熊本市の環境トップへ

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方

最終更新日:2021年8月24日
環境局 資源循環部 ごみ減量推進課TEL:096-328-2365096-328-2365 FAX:096-359-9945 メール gomigenryou@city.kumamoto.lg.jp

新型コロナウイルスの検査用試薬キットの出し方

 新型コロナウイルスの感染流行に伴い、自宅でPCR検査、抗原検査および抗体検査ができる試薬キットが市販されています。

 使用済みのキット(プラスチックが主材料で、針のないもの)は、「燃やすごみ」として市での収集が可能ですので、ごみとして出される際には

以下の処理方法にしたがって出してください。

※針のある試薬キットは、市では収集いたしません。購入したお店等へ個別にご相談ください。

 

◆処理方法

(1)使用後の試薬キットは、ほかのごみに直接触れることがないようビニール袋などに入れ4日間保管する。

 ※ウイルスは、物の表面に付着し、付着した物の種類によっては24時間から72時間程度まで生存するといわれているため。

(2)4日間経過したら、「燃やすごみ」として指定の収集日の当日にごみステーションへ排出する。

 ※「燃やすごみ」の出し方に関する注意点は以下のとおりです。

 

燃やすごみの出し方

 新型コロナウイルスなどの感染症が拡大しないよう、ごみを捨てる際は、以下の熊本市の『ごみの出し方』に沿って、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」そして「 ごみを捨てた後は手を洗う 」 ことを心がけましょう 。

 

 

ペットボトル・びん・缶の出し方

 新型コロナウイルスなどの感染症が拡大しないよう、充分に洗って乾燥させた後、収集日に出してください。

 

 

熊本市のごみの出し方

 熊本市のごみ出しルールについては、家庭ごみの出し方についてのご案内新しいウインドウでをご確認ください。

マスクの捨て方2

     

     

     

    更なる感染防止のためのごみの捨て方 

    更なる感染防止のためのごみの捨て方



     



     

      このページに関する
      お問い合わせは
      環境局 資源循環部 ごみ減量推進課
      電話:096-328-2365096-328-2365
      ファックス:096-359-9945
      メール gomigenryou@city.kumamoto.lg.jp 
      (ID:27645)
      新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
      ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
      PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
      copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
      copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved