熊本市ホームページトップへ

令和4年(2022年)7月29日 第144回熊本市新型コロナウイルス感染症対策本部会議後 副市長記者会見

最終更新日:2022年7月29日
政策局 総合政策部 広報課TEL:096-328-2043096-328-2043 FAX:096-324-1713 メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

会見録

 

発表

本日、第144回熊本市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しましたので、その内容についてご報告します。
現在の感染状況について説明いたします。現在、爆発的に新規感染者数が増加しており、本市の直近1週間、7月22日から28日までの新規感染者数は、12,450名と、すでに第6波のピークを大きく超過している状況です。また、本市が最も懸念しておりました高齢者への感染の波及が止まらない状況となっております。これにより、入院者数も急増し、昨日28日時点で、即応病床使用率は87.0%と非常に高い数値となっております。また、重症病床使用率については、先週1週間は16.0%で推移しておりましたが、昨日時点で28.0%と急激に上昇しております。
医療機関においては、院内でのクラスターや家庭内感染等により、医療従事者の感染や濃厚接触者となることで業務に従事できない方が急増することで、受け皿となる医療体制が細ってきており、病床使用率の数値以上に厳しい状況となっております。発熱外来についても、発熱患者や検査を希望される方が急増しおり、一部の医療機関においては、既に診療を断らざるを得ない状況となっております。また、新型コロナウイルス感染症への対応以外に、救急医療や一般医療等にも非常に大きな影響が生じております。
現在起きていることは、重症化率は低いものの、全てはオミクロン株BA.5系統の感染力の強さに起因しているものと考えております。新規感染者が、連日約2千人を超え爆発的に増加する一方で、その受け皿となる医療従事者の数が減ることで、医療機関の負担が急激に増加しているものであり、本市の医療提供体制は危機的な状況であると認識しております。

このように非常に厳しい状況となっていることから、専門家のご意見も踏まえ、本日付けで「熊本市医療非常事態宣言」を発令することを決定いたしました。「医療非常事態宣言」発令に伴う本市の対応についてですが、概要はお手元の資料のとおりです。
まず、保健・医療提供体制等の強化として、先日、熊本県知事、大西市長、県医師会長、専門家会議座長の4者で医療機関に対して依頼を行ったところですが、引き続き県と市で連携を図りながら増床等に向けて医療機関に対して粘り強く働きかけを行ってまいります。
また、ワクチン接種について、12歳以上の希望される方への3回目接種は概ね完了しておりますが、感染拡大に伴い接種を希望される方が増加傾向にあることから、ファイザーとモデルナのワクチンに加え、7月から9月にかけて熊本市独自にノババックスワクチンの接種体制を整備するなど、希望される方が接種できる体制を強化してまいります。4回目接種については、先般7月22日に新たに医療従事者・高齢者施設従事者等が対象者に拡充されたことから、同日付で接種開始の通知を発出しており、順次接種を実施しております。
学校・保育所等における感染対策の徹底を継続することや、市有施設・市主催イベント等の対応については、市有施設における基本的な感染防止対策の再徹底を行います。また、市主催イベント等を開催する場合は、収容人数やイベントの性質に応じた人数制限など、感染防止対策を徹底してまいります。
お手元の資料のとおり、火の国まつりについては、「熊本市医療非常事態宣言」を発令したことから、「火の国まつり運営委員会」へ中止の申し入れを行いました。これを受け、「火の国まつり運営委員会」で協議された結果、同委員会と本市が主催する火の国まつりの内、「オープニングセレモニー」、「おてもやん総おどり」及び「おばけを追っ払え!おばけ調査隊」の3つのイベントについては中止することが承認されました。なお、それ以外の関連イベントについては、各主催者の判断とし、開催する場合は、熊本県が定めている「イベント開催制限について」に基づき、感染防止対策を徹底するよう申し入れました。

次に、市民の皆様へのお願いになります。市民の皆様におかれましては、これ以上の感染拡大を抑えるためにも、ご協力をお願いいたします。特に、高齢者など重症化リスクが高い皆様へ、2点お願い申し上げます。
1点目に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方及びその同居のご家族の方におかれましては、感染を防ぐためにも、適切な換気や場面に応じたマスクの着用など、基本的な感染防止対策について改めて徹底いただきますようお願いいたします。2点目に、重症化を防ぐため、希望する方はワクチン接種をお願いします。ワクチンの接種は決して強制ではありませんが、3回目接種を受けていない方や、4回目の対象となる方で、接種を希望される方は、積極的な接種をお願いします。
次に、高齢者など重症化リスクが高い方を含む全ての市民の皆様へ、本市より3点強くお願い申し上げます。
1点目に、先程申し上げましたような医療現場の状況にぜひご理解いただき、夜間に発熱された場合についても、できる限り平日の昼間の診療時間内に必ず事前に予約して受診いただくなど、医療機関の適正な受診にご協力をお願いいたします。また、救急医療を守る観点から、軽症の場合や検査目的での救急病院の受診はお控えいただくよう、改めてお願い申し上げます。
2点目に、感染に備えて、食料、日用品、市販薬等のご準備をお願いいたします。ご自身やご家族が感染された時に備えて、市販の解熱剤や咳止め薬、熱さまし用の冷却シートや氷など、療養に必要な物を事前にご準備いただくとともに、普段から少し多めに食品を買い置きし、食べたら新しく買い足すサイクルを繰り返す「ローリングストック」で食料品などを備えていただきますようお願いいたします。
最後、3点目に、重症化リスクの高い方を守るためにも、特に若い世代の方で希望する方は、積極的なワクチン接種をお願いいたします。以上が、市民の皆様に対するお願いでございます。
続いて、医療機関の皆様に対するお願いでございます。現在の感染状況を踏まえると、感染拡大防止に向けた取組の徹底はもちろんのことながら、医療機関の皆様の更なるご協力が必要となってきております。現在も多くの医療機関において新型コロナウイルス感染症の診療にご協力いただいておりますが、更に一人でも多くの方に関わっていただくことで、先程申し上げました受け皿の拡大を図ってまいりたいと考えております。
まずは、現在、新型コロナウイルス感染症の診療を行われていない医療機関の皆様へ、2点お願い申し上げます。1点目に、「診療・検査医療機関」いわゆる発熱外来に登録いただくなど、発熱外来のご協力をお願いいたします。2点目に、陽性患者の外来診療、入院受入れにご協力をお願いいたします。
次に、既に発熱外来として登録いただいている医療機関や、子どもの発熱外来受入れを行っている医療機関の皆様へも、2点お願い申し上げます。1点目に、診療日、診療時間の拡大及び自院患者(かかりつけ患者)以外の受入れにご協力をお願いいたします。2点目に、入院病床の更なる確保、休日夜間の受入体制の拡大にもご協力をお願いいたします。以上、医療機関の皆様へのお願いとなります。
高齢者など重症化リスクの高い方を守り、保健・医療提供体制を維持するためには、医療機関の皆様及び市民の皆様のご協力が不可欠ですのでどうぞよろしくお願いいたします。本市においても、保健所体制の強化を図るとともに、感染状況を踏まえ、熊本市医師会や関係機関との連携により、療養支援体制の更なる強化を図るなど、市民の皆様の健康と命を守るために全力で取り組んでまいります。

私からは以上です。

 

質疑応答

※準備が整い次第掲載します。

このページに関する
お問い合わせは
政策局 総合政策部 広報課
電話:096-328-2043096-328-2043
ファックス:096-324-1713
メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:43593)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved