと息ができない、肩で息をしている、ゼーゼーしている

    □[意識]ぼんやりしている(反応が弱い)、もうろうとしている(返事がない)、脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする □咳やたんが、ひどくなっている

    □起きているのがつらい

    □下痢が続いている(1日3回以上の下痢) 

     

    症状の変化があったときや療養中の健康上の心配はどこに連絡・相談すればよいですか?

    A 熊本県療養支援センターまたは熊本市保健所新型コロナウイルス感染症対策課にご連絡ください。

    熊本県療養支援センターの連絡先は、療養開始時にお知らせします。

     

    自宅療養するための準備

    療養期間中は感染拡大を防止するため外出禁止となります。10日間分を目安にご準備をお願いします。

     

    陽性者本人は準備をしないでください

     感染拡大を防止するために、陽性者本人やPCR検査の結果が出ていない濃厚接触者の方が外出して調達することは控えてください。
     

    陽性者本人と同居家族は生活空間を分離してください 

     感染拡大防止のため、陽性者と同居家族とは、居室を別々にする、トイレ・洗面など共用部分への動線は別々にするなど可能な限り生活空間を分離してください。また、トイレ・洗面など共用する部分を陽性者が使用された後は、適宜消毒をお願いします。
     

    服用中のお薬について

     服薬中のお薬がある場合、自宅療養中にお薬が不足することがないよう病院とご相談の上、余裕を持って2週間分程度を目安にご準備をお願いします。

     

    食料・日用品・衛生用品

     食料や日用品のご準備をお願いします。また、トイレや浴室など同居される方との共用空間の消毒等に必要な衛生用品のご準備をお願いします。

    【食料】主食(お米やうどん、シリアルなど食べやすいもの)、菓子類、ゼリー状栄養補助食品、レトルト食品、インスタント食品、缶詰(果物など)、冷凍食品(火にかけるだけのうどんなど便利です)、経口補水液(スポーツ飲料など)

     

    【食器・日用品・衛生用品】使い捨ての食器(紙食器・紙コップ・割箸など)、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、体温計、生理用品、せっけん、アルコール手指消毒剤、汗拭きシート、塩素系漂白剤、使い捨てマスク、使い捨て手袋、レジ袋サイズのビニール袋、ゴミ袋サイズのビニール袋

     

    療養中の過ごし方 

    療養中の注意事項

    【全般的な注意事項】

    □療養期間中は外出をしないでください。

    □こまめに手洗いをしてください。

    □飲酒・喫煙は厳禁です。無煙タバコや電子タバコ等の火を使わない器具を使用した喫煙もできません。

    □日用品(食器・衣類・タオル・シーツなど)は共用しないでください。

     

    【家庭内感染対策について】

    □同居する方とは生活空間を分け、極力自室から出ないようにしてください。

    □他の部屋やトイレ・洗面などの共用部分に出入りする際はマスクを着用してください。

    □食事・衣類などを同居家族から受取る場合や使用済の食器・衣類・ゴミなどを渡す場合には、対面を避け、自室の扉前で“置き配”するようにしてください。

    □同居家族がいる場合、ゴミや洗濯物(使用済の衣類やタオルなど)は、感染者が自室で袋にまとめるようにしてください。

    □定期的に部屋の換気もおこなってください。

    □加湿器を稼働させる又は濡らして絞ったバスタオルをかけておくなどして部屋を加湿してください。

    □ゴミ箱には直接捨てず、ゴミ袋をかぶせてください。

     □いっぱいになる前に早めにゴミ袋をしばり封をしてください。
     □封入の際には、ゴミが直接手に触れないよう注意してください。
     □廃棄(ゴミ出し)は療養後に一般ごみとして廃棄してください。
     □取扱後は手洗いを徹底してください。

     

    ※具体的な家庭内感染対策については下記の動画にまとめています。参考にしてみてください。


     

    健康観察の方法

    <50歳以上の方>

    ▶1日原則2回の電話

     療養中は随時セルフチェックを行い、記録してください。朝夕の1日2回、

     熊本県療養支援センターから電話で体調を確認しますのでご回答ください。

     

    <50歳未満の方>

    ▶1日1回の電話またはSMS(ショートメッセージサービス)

     療養中は随時セルフチェックを行い、記録してください。熊本県療養支援センターから

     1日1回の電話またはSMSで体調を確認しますのでご回答ください。


     

    ※熊本市保健所からの電話

    次のような場合には、保健所の職員が個別に電話等で連絡させていただくことがあります。

    ・熊本県療養支援センターからの電話に応答がない方

    ・症状が悪化する可能性がある方

     

     ★次のような症状が出た場合は、早急に熊本県療養支援センターまたは熊本市保健所へご相談ください

     表情・顔色が明らかに悪い・唇が紫色になっている
     呼吸

    ・息が荒くなった(呼吸数が多くなった)・急に息苦しくなった

    ・日常生活の中で少し動くと息が上がる・胸の痛みがある

    ・横になれない・座らないと息ができない・肩で息をしている・ゼーゼーしている

     意識 ・ぼんやりしている・もうろうとしている・脈が飛ぶ・脈のリズムが乱れる感じがする

      

    療養の終了

    厚生労働省の定める下記の基準に基づき保健所が判断します。

    なお、療養終了時のPCR検査は行いません

     

    ▶症状がある人

       発症日から10日経過かつ症状軽快後72時間経過

    症状がない人

       検体採取日から7日経過(8日目解除)

       ※新たに症状を呈した場合は、その日を発症日として有症状者の考え方を適用(療養期間を延長)

     ※10日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策を徹底してください。

    同居のご家族の方へ

     新型コロナウイルス感染症と診断された方の同居者向けに、ご家庭内で気を付けていただきたいことを まとめました。これらをひとつひとつ丁寧に行うことで感染拡大を防ぐことができます。

    •  下記の動画 をご参照ください。 

     

    • 生活上の注意

      生活空間は別々に

      □生活空間を分け、感染者が療養する部屋とは別室にしてください(感染者用の個室にしてください)。

    • □食事や寝るときも別室にしてください。

      □子どもがいる場合や部屋を分けられない場合は、少なくとも2m以上の距離を保ち仕切りを設置する、食事を一緒にとらない、就寝時には頭を互い違いになるようにして就寝するなどの感染防止対策を行ってください。

      □感染者が使う日用品(食器・衣類・タオル・シーツなど)は共用しないでください。

    •   

      感染者との接触をできるだけ避ける

      □感染者のお世話をする場合は、できるだけ特定の方が行うようにしてください。

      □感染者との会話は電話で行うなど、感染者との接触は最小限としてください。

       

      マスク着用と手洗い

      □室内であっても同居者全員がマスクを着用し、こまめに手洗いしてください。

      □洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。

      □マスクの表面は触れないようにし、外す場合は、ひもをつまんで外しましょう。また、外した後は、石鹸で手を洗うかアルコール消毒をしましょう。

       

      部屋の換気・湿度

      □定期的に部屋の換気をおこなってください

      □加湿器を稼働させる又は濡らして絞ったバスタオルをかけておくなどして部屋を加湿してください。

       

      食事

      □食器や箸は感染者と共用しないでください。

      □食事を感染者に渡す場合や使用済食器を回収する場合には、ビニール手袋とマスクを着用するとともに、対面を避け、感染者の部屋に“置き配”してください。

      □使用済食器を洗浄する際は、工程を分け市販の食器用洗剤で洗浄してください。

      □使い捨ての食器(紙食器・紙コップ・割箸など)を使用し毎回捨てるのも有効です。

       

      トイレ・洗面・ドアノブ

      □共用部であるトイレや洗面台を感染者が使用した場合は、感染者が触れたトイレ(便座やペーパーホルダーなど)、洗面台(蛇口)、ドアノブなどを70%以上のアルコールで拭くか、0.05%の次亜塩素酸ナトリウムで拭いた後水拭きしてください。

      □タオルは共用しないでください。

       

      風呂

      □感染者が入浴する場合、最後に入浴してください。

      □使用後の浴室は家庭用洗剤で洗浄してください。また、ドアノブなど接触した部分の消毒も忘れずに行ってください。

       

      洗濯

      □洗濯物は感染者が自室で袋にまとめてください。

      □衣類を感染者に渡す場合や洗濯物を回収する場合には、ビニール手袋とマスクを着用するとともに、対面を避け、感染者の部屋に“置き配”してください。

      □衣類やシーツを洗濯する場合は、工程を分け、通常の衣類用洗剤で行い、しっかりと乾燥させてください。

    •  

      ゴミの取り扱い

      □ゴミ箱には直接捨てず、ゴミ袋をかぶせてください。

    • □いっぱいになる前に早めにゴミ袋をしばり封をしてください。

    • □封入の際には、ゴミが直接手に触れないよう注意してください。

    • □廃棄(ゴミ出し)は療養後に一般ごみとして廃棄してください。

    • □取扱後は手洗いを徹底してください。

    •  

      外出はできるだけ避けてください

      □感染者本人は外出することができません。

    • □同居の方(濃厚接触者)も外出はできるだけ控えてください。

    • □必要な医薬品・食料・日用品・衛生用品などを購入するために外出する際はマスクを着用し、こまめに手を洗って下さい。

    • □発熱、咳、息苦しさなどの症状があるときは、外出を控え、熊本市保健所にご相談ください。

     

    健康観察および症状出現時の受診について

    ・濃厚接触者の待機期間は、感染者の発症日(感染者が無症状(無症状病原体保有者)の場合は検体採取日)又は感染者の発症等により住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0日目として、7日間(8日目解除)となります(※1)が、4日目及び5日目の抗原定性検査キットを用いた検査(※2)で陰性を確認した場合は、5日目から解除が可能となります。いずれの場合における解除の判断も保健所に確認する必要はありません。

     

    上記いずれの場合であっても、7日間が経過するまでは、下記の対応をお願いします。

    ・検温など自身による健康状態の確認

    ・高齢者や基礎疾患を有する者等感染した場合に重症化リスクの高い方との接触や重症化リスクの高い方が多く入所・入院する高齢者・障害児者施設や医療機関への不要不急の訪問(受診等を目的としたものは除く)は避ける

    ・感染リスクの高い場所の利用や会食等を避ける

    ・マスクの着用など、基本的な感染防止対策を行う

     

    ※1 ただし、別の同居家族が発症した場合は、改めてその発症日(当該別の同居家族が無症状の場合は検 体採取日)を0日目として起算する。

    また、当該感染者が診断時点で無症状病原体保有者であり、その後発症した場合は、その発症日を0日目として起算する。

    ※2 抗原定性検査キットは自費検査とし、薬事承認されたものを必ず使用してください。


    ・健康観察期間中は、ご自身での健康観察(セルフチェック)をお願いします。 

    ・発熱や咳などの症状が出た場合は下記のようにご自身での受診予約をお願いします。


    濃厚接触者について

     詳しくは、「濃厚接触者の方へ」のページをご覧ください。

    療養終了後のご案内

     厚生労働省が定める退院基準を満たした場合、療養終了となります。

     療養が終了された方は、下記「新型コロナウイルス感染症療養終了後のご生活について」をご参照ください。

    Q1 退院基準を満たして療養終了したあと、行動制限はありますか?

    A  国内外の知見によると、人工呼吸器等による治療を必要としなかった場合、発熱等の症状が出てから7日~10日程度経つと、新型コロナウイルス感染者の感染性は急激に低下し、PCR 検査等で陽性の結果が出る場合でも、感染性は極めて低い(こうした症例のうち、症状消失後も PCR 検査で陽性になる例や、退院後に再度陽性となった症例からの二次感染を認める報告はこれまでありません。)ため、 PCR 検査を行わない場合も含めて、退院基準を満たして退院した後の行動の制限などはありません。
     なお、人工呼吸器等による治療を行った場合においては、一部で発症後15日程度まで感染性を有する可能性があるとされているため、退院基準は発症日から15 日間経過すること等としています。この場合も、退院基準を満たし、かつ発症日から20日間経過した後※は、行動の制限はありません。
    ※人工呼吸器または体外式心配補助(ECMO)による治療を行った方の一部でおいて、発症日から20日間まで感染性を有する場合があることを示唆する報告もあります。人工呼吸器等による治療を受けた方については、発症日から20日間経過するまでは、十分な感染対策が必要です。
     
    (参考)令和3年2月25日付け事務連絡(厚生労働省健康局結核感染症課)「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者及び無症状病原体保有者の退院の取扱いに関する質疑応答集(QA)の一部改正について」
    (参考)厚生労働省ホームページ 新型コロナウイルス感染症に関するQ&A(一般の方向けQ&A
    5.症状がある場合の相談や新型コロナウイルス感染症に対する医療について 問4「陽性になって入院や療養をした場合、どうなったら元の生活に戻れますか。」
     

    Q2 療養終了する際にPCR検査を受けられますか?

    A 退院基準を満たして療養終了される場合、新型コロナウイルス感染者の感染性は極めて低いと言われています。退院基準を満たすと検査結果によらず退院可能ですので、退院に当たっての検査は行いません
     

    Q3 新型コロナウイルス感染症で療養していた期間を証明する書類はありますか?

    A 熊本市保健所が発行する通知書を保険会社等に提出する療養期間を証明する書類としてご利用いただけます。主な内容は次のとおりです。

     【令和4417までに医療機関から発生届の届出があった方】

     名称 主な記載内容
     就業制限通知書 診断日(新型コロナウイルス感染症と診断された日)など
     就業制限解除通知書 解除日(新型コロナウイルス感染症の療養が終了した日)など

    上記2通を合わせることで、保険会社等に提出する療養期間を証明する書類としてご利用いただけます。

    対象 新型コロナウイルス感染症と診断されたすべての方(みなし陽性者を除く)

      ※みなし陽性者の方には代わりに療養期間を明示した協力等要請通知書を送付します



     【令和4418日以降に医療機関から発生届の届出があった方】

     名称 主な記載内容
     協力等要請通知書診断日(新型コロナウイルス感染症と診断された日)、
    療養解除予定日(新型コロナウイルス感染症の療養が終了する日)など

    上記1通で、保険会社等に提出する療養期間を証明する書類としてご利用いただけます。

    ※令和4418以降に届けがあった方への就労制限通知書、就労制限解除通知書の送付は原則行いません。このことに伴い、既存の通知「協力等要請通知書」に診断日及び解除予定日等を記載することで保険会社等に提出する療養期間を証明する書類としてお使いいただけるようにするものです。

    対象 新型コロナウイルス感染症と診断されたすべての方(みなし陽性者を含む)

     

    【注意事項】

    医療機関から発生届の届出があってから発送まで、概ね2週間から1か月程度かかります。陽性者の発生状況等により前後しますので、あらかじめご了承ください。

     熊本市保健所では、保険会社等が発行している療養期間を証明する書類等への記入は行っておりません。

    原則1回のみの発行となります。原本はご自身で大切に保管いただき、提出先が複数ある場合は、ご自身で印刷した写しを活用いただくようお願いいたします。

     

    Q4 療養終了後、いつから仕事復帰できますか?

    A Q1にあるとおり、退院基準を満たして療養終了した後の活動制限はありません。しかし、退院後は体力の低下も懸念されるため、復帰にあたっては、体調や体力回復の状況を職場と本人でしっかり話し合い、復帰時期を調整することが大切です。 

    ※ただし、人工呼吸器または体外式心肺補助(ECMO)による治療を行った方のうち、症状が出始めた日から20日経過する前に退院した方については、発症日から20日経過するまでは、生活上必要な外出を除き不要不急の外出は控え、十分な感染対策を行う必要があります。 

     

    仕事や学校への復帰に困ったら

    熊本市ホームページ 職場や学校で「コロナハラスメント」ありませんか?新しいウインドウでを参考にしてください。

     

    退院後の手続について(ご入院された方のみ)

     新型コロナウイルス感染症で入院された際の医療費を公費で負担するには、入院された方(又はご家族等)から次の書類を提出していただく必要があります。

    [提出書類]


     

    風水害時の避難所について

    新型コロナウイルス感染症による自宅療養や自宅待機中に、風水害で避難所が開設された場合、避難が必要な方には、一般の避難所とは別の避難先をご案内します。

    詳細はこちら新しいウインドウでをご覧ください。

    このページに関する
    お問い合わせは
    健康福祉局 保健衛生部 新型コロナウイルス感染症対策課
    電話:096-364-3311096-364-3311
    ファックス:096-364-3361
    メール coronataisaku@city.kumamoto.lg.jp 
    (ID:33386)
    新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
    熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
    [開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
    肥後椿
    copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved