熊本市ホームページトップへ

9月は「食生活改善普及運動月間」です

最終更新日:2021年9月14日
健康福祉局 保健衛生部 健康づくり推進課TEL:096-361-2145096-361-2145 FAX:096-366-1173 メール kenkouzukuri@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
毎日朝ごはんを食べていますか? おうちごはんも増えていると思いますが、毎日の食生活について振り返ってみましょう。

食生活改善普及運動とは?

 

バランス

平成25年から開始している第二次の健康日本21において、栄養・食生活の目標として、「主食・主菜・副菜を組み合わせた食事が1日2回以上、ほぼ毎日食べている人の割合を増加させる」という目標があります。その達成に向けて、日ごろの食生活を見直しましょうという国をあげての運動が「食生活改善普及運動」です。

 

主食・主菜・副菜を組み合わせた食事が1日2回以上、ほぼ毎日食べている人は日本人の約半数

国民の健康状態や、食事の状況を調査する「国民健康・栄養調査」によると、平成30年の調査結果では、「主食・主菜・副菜を組み合わせた食事が1日2回以上、ほぼ毎日食べている人」が男性45.4%、女性49.0%という結果でした。約半数以下ということです。皆さんは毎日、主食・主菜・副菜を組み合わせた食事ができているでしょうか。

 

今年度の取組目標は、次の3つです。

(1)毎日プラス1皿の野菜

(2)おいしく減塩1日マイナス2g

(3)毎日のくらしにwithミルク


 

 

目標1 「毎日プラス1皿の野菜」

野菜プラス
野菜料理1皿約70gの野菜が摂取できます。350gの野菜が1日の目標量ですが、日本人の野菜摂取量の平均は、約280g。あと70g、1皿分の野菜が不足しています。トマトなら1/3個程度、ミニトマトなら4~5個程度です。トマトなら、洗ってそのまま食べられるので簡単に摂ることができますね。
 
毎月19日の食育の日には、熊本市公式LINE新しいウインドウでで野菜レシピを配信中です。ぜひお友達登録してみてください。過去に紹介したレシピは、熊本市食のホームぺージ「食育のひろば」新しいウインドウで(外部リンク)に掲載しています。

 

目標2 「おいしく減塩1日マイナス2g」

マイナス2g
1日の食塩摂取量の目標量は、男性が7.5g未満、女性が6.5g未満です。

しかし、日本人の食塩摂取量は、男性10.9g、女性9.3g(令和元年国民健康・栄養調査結果より)と目標値を大きく上回っています。

まずは、マイナス2gを目標に減塩に取り組みましょう。食塩2gとは、小さじ1/3程度です。天然のだしや、かんきつ類、香辛料を使っておいしく減塩しましょう。

 

減塩について詳しくはこちら新しいウインドウで

 

目標3 「毎日のくらしにwithミルク」

ミルク
牛乳などの乳製品に多く含まれる栄養素はカルシウムです。体の中のカルシウムの99%は骨や歯に含まれています。カルシウムが不足すると、骨粗しょう症の原因になります。
牛乳の摂取量の目安は、1日コップ1杯 200cc程度です。毎日飲む習慣をつけましょう。冷たい牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロして飲めないという方は、温めると飲める場合もあります。また、スキムミルクやヨーグルト、チーズなどの乳製品を食べてもいいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
コロナ禍の中でおうちごはんの機会も多くなっていると思います。「お家でげんき!アップくまもと新しいウインドウで」では、自宅でできる健康づくりの取り組みを詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。 

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 保健衛生部 健康づくり推進課
電話:096-361-2145096-361-2145
ファックス:096-366-1173
メール kenkouzukuri@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:37469)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved