熊本市ホームページトップへ

令和2年(2020年)7月26日 新型コロナウイルス感染症患者発生(本市47例目~50例目)に伴う市長記者会見

最終更新日:2020年7月28日
政策局 総合政策部 広報課TEL:096-328-2043096-328-2043 FAX:096-324-1713 メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

会見録

 

市長発表

 市民の皆様にお知らせいたします。本日、熊本市内で4例の新型コロナウイルス感染症の患者の方が確認されました。
 まず、47例目、県内で61例目となる新型コロナウイルス感染症の患者の方ですが、この方は、熊本市西区にお住まいの20歳代の日本人女性です。職業は医療従事者で、お勤め先は済生会熊本病院です。職種につきましては、現在確認中です。
 陽性確認に至るまでの経緯ですが、7月23日に一緒に会食をした友人、この方が福岡市715例目の感染者の方で、この方が新型コロナウイルスに感染したと、昨日25日に友人からご本人に連絡があったことから、本日7月26日に勤務先の済生会熊本病院にて検体を採取し、ランプ法(LAMP法)による遺伝子検査を行った結果、午前10時に陽性と確認されたものです。症状については、無症状であることから、発症日は検体を採取した本日7月26日となります。
 現在も症状はなく、意思の疎通は可能です。なお、軽症や中等症など4区分の症状については、感染症指定医療機関での診察を踏まえ、明日以降お知らせさせていただきます。
 また、本日午後1時57分に感染症指定医療機関へ入院されました。なお、感染症指定医療機関への移動は保健所の車両で行いました。基礎疾患はないとのことです。
 発症前の行動歴等については、7月23日、午前8時半~午後5時まで勤務後、福岡市にお住まいのご友人を自家用車にて熊本駅にお迎えに行き、その後、友人と2人で熊本市中央区の下通り界隈の飲食店、3件で会食をされております。帰りは代行運転を利用されています。翌24日は、午前中にご友人を駅まで自家用車にて送った後、午後から仕事に出られております。午後0時半から午後9時までと伺っています。昨日25日は、仕事はお休みで外出はされていないとのことです。過去1か月の海外渡航歴や、県外への移動歴はありません。
 お住まいはおひとりで同居のご家族はおられません。勤務先の医療機関における濃厚接触者7名及び接触者6名については、既に同医療機関にてランプ法(LAMP法)による遺伝子検査を行った結果、陰性を確認しております。その他の接触者については現在調査中です。
感染経路についてですが、この方は7月25日に感染が確認された福岡市715例目の濃厚接触者ですが、それ以上のことは調査中です。
 今回の事案に関しまして保健所といたしましては、済生会熊本病院のご協力により濃厚接触者の把握と検査の実施、院内の消毒など感染防御対策の確認ができたところであり、院内感染の恐れはないと考えております。
 今後の診療については、明日通常通り行われるとのことですが、詳細につきましては済生会熊本病院のホームページで公表されると伺っておりますので、そちらをご覧ください。その他、報道資料に掲載されている内容以外については、現在調査中です。分かり次第あらためてお知らせいたします。

 次に、48例目、県内では63例目となる新型コロナウイルス感染症の患者の方ですが、この方は、熊本市東区にお住いの30歳代の日本人男性です。
職業は会社員です。お勤め先についてはご本人の同意がとれておりませんので非公表とさせていただきます。
 陽性確認に至るまでの経緯と行動歴ですが、7月18日に発熱症状とめまいがあったことから、市販の解熱剤を服用され、日中は熱がなかったことから、今月20日から22日までは出勤されています。しかしながら夜間に症状が続くことから、23日に原動機付自転車にて医療機関Aを受診されております。その後も症状が続き、25日に自家用車にて医療機関Bの夜間救急外来を受診され、そのまま入院されました。なお、入院につきましては新型コロナウイルス感染症の疑いがあったことから、必要な感染予防対策を行った上で個室にて対応されたとのことです。
 本日検体を採取しPCR検査を行った結果、午後0時50分に陽性と確認されたものです。発症日は、7月18日であると考えておりますが、詳細は確認中です。
 現在の症状については、38℃の発熱、軽度のめまいがあるとのことですが、意思の疎通は可能です。この方の4区分の症状についても、感染症指定医療機関での診察を踏まえ、明日以降お知らせさせていただきます。
 また、本日午後3時10分に感染症指定医療機関へ転院されました。なお、感染症指定医療機関への移動は救急車両で行いました。基礎疾患についてはご本人の意向により非公表です。
 発症前の行動歴については、7月16日及び17日は出勤されています。過去1か月の海外渡航歴や、県外への移動歴はありません。
 同居のご家族はおられますが、詳細についてはご本人の同意が得られておりませんので非公表とさせていただきます。その他の接触者については調査中です。感染経路についても調査中です。
 その他、報道資料に掲載されている内容以外については、現在調査中であり、分かり次第お知らせいたします。

 次に、49例目、県内では72例目となる新型コロナウイルス感染症の患者の方ですが、この方は、熊本市中央区にお住いの50歳代の日本人男性です。
職業は会社員です。お勤め先についてはご本人の同意がとれておりませんので非公表とさせていただきます。
 この方は本市46例目の方の濃厚接触者で職場の同僚です。本日保健所にて検体を採取しPCR検査を行った結果、午後6時30分に陽性と確認されたものです。
 症状については、無症状であることから、発症日は検体を採取した本日7月26日となります。検体採取時には症状がなかったものの、現在37℃前後の微熱があるとのことですが、意思の疎通は可能です。この方の4区分の症状については、感染症指定医療機関での診察を踏まえ、明日以降お知らせさせていただきます。感染症指定医療機関への入院については現在調整中です。
 行動歴ですが、24日は、一人でドライブをされ、途中コンビニエンスストアに立ち寄られています。25日は自宅で過ごされ、外出はありません。その他については調査中であり、分かり次第あらためてお知らせいたします。

 次に、50例目、県内では73例目となる新型コロナウイルス感染症の患者の方ですが、この方は、熊本市中央区にお住いの20歳代の日本人女性です。
職業は飲食店従業員です。お勤め先についてはご本人の同意がとれておりませんので非公表とさせていただきます。
 この方は、(福岡市715例目及び)本市47例目の方が7月23日に勤務する飲食店に来られた際に接客されておりまして、濃厚接触者となります。24日、25日は出勤されておりまして、本日26日に、タクシーにて保健所に行かれ、検体を採取しPCR検査を行った結果、午後6時30分に陽性と確認されたものです。
 症状については、無症状であることから、発症日は検体を採取した本日26日となります。現在も症状はなく、意思の疎通は可能です。また、症状の区分については、明日以降お知らせさせていただきます。感染症指定医療機関への入院については現在調整中です。
 その他、報道資料に掲載されている内容以外については、現在調査中であり、分かり次第あらためてお知らせいたします。

 最後に、全国的にも、感染の拡大がみられており、本日も大変多くの感染者が全国で確認されておりますが、本市においても、本日これまで過去最高となります1日に4名の新規の感染者が確認され、また、月曜日から本日まで1週間で10名の感染者が確認される状況となっており、対策のレベルを引き上げることが必要な状況となってきていると考えております。
 明日以降、専門家のご意見をお聞きしたうえで、適切な感染拡大防止対策に取り組んでまいりますとともに、今回の感染者の方の接触者あるいは濃厚接触者の方々をしっかり検査をさせていただいて、これ以上感染が広がらないように全力を尽くして参りたいと考えております。

 市民の皆様におかれましては、本市においても新たな感染拡大期に入ったとの認識のもと、マスクの着用や手洗いの徹底など感染予防対策を十分行っていただき、いつ自分が感染してもおかしくない状況であるという危機感を持って行動をされるようお願い致します。県下でも、今日は熊本県として発表された新規の感染者が8名ということで、本当に多くの12名もの方が新規感染者として確認されているということは非常に衝撃的な感染状況になっていると考えております。強い危機感を持ちながらこれからも感染拡大防止に全力で努めてまいりたいと考えております。
 私からは以上です。
 

質疑応答

【記者】今日、市内で4人、県内で12人という(1日の感染者としては)過去最多となっていますが、これは熊本県内熊本市内が感染拡大の第2波に入ったというご認識でしょうか。

 

【市長】私自身はそのように認識しています。全国的にも感染が非常に多くなってきており、連続して感染が確認されているということ。そして、今日は4名、他の保健所管内でも8名の方が感染を確認されたということは、熊本にも第2波の状況がきたと危機感を持って認識しているところです。

 

【記者】新たに12人感染し、県内で初めてクラスターも発生しました。この辺についてはどのように受け止められていますか。

 

【市長】熊本市外のことについては、状況をよく把握をしておりません。報道で知るレベルでありますので。ただ、知事が報道でも発表されたように、厚生労働省のクラスター班に呼びかけて対応を協議されると伺っています。熊本市内に通勤されている方も色々と考えられると思いますので、国県と協力しながら対応してまいりたいと考えています。

 

【記者】熊本市内で20日以降の感染事例をみますと、10人のうち、20代30代の方が7人、若い世代が多いように見られるのですが、市長はどのようにご覧になっていますか。

 

【市長】行動範囲が広い、他県への移動、あるいは他県からの移動で行動を共にする、あるいは夜の飲食店に行かれること等は、一定のリスクを伴っているのではないかと考えているところです。ですので、特に若い方々の感染予防意識を高めていただくことは感染の広がりを抑えていくうえで極めて重要であると思います。特に、最近若い方がマスクを付けておられないとも聞きますので、そういった予防を徹底して、油断をされることがないようにお願いします。それぞれの行動にかかっているということを、ぜひ皆さんにも強く申し上げたいと思います。


【記者】今日確認された4名の件ですが、感染ルートが不明といえるのは、48例目の30代男性会社員という理解でよろしいでしょうか。

 

【市長】48例目の方が、今状況を把握している中では、リンク無し、感染経路不明となるかと思います。47例目の済生会病院のスタッフの方も、福岡のご友人と一緒ということでありますが、熊本の飲食店の従業員の方も感染されているということ。47例目の方と50例目の方は濃厚接触者であり、どちらが先かは分からない。そういう意味では、現在のところ47例目の方、48例目の方はリンク無しであると考えていますが、これも保健所のこれからの調査状況によると思っております。

 

【記者】47例目のご友人の方は、例えば女性とか年代とかは分かりますか。

 

【市長】福岡の方はもう公表されていると思いますが…福岡市715例目の方ですので、後でお知らせさせていただきます。

 

【記者】済生会熊本病院に関しては、今のところ診療を休むとか、救急を止めるとかそういったことはないのでしょうか。

 

【市長】そのように伺っております。

 

【記者】この方は医療従事者ということですが、職種はまだ分からないのでしょうか。

 

【市長】はい、おそらく病院から公表されるのではないかと思います。

 

【記者】それは今日中ですか。

 

【事務局】会見終了後、ホームページに掲載すると聞いています。

 

【記者】飲食店従業員の方と47例目の方は、どの程度の接触があったのでしょうか。

 

【市長】今分かっている範囲では、カウンター越しで90分程度の会話をしている。マスクはしていないと考えられます。ここも確認しているところです。

 

【記者】お店の形態は何になるのでしょうか。

 

【市長】接客を伴う飲食店です。

 

【記者】50例目の方は、県内73例目とのことですが、まだ発表されていない誰か1人がいるということですか。

 

【市長】再感染の方が含まれるのでそういう形になっていると思います。

 

【事務局】今詳細を確認中ですが、県で確認中の1例があるということです。

 

【市長】そのような例があるというのは、今聞いたので、これは大事なところなので、私も人数が急激に増えてきて、そこは間違えないように慎重に発表させていただいているところですが、そこは確認させてください。いずれにしても、本市では今日は4人の方が新規の感染者ということで47例目~50例目ということになります。

このページに関する
お問い合わせは
政策局 総合政策部 広報課
電話:096-328-2043096-328-2043
ファックス:096-324-1713
メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:29043)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved