熊本市の環境トップへ

熊本の伝統・特産野菜「ひご野菜」

最終更新日:2007年7月3日
環境局 環境推進部 水保全課TEL:096-328-2436096-328-2436 FAX:096-359-9945 メール mizuhozen@city.kumamoto.lg.jp

水前寺のり

豊かな湧水を利用して栽培
 熊本市は、熊本で古くから栽培されてきた農作物や、熊本の食文化にかかわる食材、熊本の地名や歴史に因むものなど15品目を「ひご野菜」としている。
 湧水を利用して栽培されている水前寺のり、水前寺もやし、水前寺せりなどの「ひご野菜」は、水の豊かな熊本市を象徴する農作物だ。
 

 

水前寺のり

水前寺のり
上江津湖の発生地は国の天然記念物に指定。江戸時代には、幕府への献上品だった。
 

 

水前寺もやし

水前寺もやし
 藩政時代からの名産物として知られ、清らかな江津湖の湧水を利用して伝統農法で栽培される長寿と健康を願う縁起物の正月野菜。
 

 

水前寺せり

水前寺せり
 水前寺周辺の湧き水で栽培され、香りと色合いがよく、熊本の春の味覚を満喫させる風味と食欲増進の効果を持つ春の七草のひとつとされる季節野菜。
 

 

水前寺菜

水前寺菜
 「水前寺のり」「水前寺モヤシ」と並び水前寺三大名物と伝えられており、水前寺の茶席で茶花としてよく用いられていたという「高級感」と高い栄養価を持つ野菜。
 

 

熊本京菜

熊本京菜
"名を上げる"との言われがある縁起物の野菜であり、細川家や京都との縁や旬の季節感を感じさせる熊本固有の正月野菜。
 

 

熊本長にんじん

熊本長にんじん
 太さ1.5~2.5センチ、長いものは1.2メートルほどになる、まるで赤いごぼうのようなにんじんで、個性的な外観が全国でも珍しい縁起物の正月野菜。
 

 

ひともじ

ひともじ
「ひともじのぐるぐる」という有名な郷土料理に代表されるように、現在も一般的に熊本で親しまれている春先が旬の熊本在来の季節野菜。
 

 

ずいき

ずいき
 細川藩が将軍家に献上したり、加藤清正が保存食としてろう城に備えたといわれる熊本の歴史を最も物語ることができる野菜。
 

 

れんこん

れんこん
 郷土料理「辛子レンコン」に代表される、初代藩主細川忠利公にまつわる野菜で、切り口が細川家の九曜の紋に似ているのと「先が見通せる」ということで縁起物とされている野菜。
 

 

春日ぼうぶら

春日ぼうぶら
 民謡おてもやんに登場するほど市民との文化的なかかわりを持ち、長さ30センチを超える、ヘチマのような外観とあっさりとした味が特徴の野菜。
 

 

芋の芽

芋の芽
 昔から伝わるサトイモ「赤芽ミヤコイモ」の芽のことで、日光が当たらぬように柔らかく栽培したものを指し、スルッとした口触りのよさが特徴の野菜。
 

 

熊本赤なす

熊本赤なす
熊本の在来種のもので、皮が赤く、実は柔らかくて種やアクが少なく食べやすく、田楽などの郷土料理との相性がよい野菜。
 

 

熊本ねぎ

熊本ねぎ
 明治時代より自家採種されてきたもので、品種は九条ねぎ系統の葉ネギなので、白ネギと比較すると柔らかで甘みのある野菜。
 

 

熊本いんげん

熊本いんげん
自家採種の平ざやものの「熊本インゲン」は、現在、貴重な種を親子代々受け継いできた数軒の農家でしか生産されていない希少価値を持つ野菜。
 

 

熊本黒皮かぼちゃ

熊本黒皮かぼちゃ
かつて熊本、宮崎が主生産地で早出し栽培をしていた黒皮カボチャを、熊本農業試験場が改良・普及させた熊本の風土に良く合い、日本食との相性がよい野菜。
 
このページに関する
お問い合わせは
環境局 環境推進部 水保全課
電話:096-328-2436096-328-2436
ファックス:096-359-9945
メール mizuhozen@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:20387)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved