熊本市ホームページトップへ

令和2年(2020年)7月21日 新型コロナウイルス感染症患者発生(本市42例目)に伴う市長記者会見

最終更新日:2020年7月23日
政策局 総合政策部 広報課TEL:096-328-2043096-328-2043 FAX:096-324-1713 メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

会見録

 

市長発表

 市民の皆様にお知らせをいたします。本日、熊本市内で42例目、県内では52例目となる新型コロナウイルス感染症の患者の方が確認をされました。

 この方は、南区にお住いの20歳代の日本人女性です。職業は会社員で、お勤め先についてはご本人の同意が取れておりませんので非公表とさせていただきます。

 陽性確認に至るまでの経緯ですが、本日午前9時、熊本市保健所に福岡県の保健当局である福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部より福岡県内で確認された感染者の濃厚接触者について情報提供がありました。熊本市保健所よりご本人に連絡し、ご家族の自家用車で市内の帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査を行った結果、本日15時55分に陽性と確認されたものです。
症状については、昨夜37℃の発熱症状と咳症状があったとのことです。このことから発症日は、昨日7月20日と考えておりますが、詳細は現在確認中です。

 現在の感染者の方の症状は、発熱症状はなく、咳症状がありますが意思の疎通は可能です。なお、軽症あるいは中等症など4区分の症状については、感染症指定医療機関での診察を踏まえ、明日以降にお知らせいたします。
 現在、感染症指定医療機関へ入院する準備を進めております。なお、感染症指定医療機関への移動については保健所の車両で行います。
基礎疾患については気管支炎があるということです。

 ご本人の行動履歴ですが、発症前の行動歴等については、7月20日に福岡県内で陽性が確認された方と福岡県の久留米市内および福岡市内で7月15日に接触をされております。
 7月15日午前に、熊本市内の自宅からタクシーと新幹線を利用し久留米市に訪問をされ、ご友人とともに福岡市内に移動、その後、福岡市内で1泊されております。翌16日に福岡市から久留米市に電車で移動され、その後、久留米市から新幹線で熊本に戻られております。熊本駅からご自宅まではタクシーを利用されております。
 7月17日から20日まで会社に出勤され、通勤にはバスを利用されておりました。その後、7月20日にご友人の方から新型コロナウイルスに感染したとの連絡を受けたため、7月20日は公共交通機関を使わず会社から徒歩でご自宅に帰宅されております。
 過去1か月の海外渡航歴はございません。また、20日の夜の発症後は、本日まで自宅で療養され外出はされておりません。

 接触者の状況ですが、同居のご家族はおられますが、詳細は本人の同意が取れておりませんので非公表とさせていただきます。なお、その他の接触者については現在調査中であり、分かり次第改めてお知らせいたします。同居のご家族につきましては、濃厚接触者でありますので、明日午前PCR検査を行う予定にしております。感染経路につきましては、福岡県内で7月20日に感染が確認された方の濃厚接触者であり、現在、詳細な調査を行っているところです。

 その他、報道資料に掲載されている内容以外については、現在調査中であり、分かり次第あらためてお知らせしたいと思っております。

 最後に、昨日に引き続き、本市で新たに1名の感染者の方が確認されました。全国的にも今、感染の拡大がみられる状況でありますが、本市としては、今後も気を引き締め、感染拡大防止策に取り組んでまいります。
 また、今回の感染者の方の接触者あるいは濃厚接触者の方々をしっかり検査させていただいて、これ以上感染が広がらないよう全力を尽くして参りたいと考えております。
 市民の皆様におかれましては、どうか落ち着きながらも、引き続き日常的な予防であるマスクの着用あるいは手洗いの徹底など感染の予防に十分ご注意をいただきますとともに、「新しい生活様式」の実践等に取り組んでいただきますようお願い申し上げます。

 私からは以上です。

 

質疑応答

【記者】7月20日に福岡県内で陽性と確認された方は、男性なのか女性なのか、久留米市にお住まいなのか福岡市にお住まいなのか、もし分かれば年代も教えてください。

 

【市長】年代は確認ができておりませんが、ご友人の方は、女性の方でございます。そして、福岡(県)の2名の方が陽性であるということです。どこにお住まいかは、私どもでははっきりと把握をしておりません。

 

【記者】今2人陽性とおっしゃったのは…

 

【市長】お友達3名とご本人、合計4人で7月15日に会われております。その内、おふたりが昨日付で陽性の確認がされたということで連絡があって、もうおひとりの方は福岡県内に在住の方であると伺っておりますが、この方も明日PCR検査を受けられる予定であると伺っております。

 

【記者】4人皆さん女性ということでしょうか。

 

【市長】はい、そのように伺っております。

 

【記者】確認ですが、15日にお会いになっているということですが、この熊本市の女性の方が、タクシーと新幹線で久留米市に行かれたのは7月何日ですか。

 

【市長】7月15日(です)。

 

【記者】要するに3人の方は福岡の方なので、熊本から行かれたのはおひとりということですか。

 

【市長】はい。そのあとの(メンバー)構成はちょっと分からないのですが、久留米に寄られてそれから福岡市内に行かれているということですので、そのような経路を辿っておられるということです。

 

【記者】久留米で4人皆さん合流された(ということですか)。

 

【市長】合流されたかどうかは、確認が取れていません。

 

【記者】2日続けての感染の確認なのですが、昨日の方も福岡ではありますけど別のルート(ということですか)。

 

【市長】これは全く昨日の方、本市41例目の方とは全く今のところ関係がないと確認をしております。今後の調査で何か接点があるかどうか(現時点では)わかりませんが、今のところ接点はないと確認をしております。

 

【記者】違うところで2つ続けて(陽性者が)出たということに対しての受け止めをもう少し(お聞かせください)。

 

【市長】ひとつは、感染が九州の中でも広がってきているということに非常に危機感を持つ必要があると思っております。特に県境を跨いだ移動によって、昨日も今日も感染者の方が確認されているということは、やはり感染の拡大状況をしっかりと踏まえて、移動の際には十分留意していただきたいと考えております。また、行先の感染状況をよく確認して、できるだけ感染の拡大している地域には行かないようにしていただくということが、感染を広げないことに繋がると思っております。

 

【記者】女性4人で接触されたということですが、差し支えない範囲でどういったことを久留米と福岡市内で(されて)時間を過ごされたのでしょうか。

 

【市長】おそらくご友人だろうと思われますが、どういう行動をされたかの詳細なところまではまだ聞き取りができておりません。おそらくお食事をして、宿泊されてということになるのではないかと思いますけれども、通常のそういった行動なのだろうと思います。何かイベントに行かれたとか、そういったことについては確認ができていないということです。

 

【記者】念のため(確認)ですが、当該女性と知人も含めて被災地に何らかの形で行ったり、関わったりした方ではないということは(わかりますか)。

 

【市長】それは、確認はできておりませんが、今の行動履歴から見ると、被災地に行かれたという確認はされておりません。

 

【記者】確認ですが、ご本人に連絡したのは熊本市保健所が連絡したということですか。

 

【市長】そうです。まず20日に、福岡のご友人の方から連絡が本人にいって、自分自身が(コロナウイルスに)感染をしたということが、福岡のご友人の方からいったと。そして、今朝私たちの方に、朝9時に福岡県の当局の方から連絡があったということで、私どもの方からすぐご本人にご連絡を差し上げたということです。そして、帰国者・接触者外来を受診していただいて、PCR検査を行ったということです。

 

【記者】熊本市保健所が受診を促して、(検査を行った)ということで良いですか。

 

【市長】はい、そうです。受診を促したというか、おそらくご本人も症状が昨日の夜から出ていますので、非常に不安になられたのだろうと思われますので。ちょうどご本人が(ご友人から)連絡を受け、翌日に熊本市の方から連絡をして、すぐ受診をするようにということでアドバイスをしたということになります。

 

【記者】この女性(の職業についての公表は)会社員というところまでということですが、不特定多数の人と接するような職業であるといった(ことはありますか)。

 

【市長】そういった(情報は)今のところ確認はされておりません。接触者の方がどれくらいいらっしゃるかも含めて、これからご本人にも聞き取りを行って、確認をしていきます。また、その勤務先等にも確認をしていくということになります。

 

【記者】昨日の男性もですが、勤務先の職種等を言わないケースが増えてきており、やはり市民に注意喚起を呼びかけるためには、そういった公表というのは必要だと思うのですが。

 

【市長】保健所としては、やはり全体的な拡大状況があるかどうかということも、当然いろいろと検討しながら見極めていると思います。当然、ご本人の同意、あるいは会社の同意も得なければいけませんので、今日の段階ではまだそこまでできていないということでありますが、そういう広がりがある場合には、当然積極的に公表を促していく格好になるのではないかと思われます。

 

【記者】確認ですが、福岡市内で1泊されたときはご友人も一緒だったのでしょうか。

 

【市長】おひとりが一緒だったのですかね…。ちょっと詳細は分からないのですが、おひとりが一緒にお泊りになったようですね。ですから、多分おふたりがご自宅等に戻られたのかもしれません。ただ、ちょっとそこがまだ明確には分かっていないです。

 

【記者】では、その(一緒に宿泊した)おひとりが後に感染されていたどうかもわからない(ということですか)。

 

【市長】その方(一緒に宿泊した方の状況)もまだ分からないということですね。

 

【記者】帰りなんですが、詳しく教えてください。宿泊された後に、電車で(移動されたのですか)。

 

【市長】電車で久留米(へ行かれたということなので)、おそらく福岡市内から久留米の方へ電車で移動されているということですから、福岡の私鉄等で移動されているのではないかと思われます。その後、久留米から熊本市内の方に新幹線で移動されているということです。

 

【記者】熊本駅からはタクシーでご自宅へ戻られたということですね。

 

【市長】そうです。南区のご自宅へ戻られたということです。

 

【記者】タクシー会社の運転手の方には(連絡はできているのでしょうか)。

 

【市長】発症の2日前までが濃厚接触ということになりますので、これ(行動履歴)でいくとタクシーに乗られたのが発症の5日前ということになります。ただここについては、念のため私の方から、タクシーの運転手さんの特定や検査を受けていただくことで、感染の広がりを抑えることになるのではないかということで、保健所の方には指示をさせていただいております。

 

【記者】明日の午前中に同居家族のPCR検査をされるということだったのですが、家族構成は言えないとしても何人検査するかということは言えないでしょうか。

 

【市長】人数についてもまだ同意が取れていないということですので、明日また判明して、その段階でご本人とお話を(することになります)。昨日のケースもそうですが、昨日は発表できなかったことが今日になってご本人の同意が取れて発表しているということもありますので、その辺は時間のない中で(聞き取りや確認を)やっていますので、今は申し上げられないのですが、明日また確認して(お伝えします)。また、おそらく接触者の方であるとかタクシーの運転手さんとか、いろいろもし分かれば、希望されれば検査をするということになろうかと思いますので、そういった結果も順次お知らせをさせて頂きたいと思っております。

 

【記者】「Go Toトラベル」がはじまると思うのですが、それについての見解をお願いします。

 

【市長】やはり全国的にこれだけ感染者が増えてきていると。今まで熊本市も感染が確認されていなかったのですが、県境を越える移動によって感染が確認されている状況というのは、注意深く見ていかなければならないと思っております。そして、「Go Toトラベル」に関しては色々な(声)様々な声が出ておりますけれども、できる限り感染の拡大した地域には行かない、あるいは感染の拡大した地域にお住いの方はできるだけ移動しないということが、私は望ましいのではないかと(思っております)。今後、感染の状況を踏まえながら、私はできるだけ近場からスタートするとか、できるだけ安心な状況、それから皆さんが少し用心をしながら行動をされることが非常に重要ではないかと思っております。旅行そのものを否定するわけではありませんけれども、やはり感染を全国的に拡大させないという意味では、この「Go Toトラベル」については、慎重にそれぞれの皆さんが対応されるべきだろうと考えております。

 

【記者】(42例目の方については)福岡で感染なさったとみておられるのですか。

 

【市長】福岡の方の発症が先でありますので、やはり福岡のご友人から感染をしたとみるのが、この状況からするとそのように判断するべきなのかと思います。ただ、ご本人の行動であるとか、もう少し詳細な(情報を)例えばどういう形で飲食をされたのかとか、いろいろな状況によってその辺は判断が変わってくるのかと思いますし、また、福岡県内の感染をしているご友人の方々の状況等も確認しなければ、まだ断定的なことは言えないと思います。ただ、やはり県境を越えた中での(感染)、昨日もそうですし今日もそうだということでありますと、そういったところに一定のリスクが存在するということではないかと考えているところです。

 

【記者】16日の帰りの交通機関は先程詳しくおっしゃったのですが、15日は(ご自宅から熊本駅へ)タクシーで行かれて、熊本駅から久留米駅まで新幹線、久留米駅から福岡市内まで私鉄(でということでしょうか)。

 

【市長】(久留米駅から)福岡市内まではおそらく電車で行かれたのだろうと考えております。まだ、細かい聞き取りまでは、どの電車の何号(車)に乗ったとかまでは確認ができておりません。ただ、15日の日は午前中の新幹線で、久留米の方にいかれたということは分かっております。

 

【記者】久留米と福岡(市内)の両方で食事をとられた(ということですか)。

 

【市長】(その点についても)ちょっと分かっていないです。おそらく(行きも)久留米に行かれて、帰りも久留米に寄られたということは、お友達が久留米にお住まいになっている可能性もあると思われますので、その辺は実際に、そのご友人、濃厚接触者の感染者がどこにお住まいかということが今の段階でははっきりしないものですから、何とも言いようがないのですが、そのような行動をとられているだろうと思われます。ひょっとすると(久留米で)ピックアップだけをして、一緒に福岡市内で昼も夜も食事して泊ったのかもしれないし、その辺はよくわからないところです。

 

【記者】友人女性2人が陽性確認されたのは、2人とも20日ですか。

 

【市長】はい、そうです。

 

【記者】路線バスで通勤していたということですが、これは熊本市内ですか。

 

【市長】はい、熊本市内です。勤務先も熊本市内です。

 

【記者】確認ですが、16日の動きとしては電車で久留米市から熊本県に来たということですか。

 

【市長】いえ、電車で福岡市内から久留米市の方に移動され、そして久留米市から熊本市までは新幹線(で移動されています)。これはおひとりで利用されて、帰って来られたと。

 

【記者】15日から(の動きを)確認すると、15日にまずタクシーと新幹線で(ご自宅から)久留米市まで行かれ、15日中に久留米市から福岡市へ電車で行かれ…1泊。

 

【市長】福岡市内で1泊。翌日は福岡市内から久留米市へ電車で寄られて、そして、久留米駅から熊本駅まで新幹線で移動されたということです。

 

【記者】16日に熊本県内に戻られた(ということですね)。

 

【市長】そうです。

 

【記者】濃厚接触者としては、誰が該当するとみていますか。

 

【市長】今、同居のご家族が(濃厚接触者に)当たられると。今それ以外のご友人の方、3名の方が濃厚接触者になろうかと思います。

 

【記者】20代の女性の方は入院準備中ということですけれども、今日中に(入院を)予定していらっしゃいますか。

 

【市長】はい、今日中に、今夜中には感染症指定医療機関に入院をされます。
    
【市長】今日の診察等の結果、それから聞き取り等で追加で判明したことについては、また明日にでも記者ブリーフィングをさせていただくことになろうと思いますので、よろしくお願いいたします。

このページに関する
お問い合わせは
政策局 総合政策部 広報課
電話:096-328-2043096-328-2043
ファックス:096-324-1713
メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:28976)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved